テレフォン人生相談

2010年10月9日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者38歳女性既婚
主人39歳
子供2人 8歳男、4歳女

主人のことで相談

主人が怪しい行動がありまして、
携帯電話をみてしまいまして、
内容にショックを受けまして
内容を主人に話ししたほうがいいのかどうか。

加藤:携帯の内容は?
相談者:多分出会い系らしいが相手が男性
連絡取り合って今度合おうか、Hしようかという感じで


加藤:どういう男性だか分かってない訳ですね
相談者:全然知らない人みたい
加藤:要するに携帯を通じてだけで
相談者:そうですね
どこに住んでるかという話を携帯でやりとりしていたので
多分、初対面だと思いますけど

加藤:怪しいと最初おっしゃったが、相手との関係が普通の関係じゃないと

相談者:携帯をみるきっかけは
飲み会で遅く帰ってきて
その日着ていた服一式を洗濯して脱水までしてあった
朝起きて気づいて、なんで?って主人にきいたら
すごく酔っ払っていて覚えていないと
それで怪しいなと思いはじめて、
携帯をみたら男性のメールアドレスみたいな感じの人とやりとりして

加藤:この男性の人と同性愛という?
相談者:そういうことになるんですかね

加藤:実際にあったという推測はできる?
相談者:会ったのかどうか、不貞行為があったかどうかは断定できないが
以前からそういうことがあったのかもしれない、と思いまして。

加藤:あなたとの性関係はありますか
相談者:そんなに頻繁ではなかったがありました。
疑いだしてからは無いです。
疑いだしたのが一ヶ月半前

加藤:ご主人はあなたが疑ってることは感づいてるの?
相談者:感づいてます
私が目を合わさない、会話にも応じない
いつもなら夫が「なんでぶすっとして」と怒鳴るはずなのに
そういうこともなく
加藤:なんとなく夫にも疚しさ(やましさ)があると?
相談者:多分そうだと思います

加藤:そもそも恋愛結婚、それとも見合い?
相談者:恋愛結婚です
加藤:お互い好きで結婚してるから気持ちの触れ合いはあったんでしょ?
相談者:そうですね。一応私も尊敬していましたし
家庭でも子供にとってはとても良い父親でよく面倒みてくれて
家族のことも思っていてくれる、と思っていたので
離婚はしたくないと今は思ってるが
男性とそういうことしてると思うと
どういう顔して接していいか分からない


加藤:同性愛かどうかは確認とれないんですよね?
いまのままでは。携帯メールだけでは
相談者:実は結婚前にも変なメールをみた
それも男性のアドレスみたいな感じだった
Hな画像を送ってまして
加藤:Hな画像というのは?
相談者:男女のHとか男の人の恥部が映った画像
加藤:それを男性と交換していた
相談者:はい、会えないけど今日はこの画像で我慢してねとか
加藤:はあはあ、、、、そうすると同性愛の確率はかなり高いですね。
だってそれを送って今日はこの画像で我慢してね、と


相談者:男性と女性がしている映像もある
加藤:男性と女性が・・・
相談者:男性が女性の挿入部分に・・・・恥ずかしいんですけれども
そういう映像があったりとか・・・
加藤:あなたからみるとご主人は男性女性両方に興味がある?
相談者:そうですかね

加藤:なにか違うようなことありましたか、
そういえばこんなことがちょっとあったなという・・・
相談者:多分、私と付き合う前に、夫は学生時代に仲良かった男性友達がいた
彼らは頻繁に会っていたんですが、私と付き合って結婚するときに連絡しなくなり会わなくなった
彼らは学生時代一緒、職場も一緒、昼休みにHな話を以前していた、そういうメールをしていた
加藤:男同士でHな話をするのは不思議ではないですよね?
相談者:そうですかね

加藤:もしかしたら、ご主人は単に男同士の親友ではなさそうだと
相談者:その人のことについて訊くと言いたがらない
今までなんで会っていたのになんで最近会わなくなったのと訊くと、はぐらかされてしまう
メールのその相手がその男性だったかなと、推測している。

加藤:あなたとしては内容を見てしまったので、
相談者:見てしまったことを話して、お互い理解して、
性の部分はお互い別でそういう風にしていった方がいいのか
メールは見なかったことで
加藤:このまま黙っていて気まずい関係を続けていって、
そのうち元に戻るだろう、と
相談者:気まずい雰囲気が解消されたあと、
私では受け入れがたい、というのもある
そういう時にはどうしたらいいのかな、というのもあって


加藤:はい分かりました。今日はスタジオに心についてのエッセイスト、マドモアゼル・愛先生がいらっしゃいますので訊いてみてください。

回答者 マドモアゼル・愛

マドモアゼル・愛:こんにちは お願いします
話をきいていて、犯人捜しをすべき問題なのか
お互い人間としてとらえ直して、また修復できるところは修復してとらえ直すか
あなたにも度量が問われてる問題だという気がするんですよ


事実がどこにあるかちょっと分からないんだけれども
実際そうだったとしたら、という仮定の話なんで、あれだけど
ボクねえ、あなたに夫としてどうでしたかと訊いたとき、
あなたの答えは「尊敬できるしとてもいい父だ」と
それきいたとき、ああ苦しいな、と。
男として苦しいなと思った

あなたが言う尊敬とは
尊敬の態度を貫き通さないといけない辛さがあるのよ。
楽な夫というのは奥さんに何か欠点を知られていて
「だめね、パパって」、とかいう部分が握られてるほうが楽。男って。
その方が自然体として家に居られる。

妻の前で、立派な夫、いいお父さん。
それはあなたが求めた理想像であって
そこに無理矢理彼はあなたとの関係維持のために
自分を当てはめないといけない、
つらさがひしひしと伝わってくるのよ。
あなたはそのつらさを理解してないよね。

果たしてそういう事が本当だったとき
あなた、いま尊敬できる?まだ。
それは変わらない?
そういう類の尊敬じゃないでしょ
相談者:はい

マドモアゼル・愛:
あなたが安心できる生活出来る意味での男じゃあらねばならなかった。
そういういいお父さんであらねばならなかった。
だからどこにも結婚生活に自由が見いだせなかった


相談者:じゃ今後どうしたらいいですか?
マドモアゼル・愛:いや、だからなぜ彼の気持ちを考えないの?
相談者:はい・・・・。
マドモアゼル・愛:彼は何故そんなことをしたのか、
何があったのかなとか、
それよりまず、不潔とかおかしいとか
誰に教えられたか知らない価値観がまずあなたの前にあるじゃない。

だから彼があなたの前でそういう自分を演ずるしかない
家庭で。
男といる方が楽だったんじゃないの。
自由だったんじゃないの?

どうしようか、はまずいいのよ。
まずそういう気持ちが分かるかどうかお尋ねしたいわけ。
彼が疲れて帰ってきた時の顔と、
何か自分とは関係なくて
こうだったね、と一緒に笑ってあげたり、
そういう価値観てあった?あなたの家に。
相談者:ないとおもいますね
マドモアゼル・愛:無いと思うよ。
察するに。それが悪いっていってるんじゃないよ
彼の変なこと、この家でださないじゃない
うちのパパ変だよっていうことを公のものとして
共有して安心感になれる環境がないじゃない。

相談者:くつろいでる感じありましたけど・・・
マドモアゼル・愛:あなたとの関係で、くつろいでいるんじゃないでしょ
あくまでも個人的なものだったんじゃないの?
相談者:・・・・うーん。
マドモアゼル・愛:推測の話だからごめんなさいね。
まだ彼がホモかどうかわからないけど。
相談者:可能性は高いと思ってるんですけど・・・・
マドモアゼル・愛:そういう中で言えないよね、まさか
だってよ、今日は会えないけど、この写真で我慢してね
そういう夫は信じられないでしょ、あなた
相談者:はい

マドモアゼル・愛:どこかで立派な夫として取り繕わなきゃいけないなんか
あれはあったような気がするんだよね。
たとえばメールみられて
相手が男だったから特異性にみられてるけど、
たとえば彼の机を覗くと、
立派そうに見えても エロな写真があったり
一人でこんなことやってんだな、とばれて
ああ、ごめんごめん、
そういう事ないでしょお宅の家では。
相談者:はい、ないです
マドモアゼル・愛:ないよね。普通あるんですよ、そういう弱みは
それを通して本当の意味での気楽さとか、安心感とか
至らないまでも仲良くしていこう、我慢してくれよ、
弱いもの同士が生きている生活が家庭になければ
苦しくならない?人間って。
やっぱり問題であるという前に話し合えばいいと思うんだよね。

相談者:受け入れられなければ離婚ですか?
マドモアゼル・愛:あなたは受け入れられないでしょ、だから。
要するに尊敬できる自分の求める理想像に従って
男が動いてくれないと受け入れられないんだよ思うんだよね、あなたは

相談者:うーん。今更価値観を変えないと難しい・・・
マドモアゼル・愛:価値観じゃないと思うよ
あなたが求めてるのは安心だからだと思うよ
自分にとって安心できることをやってくれる人じゃないと
だめなのよ、あなた。
あなたは不安になると思う
そのことに関してあなたが何の感受性を持たなければ
止まらないと思う。そういう問題だとおもう

加藤先生にもう一回訊いてみて。また違った観点からお話できますので

加藤:あなた性をどう考えてますか?
つまり性ということが肉体的だけと思ってる?
相談者:わからないです・・・・。

加藤:ごく普通の男と女の性では
一般的に言われてることでは性の緊張を解きほぐす、肉体的には
もうひとつ理解できない性の場合にはね、
こころの緊張を解きはなっている、と。

おそらくご主人はその相手の男性との関係の中で
こころの緊張をほぐしてる
言ってる事、理解してもらえるかしら
相談者:・・・はい。

加藤:このこと以外に親子関係良いといってたよね
相談者:はい
加藤:仕事も問題おこしてないっていってましたよね
相談者:はい
加藤:そうするとあなたとの関係だけで
彼の人生にトラブルはないのね。
相談者:はい
加藤:となると、あなたとの関係に問題がある、と考えられないの?
相談者:・・・・・。
加藤:なんとなくどう解決していいかわかってきました?
相談者:わかります、もうすいません(もういいです、という口調)
加藤:はいどうも失礼します

まとめ
性の倒錯には、どこか異性に対する恐れがあります。
[PR]



by telejin | 2010-10-09 11:24 | 同性愛

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧