テレフォン人生相談

2010年7月12日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者56歳女性既婚
主人52歳
息子22歳、娘17歳
4人暮らし

娘との関係で悩んでいる
相談者と娘との関係

9年前に離婚して5ヶ月前に籍を戻して再婚した
再婚したのは娘のため。
娘が不登校気味になって なんとかしなければいけないと思い
相談者が家に戻るという形になった


加藤:9年前の離婚で娘さんは8歳くらい
相談者:そうです
加藤:そのときはあなたが家を出て行ったんですね?
相談者:そうです一人で出ました
加藤:離婚の理由は?
相談者:たくさんあるんですが、大きな原因は 主人の体臭が酷かった
それを我慢し続けているうちに自分が昔で言う慰安婦のような心理状態になった
嫌だけれどもしなければいけない。ひたすら我慢をしてました

加藤:ひたすら我慢ということはコミュニケーション出来ていないということ
相談者:はい、そうです

相談者:他に価値観の違いもありまして
彼の両親は住まいは別だったがすぐ近くにいて、
圧力をかけてくることが多かった
彼の兄弟が私に攻撃してくることが多かった
彼の兄弟、親、夫と3人で攻撃してくるようになった

そうこうするうちに体臭の酷さで
夫とは性的交渉持ちたくない状態で拒否していた
彼はそれが気に入らなくて親に加担して彼も一緒に攻撃してきて
私は四面楚歌の状態だった


自分の親が倒れて面倒みなければならなくなった
ちょうどその頃、家の近くにケアハウスが建つ情報が広報に載ったので
手続きをした。
そのとき彼が私に「もっと遠くにやってくれ」と
本当に驚いて、誰がそんなことを言わせたのかと調べたら
夫の親がそういわせていた。

それで別れよう、もうだめだと決断した
上のお兄ちゃんがボクはここに残るといった
夫が跡取りが欲しいので子供は俺が育てると。
考えた結果すぐ近くに住んで自分は一人で出ることにした。
子供とは毎日会っていた。
私はアパートに住んで、一緒にご飯を食べていた

加藤:それで夜は夫の家に帰っていた?
相談者:そうです


加藤:お嬢さんにしては落ち着かない生活ですよね
相談者:はい
その後は私が忙しい状態になって、週2回になった
少なくとも週1回は会っていた
不登校気味になったときも会っていたんですね

加藤:5ヶ月前に籍を入れたと
離婚された理由については何一つ解決されていないんですよね?
相談者:いくつかの理由については今は問題にしていない
娘が今ひどい状態なので
よくもここまで酷い状態にしてくれわね、という思いと
娘のためにここにきた にも関わらず家事一切をまるまる私にさせて
平気な顔をしてる夫に耐えられなくなって体調もおかしくなってる

加藤:具体的には?
相談者:えーと・・・
加藤:起きられないとか、
相談者:それはないです
加藤:声がでなくなるとか?
相談者:それはないです
加藤:今その中でお嬢さんをサポートするということですよね?
相談者:サポートをこのまましなければいけないということか、
娘の私に対する態度があまりにも酷いので
ストレスフルなことに対して

加藤:お嬢さんにも怒りがあるんですよね?
相談者:そこも苦しすぎてしなきゃいけないのかしら、ということ。

加藤:ちょっとごめんなさいね
随分ずるだ。

今日はスタジオに幼児教育研究家の大原敬子先生がいらっしゃいますので伺ってみてください

回答者 大原敬子

大原:こんにちは
心理的にも大変だと言われてしまうと防衛はってますから
あなたに耳心地のいいこといわなけならないけれど、
病気を気にしないで事実を話していいですか?
相談者:はい
大原:ほんとに?
相談者:はい


大原:結論から申しますと
あなたはご主人さまの体臭云々から、娘さんから全部、
あなたは食い散らしてる
一番のターゲットは夫
さんざん夫を罵倒して、出て行くところも嫌らしい。
それも説明します
そしてまた元に戻る
第三者にこれだけ私は辛かったんですよ、と
他人にこういう理由があったと説明して自分を正当化してる
自分の都合のよいように言ってる

まずひとつ
結婚したのはあなたの意志ですよ。違いますか?
相談者:はい
大原:離婚したのもあなたの意志
相談者:はい
娘のために元に戻った
大原:それもあなたの意志
何故そうなったかを延々と悪口を言ってる
あなたの一番の墓穴は、墓穴といってるんですよ
本当に男が嫌いになったら家の近くには居ないのが女の心理。


何故あなたは別れた後に家の近くにいたの?
相談者:子供のために
大原:嘘!子供を捨てたのよ。

ボクはお母さんについて行かないと言ってるんですよ
男の子っていうのはね、お母さんを本当に好きなのよ
自分から出て行ったお母さんが、何故近くにいて夕飯食べさせたりするの?
何故そんな意地悪するの?
相談者:子供のために
大原:あり得ない!

子供のためじゃない。
そして、ある時期しばらく私が都合悪くなったから週1回に変えたのは
あなたでしょ。
相談者:そうです
大原:もしかして恋人でも出来たのかな?わかりませんけど
自分の都合のために週1回しかあえないと
それまであなたが連れてきて食事もつくったんでしょ
自分のためでしょ。娘のためといったけど娘は嫌ってるんですよ
あなたが戻ってきても周りは歓迎しなかったでしょ
しかもそこで 私に家事なんかさせて、ってあなたが舞い戻ってきたのよ
娘は反抗する。その態度は無い、ということでしょ

何を考えてるかというと、
居ないんじゃない、あなたの周りに家族が。
だから孝行するために帰ってきた
ところが家に帰っても皆、無表情であなたを迎えてる
私が居ても居なくてもかわらない生活をあなたは感じた。

お嬢さんはあなたのやってきた理由の裏付け
ここまで私を苦しめてきた、
真面目にやってきた夫、息子の代わりに
この方向ががあなたにあたった
相談者:うーん、そうですか

大原:このままいったらあなた孤独になるのよ
相談者:うーん、先生すみません、そうしますと彼はね、このまま学校やめると
大原:ちょっと今ききたいんですけど
あなたにこれだけいいましたね
あなた何も感じてない
あなた悔しくないですか
あなたに言われる筋合いは無いと思いませんか
全部おいといてそうしますとね、というあなたの心理は何?

相談者:えーとそうですね、、、、
大原:全部いったことをはねつけてるから
これも違う。大原さんに分かるわけない、あなた全部ゴムの壁。
ぽんぽんはねつけてるから
うーん、たとえばですね
今もうーん、たとえばですね、と聞いてないんです

あなた聞いてないんです
普通、そうか他人はそうとるんですね、というのがコミュニケーション
でもね、大原さんそこまで言われたら聞けないというのが普通
はーい、いいです、という感じ
あなたの話はベルトコンベアーで過去がない。

すごく可愛そうなのあなたが
だってこころが結べないんだもの
生きるってことは心を結ぶため。
何のために生きてるの?
触れるから辛いんじゃない、
触れるから悲しいんじゃない


相談者:あまりにもきついこと言われて、私どうしていいか分からないんです
大原:初めて聞いてくれたのね?
お嬢さん実は大丈夫です
体当たりであなたにぶつかってます
死ぬ気だったんでしょうね今私が怒ったように
お嬢さんあなたのこと大好きですよ
お嬢さんのために帰ってきたという絵面でやってるんです

相談者:今ものすごく悲しくなってる
娘のことも離婚して以来、頭から離れたことはない
大原:今日の相談は娘から離れたいという相談でしょ

相談者:習慣なんです
見たいけれどもあまりにも苦しいので耐えられないという状況です
大原:あなたはその感情で娘と生活した、
あなたはつまみ食いして、また違うところいこう
また気になったら帰ってくる
自分で産んだ子も自分の感情でつまみ食いしてる
夫もそうなんですよ。

今解決したいと思ったらご主人さまに話せるか話せないかが勝負
ほんの少しだけ話してごらんなさい。

相談者:はなしてみます、ありがとうございました(ガチャ)

まとめ
つらい、つらい、と訴えてるのは 憎しみの間接的な表現です。
[PR]



by telejin | 2010-07-12 01:09 | 家族関係

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧