テレフォン人生相談

2010年7月27日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 児玉清

相談者、37歳女性
主人、37歳会社員

父の事業の借金について
父65歳、母63歳
父の事情がうまくいかなくなって、銀行から借金があった。返済が滞って、保障協会へ返済していたが、それも滞って、父は今は月々1万円ずつ払っている

借りた額は元金で7500万円。
それに利子がついて合計1億8000万円払えといわれている。


月々1万ではとても足りない
保証人になっている叔父へ、保障協会が取り立てにいっている。
叔父の自宅が保障協会から仮差し押さえになっている。

うちとしてはその仮差し押さえを解除してもらいたい。
弁護士にお願いしている
そこで何らかの金額で決着してもらって
月々いくらづつ支払うようになるのか、
私たちもいくらか支払ってほしいと叔父から言われている

兄弟は相談者のほかに弟と妹がいる
家族で話し合い、その兄弟にも払ってほしいと叔父から話しがいってる
自分しては父の問題だから払いたい意志がある
弟はそれを払うと言わないほうがいいと言ってる。
それでは自分としては解決にならないので
どうしたらいいか、と悩んでいる。

児玉:大迫先生がいらっしゃるのでゆっくりと後ほど伺いますが、
お父さまの事業は今も続いているの?
相談者:続けてはいるんですが利益になってない

児玉:どういう業種ですか
相談者:家具製造をやってます
続けてはいても利益になってない

児玉:7500万円の借り受けが1億8000万になってるんでしょ
いつごろ借り受けましたか
相談者:平成11年くらいです

児玉:今から11年くらい前ですか
その間に徐々に返してらしたんでしょ
相談者:借りた元金としては1億5000万くらいですが
元金としては半分は返している。

児玉:専門でいらっしゃる大迫先生に伺ってみますね。

弁護士 大迫恵美子

大迫:えーとですね、これは叔父さんが保証人になって
仮差し押さえということはまもなく訴訟になります

事前にお話し合いはなかったですか
相談者:去年の夏頃に裁判の特別捜査が自宅にきて、
はじめて父の借金の金額を知った。

大迫:父が月1万はらってくれといわれて 払っているということは
当然保証人の叔父にも話しがあるはず
相談者:叔父に払わないと言え、言ったらしい

大迫:保障協会に話しが移っているので
保障協会はそれほど強行な手段にはでない、私の経験上。
不良債権を銀行から肩代わりをして取り立てをする機関。
不況がバブルの後続いているので
保障協会も無茶をいってもどうにもならないことは認識している。

1億8000万の借金を月1万でいいよといっているので
滅茶苦茶なことを言う機関ではない。

ただ、やっぱり家を持ってる人が保証人になっている
その保証人に何もしない、関わらないでほったらかしにしておく
ということは保障協会は事務処理上、何もできないということはない。
当然取り立てる。

相談者:叔父にも話しがいっているが
保証人を外すようなお願いをしている。

大迫:誰にですか?
保証人:保障協会に

大迫:全く無理な話。

だって保障協会側からみると契約をして保証人になった人=叔父がいる
主債務者=相談者父は月1万しか払わない
全く回収の見込みがない
回収の足しになりそうなのは保証人だけ
保証人には不動産がある
みすみすそこから回収できる人を外すということは絶対にない

相談者:保障協会が言うには叔父の家の資産価値を精算して
それプラス何人か分の支払いをプラスした4000万で
叔父を保証人から外してもよいという話があった。

大迫:保証人からどれだけ回収できるか、という事を計算して
回収できると計算できる分をとれると判断したら外す
それは外すという事ではなく
1億8000万全額の保障からは外すけれども
保証人が払える分は回収するという意味。

4000万を払わせられるということは
叔父さんからみたら、財産全部ということになるのではないか。

相談者:叔父はとても払える金額ではないといっている
一応叔父は仕事してるけれども4000万ローンは無理

大迫:叔父さんは事業者ですか
相談者:サラリーマンです

大迫:そうするとそんなに返済をしながら生活していくというのは
簡単ではない

ですけどね、これだけ厳しい責任を保証人には負担させられている
簡単に自分の債務じゃないから勘弁してくれ、
かわいそうだからそうですね、という話にはならない

この数字をみていると冷たい言い方だが
叔父さんに破産してもらうしかない。

結局、家を手放さなきゃいけないことになると思う
家を手放してもまだ負債があまることになる。

家を手放して解決できるなら、それで良かったといえるくらいの数字

家を買い支えられる資産がどこからも出てこないと思う。

あなたたち兄弟3人、まだ若いし、
あなたが一番上。
そしてあなたも妹さんも奥さんの立場
返済をご主人にお願いしないといけない。
そうするとそんなことで何もならないお金、ご主人からすると
それをこれから何十年も払ってくれとはいえない。

とてもじゃないがご一家で払いきれる金額ではない
皆で気持ちをそろえてがんばるという金額ではない。

相談者:父は破産してもしょうがないが
親戚には迷惑かけられない。
まったくうちが払えないとは私の口からとてもいえない。

大迫:事実上、あるお金を払いました、という話では済まない。
児玉:そこだよ、そこは大事ですよ、あなたの気持ちはわかるにしても
大迫:当然あなたが肩代わりしてくださいという話になる
債務者書き換え、新たな保証人になれとか
そういう法的立場にあなたが置かれる。
あなたがお父さんにかわって1億8000万円払う義務を負わせられる。

児玉:叔父さんが保証人になった時点で叔父さんが負わなきゃならない責任。
大迫先生がおっしゃるように破産して叔父さんが家を手放すしかない。
というのがこちら側の結論だと僕は思うんだ。

大迫:大変不幸な事態だと思いますが、如何ともしがたい。
誰を責めることもできない
叔父さんだってお父さんに頼まれて渋々兄弟だから引き受けた。

児玉:叔父さんが保証人になってしまったということ。
お金は命をとりますからそこは気をつけないと

大迫:保証人の制度は冷酷で何もメリットがないのに
負担だけを負わせられる過酷な制度なんですよ


児玉:ほんとそうですよね
世間で保証人の判だけつくなというけど
今回もその例。
何もいいことがない
悪い時はすべて負担させられる
あなたの気持ちはわかるけれども
気持ちではどうにもならない

なんて言葉をかけたらいいのかな

相談者:ありがとうございます
お気持ちだけうれしいです
児玉:これを生かしてたくましくがんばってください。どうもどうも
[PR]



by telejin | 2010-07-27 23:16 | 借金

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧