テレフォン人生相談

2010年10月1日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 市川森一

相談者57歳女性既婚
主人59歳
長女30歳、長男27歳、次男25歳
長女は既婚で子供2人いる、
長男も既婚で子供1人いる

相談者:次男のことで相談
次男は大学院卒で就職、独身

小さい時から父親と性格が似ていて
なかなか下の子とお父さんのコミュニケーションがとれない
小さい時からぜんそくで甘やかしがち


日常生活がどうしても友達先輩などの外面がいいが、
家に帰ってくると、家にストレスを持ってきてよくない

父親と小さい時からぶつかり、
自分の主張は正しいという
それでトラブルことが多く
こないだも、夫が単身赴任して

市川:どういう会社ですか?
相談者:公務員です
あと半年ほどで定年で帰ってくる
下の子が結婚するまでここに居たいと。

なかなか父親と下の子が仲良くないので自分が気を遣ってしまう


市川:環境としてはお父さんと息子さんは一緒にいないわけですよね?
たまに帰ってきても仲悪いですか?

相談者:話題によるんですけど、言い出してくると
自分の分野に入ってくると
一度ぶつかってからはお互い引いてる

これからまた、半年後に帰ってきますので・・・・

この前兄弟全部であつまり孫も3人いた
次男が前の日に職場の発表があり、疲れ気味で帰ってきたら
次男「随分うるさいな」といったら
長男「お前そんなこというなら この家でていくしかないぞ」
それでトラブルになってしまった


私どうしたらいいか。困ってしまった

市川:お話うかがうとささやかな悩みに聞こえるが
ご主人が定年で戻られたらずっと家にいることになられたら
その間、次男さんは結婚して独立させなきゃいけないと考えることになる

相談者:結婚したい相手はいるみたいだが、
まだ働き出して日が浅いのでお金が貯まってないみたい

市川:お母さんとしても結婚して独立させたい?
相談者:そうですね私もそのほうが楽

市川:ご相談者の悩みは
次男の性格の問題でしょうか、それともご主人が戻ってくる環境の中で皆が幸せに仲良く暮らせるにはどうしたらいいか。今後もトラブルが続出しそうだなという心配なんですね
相談者:そうです

相談者:次男の性格も小さい時からきついので
どういう風にもっていったらいいか分からない

市川:我が子というと長女長男次男3人いる
より可愛い、好き、愛してる差はありますか?
平等ですか?

相談者:そうですね、、、、、、
甘やかせました

市川:甘やかせたとおっしゃいましたね
相談者:日常生活の感覚が上の子とは違う
ちょっとした一言で感じ取ってくれればいいけど
感じ方が違う。

市川:次男とそっくりの性格のお父さんが戻ってくる
これは大変、嵐の前触れ
相談者:そうなんですね

回答者 三石由起子

三石 こんにちは
簡単な話ですよ
本当に簡単な話

あのねえ、一家に男は2人いらないのは持論
同じタイプの男が2人いる状況がくる。
亭主か次男

もちろん亭主とる話


ぜんそくで甘やかせたっておっしゃったけど
よく分かってらっしゃるじゃない、それ。

次男をかばうのはもはや母親の役目じゃない
子供中心に子育てする時期は終わった
それを分からないといけない

それと彼には女性がいる
彼がいうのは結婚までの間、
お金を貯めたいから家にいたい

こうですよね?
あのね、それすごく甘い


私はそれ言語道断だと思うんだけど
もしそうであれば
長男いうのが正しい
お前我慢するしかない、何様だよ
って話です

家賃をいれていて俺のスペースがあるなら
うるさいといってもいい

相談者:いれてます
三石:うちに家賃いれてるんですか?
それじゃ、お金貯まらないじゃん
相談者:いやあ、、、、、うーん、、、、
三石:そういう入れ方でしょ

甘いと思うんですよ
相談者:私が甘い?
三石:うん


一家に男2人いらない
パパが帰ってきたらパパが男なわけですよ
2人の男が仲良く暮らせないなら
どっちかが出て行く
次男が出て行くに決まってる

長男が「不満があるならお前が出て行くしかない」
これまっさら正しい意見

そのとき揉めたっていうけど
ママがね、これ長男がいってること正しいと
言わなきゃいけなかった

それともうひとつ言うとね
結婚するまでに一人暮らししたほうがいい
男の人は

つまり母親のずっと世話になりすぐに女房の世話になる
そういう男ってなかなか自立できない
相談者:次男は大学院行ってる時2年間自立
三石:そういう話じゃない精神的な話
母親を離れたら女にいくそれだめ
好きな女いて、暮らしたい結婚したいと思ってる
そしたら彼を理解するのは母親の役目じゃないんですよ、もう
それを母親は分かってないといけない

長男が言ってることが正しいんだということを
母親が分かってないからために悩んでいる。そういうこと

お互いが自分の主張が正しいから譲らなくてこまる
とおっしゃったけど
全然困らない
お互いに主張して譲らないんなら、夫の家だから夫の勝ち。どう考えても。

あなた(=次男)の考え方や暮らしは尊重するけど、
お父さんの考え方、生活のほうが私は大事なんだということを
きっちり言った方がいい

あなたは妻であり母であるということをしたけど
母の役目は終わったんですよ。57歳だから
母親の役目は私に言わせれば、二十歳
ぎりぎりいって大学でるまで

この人は大学院を出るまでいったから少し遅かった他の人より。
いずれにしても終わった
もう終わったことをあなたが自覚出来てないために
悩んでいるということ

あなたは(=次男)夫が来年帰ってくるそこまではいい
最後のお母さんやってあげると、次男にいってもいい
しかしその先はないことをはっきり言ったほうがいい

いままでぜんそくで甘やかした次男さんへの最後の男教育

まずあなたがふらふらしない事が大事
それでなければ新しい家庭つくれない

ああそうか母親は俺の味方じゃなくて父親の味方したんだ
ここはそういう家なんだ
とはっきりすれば
妻と母を区別する

でも私の妻は私を1位にしてくれるということも彼は分かるはず

だからこれはあなたの問題です
ごっちゃにしただめ
びしっと夫を選んでください

相談者:お世話になりましたありがとうございました

三石:すごく物わかりいいですけど大丈夫ですか
相談者:はい

市川:ボクもきいていてすっきりしました
明解でした
亭主を蔑ろするにする人多いですから
そういう中でご相談者がいろいろ迷われた気持ちもわかるが
答えはシンプルで明解。
流石、三石先生
実行するしかない
いい妻に戻ってください

聞いていてこっちも気持ちよかった
どうぞ幸せに。
[PR]



by telejin | 2010-10-01 11:16 | 家族関係

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧