テレフォン人生相談

2010年10月4日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者32歳男性既婚
妻32歳
長男6歳、次男3歳

長男小学校一年生が半月前から不登校になった
妻と自分が無理矢理つれていっていいものかどうか

加藤:あなたたち2人は恋愛結婚?
相談者:はい
加藤:共働き?
相談者:はい
加藤:お子さんうまれてから保育園に?
保育園につれていくときに不登校になったということは

相談者:明るく活発で前に出るタイプ
クラスを引っ張るような
加藤:こういう事は考えれる?

明るくて活発なタイプだというけど
何かすごい無理をしていたということはない?
相談者:それは多少あった
繊細な部分が見え隠れする時はあった

明るく振る舞っていても
度重なると面白く無くなくなって
友達がフンとすると 急にしぼんでしまったらしい

加藤:無理してる分反応が無いと落ち込みますよね
あなたたち2人にこころのすきま風ない?
相談者:そうですねえ

加藤:いまあなたが繊細だっていったけど
親の関係を敏感に感じ取る
夫婦間の大声で喧嘩することじゃなくて
こころのふれあいが無かったということは無かった?

相談者:一時期喧嘩してるところを子供に見られた
加藤:それは深刻じゃなかったですよね
相談者:はい

加藤:夫婦げんかで母親が家を出て行くような
そういうものではない?
相談者:ないです

加藤:あなたとしては不登校をどう対処したら
ということですよね
相談者:子供の話を聞くと学校の先生が怖いということで
加藤:先生がこわい、
相談者:はい。

回答者 大原敬子

大原:こんにちは
事細かくおしえてください

まず入学式からは淡々といったんですか?
相談者:そうですね
大原:いつごろから学校に行きたくないと
相談者:半月前

大原:学校に行きたくない兆候がおなかがいたい、膝が痛い
相談者:いってました

大原:それは月曜日ですか?
相談者:金曜日に先生に怒られたらしく、
月曜日におなか痛い、頭痛い、
それで行きたくないといってた

大原:違う内容じゃないの?
電話しようと思った理由は?

相談者:仕事が共働きで目一杯
母親に任せていたが
朝会社に遅れてしまっているので
子供のためにどうしたらいいか
それがある

大原:2週間前から過ごしてきたこと
そうだ先生が怖がったと思い出したってことは
あなたの中に大きな変化があった
それに重ね合わせて、その子を
なんていうのかしらね、

加藤:口実
大原:口実にして(ははは)
あなたも気楽に話してほしい
本当はあなた自分の事が精一杯じゃないの?

相談者:自分も家帰って掃除洗濯をしないと
大原:あなたが?奥様は何なさってるの?
相談者:子供寝かしつけたり
大原:不満はないの?
そこが私と加藤先生がなあにときいてる、口実

これが不満だ、いやいや共働きだから
理解はしてるのね、でもこころの中で納得できてないでしょ

相談者:うーん、納得してない・・・・。
半月くらい妻が付き添っていた
このまま正社員なので付き添っていけない
近いうちに気分転換で自分が朝いってみてという話しがあって
無理矢理連れて行かないでそっとしたほうがいいのか

小原:あのね、話を端折ってしまいますけど
あなたもご夫婦も全部自己中心的
奥さんが学校までいってるでしょ
3週間前の出来事で学校までついて行ってるなら
対処できましたよね?

だんだん不登校になってくると学校が向かい合って
解決しようというのは話し合おうというのは面倒じゃないの

相談者:話しました
大原:なんていったの?

相談者:担任の先生と話ししたときは
大原:2人でいったの?
相談者:はい

相談者:先生が怖いけどどういう感じですか、と
ボクの中では一年生の先生は
おばさんで、怒る時にチューするぞというイメージがあったが
どういう感じですかと。
3人4人でしゃべっていて、その中で皆怒れば良かったのに
うちの子だけ前に出されて勉強させられて 
周りの子供から店長さんみたいに言われて嫌だったと子供がいっていた

大原:それは先生とトラブルを起こして何日目だったの??
相談者:3日目くらいです

大原:そのときどこにいました?
相談者:保健室いきました

大原:授業中行ったの?放課後?
相談者:授業中です
大原:嘘でしょう?授業中いきました?
相談者:授業中です

大原:いろんな先生いらっしゃるわよ
親が「おばさんみたいな先生」といったよね
子供もそうみる
子供が不登校になるのは親が先生をなめてるとき

子供を預けてる時は命預けてるのと同じ
とあなたが対応しなきゃいけない

授業中行ったということはあなた感情でしょう?

時間が空いてますよってことは
自分の感情をいってしまったらそれで終わるって内容

子供がいかに楽しく学校行きたいってことは
時間をとって、お互いがこころがふれあうことが
先生との会話

余ってる時間どうぞなら、先生も構えていない
先生も襟をただす、あなたも襟をただす、
そうするとこのお子さんを大切にしようと先生も思う。
絶対親が守らなきゃいけない。

今の親は時間があいてる時、都合の良い時に行った結果
ますます悪くなる
感情だけで行ってる

あなたは行きましたよとはいうが
何の原因きいてないんですよあなた。
先生がこわいのは嘘
一番親がが喜ぶ嘘。

自分に関心の無い親にはそういう
心が自分に向いてない
学校の送り迎えも荷物のような扱ってる親にそう

学校まで何分?
相談者:5分です
大原:話できますよね毎日毎日行ってる訳ですから
そういうコミュニケーションなく
淡々と送ってる
相談者:はい
大原:学校が悪いと思ってない
楽しいはず
騒ぎ過ぎてやったと思う。

あまりにも情報が少ないお子さんの
そうなるとお子さんは学校の先生のほうにしか関心を持たれてないと思ってる
お母さんお父さん関心ないんです

ただ行ってくればいい、
あなたたちはその場その場の
あなたたち2人都合の良いことだけいってる

どうですか?
相談者:親の対応どうしたらいいのかな、っていう。。。

大原:お母さんが一緒ならゆっくり歩いて
この時間は私のためにとっておいてくれると
楽しい時間になる
5分を10分にして学校を一周するとか。
そういうものです

あなたの頭の中に本当は
シフト制にするといってるけどややこしい
子供が不登校ではないのかな、という相談ですよね
そうでないならば、5分を10分にして
ダイヤモンドの時間にして欲しい

加藤:大原先生が不登校の問題ではないと
おっしゃる。実はあなたちにとって自分たちの仕事に差し障りある相談
この子の説明するときに
活発で明るい感じで前に出てといった

まだ受け身で誉められて世話されたい時期に
明るい感じで前に出てといわれたら
無理してると思う。ストレスになる

もうちょっと言うとお父さんお母さんに
甘えられないんじゃないの?この子。
甘えを出せない。
甘えられないで家がストレスで学校で発散したら
怒られちゃったと

ですからお子さんにとって、本当のことを話しやすい
それでも受け入れてくれるお父さんお母さんなることじゃないのかな

もし子供の不登校が問題であれば
相談者:はい、分かりました

まとめ
子供の成長には親の積極的な関心が必要です。

放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
明日火曜日、午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします。
Tags:加藤諦三 大原敬子
[PR]



by telejin | 2010-10-04 11:16 | 成長・発育に関する問題

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧