テレフォン人生相談

2010年10月16日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:加藤諦三

相談者35歳女性既婚
主人42歳
子供 9歳女 8歳男

相談者:8歳の男の子の事
小学校入学のときに、知的障害と診断された
その対応の仕方を教えてほしい

就学時検診のときにひっかかった。
保育園で専門の方がきて親子で面接して
訓練機関を紹介してもらって入学する数ヶ月通った

そこで紹介されていろいろ通って検査したところ
知的障害あるとわかった


加藤:生活していくなかで
あなた自身は気がついていたんですか?
相談者:すこし怪しいな、とおもっていた

たとえば
簡単な図形、丸もなかなか覚えられなかった
簡単な色、赤、黄色もなかなか覚えられなかった
興味がなかなかわかない。本を読んでもじっとしていられない
先生に相談したら今は興味がないだけで
やる気がでるまで待っていたら

加藤:興味がでないって
興味がわかない本なら興味わかないですよね?
その子が興味もつような内容でなければ

我々大人がこの時期にこういう本読んだらいいと
思ってもそれに興味を持つか持たないかは
必ずしも子供側からすると
何事にも興味を持たないというわけではないですよね
つまり他のこと、虫、土にも
興味を持たなかった?
相談者:そういうことはない
加藤:何かに興味をもつことはなかったですか?

相談者:おもちゃの鉄砲には
異常に関心があり
今も集めている

加藤:あなたのお話だと、
興味がないと決めつけられた子でも
興味があるということはある

ちがったら異常ではなくて
違ったら違うことの意味がある

時にまわりのモノの見方で
おかしいといってしまう

他の子とおなじようにするのが正常
ちょっと違ったらもうこの子は異常
どっか知的に欠陥があるだろうと
そういう見方をしていた?

相談者:多少そういう見方してました
確かに比べてました

加藤:この子小さい時に辛いことありました?
相談者:辛いことはなかったと思いますが
小さい頃から病気がちだった
保育園にはいる前にいろいろあったんですよ

加藤:どういう種類?
相談者:生まれた直後に心臓に穴があいている(#1)ことで手術しまして
その後に風邪をひいて下痢を。 吐いた時ににけいれん(#2)を3回おこした
救急車で病院いって知的障害が医者がわかったら
病歴を訊かれますよね。そのときに
けいれんをおこしたことを話したら、そういうことも関係してるんじゃないかといわれた
それしか考えられない(#3)みたいに言われた

#1心室中隔欠損?心房中隔欠損?
#2てんかん?
#3上記症状がしばしば合併する場合がある

加藤:この子が何かに興味もつのは鉄砲といいましたけど
何か生活態度でこの子はこういう風に違うなと思ったのは?
相談者:性格的?
加藤:行動でもいい
相談者:すごく優しいところがある
加藤:具体的には
相談者:思いやりがある
友達が転んでいるところをみたら大丈夫?
肩をぽんぽんとたたいたり
友達の子供が具合わるかったら大丈夫?
やさしいねっていわれました

加藤:ご主人のほうは
相談者:案外、深刻には考えていなくて
今はサッカーをやらせて普通学級にいってほしい
いま、普通学級に通わせてる

加藤:学校は特別にケアしてくれてますか?
相談者:算数のときに、他の先生が1人ついてくれて
加藤:この子自身はサッカーをしてるときは元気にしてるわけ?
相談者:そうなんです
案外運動神経はいいと思う
ルールははじめは知らなかったが、それこそ自分のチームにボール入れたり。
最近は少しずつわかってきて、皆の理解のもと少しずつ成長してる

加藤:コミュニケーション的には問題ないわけですね
相談者:コミュニケーション的には大丈夫

加藤:(担任の)先生のほうが知的障害とみてる?
相談者:そうですね
病院の先生の診断がくだってしまって
普通学級に入れない、本当なら
私たちの一存でいれてもらってるので
先生はそう思ってる

加藤:普通学級にてあなたの話だと仲間とコミュニケーションできてる
相談者:勉強はできない自覚はある
加藤:ついていけないと本人が言ってる?
相談者:そういう言い方しないが
わかってるとは思う
普通学級にいると、私的には焦ってしまう
その辺の葛藤が確かにあの子のペースで勧めてあげたいが
普通学級にいるだけで焦ってしまう

加藤:あなたがあれこれできるようにしなきゃ?と
相談者:そうです

加藤:その子が不得意な領域でやれやれっていわれたらたまらない
この子自身の得意な領域はあるかもしれないでしょ?
相談者:いまのところ運動しか思いつかなくて・・・
加藤:いや、あなたが世間一般と同じ見方してません?
運動しかできないって言うけど、
運動も大切ですし、
虫が好きだってこともありますよね。

相談者:あ、そうですよね。恐竜は好きです
加藤:うんだから、親までがこの子はこういうことで価値がないと
思えばさっきの虫の話でも
ボクの知ってるまわりから知的障害といわれながら社会で活躍してる例があり
筆箱に虫をいれて、学校にいく
そうすると先生このこおかしいと思う
その子はものすごい虫に才能ある
幸いほかの子とちがった才能あると理解してくれた大人がいたから
のちに社会的に活躍できたと思う
相談者:みとめてあげるってこと


回答者 森田浩一郎

森田:もしもし
私は医者ですが専門ではないです
多少はかかわったことあるので
その程度のお話

まず医者がみる場合に他の子と違うと
何か昔の病気に結びつけたがる可能性ある
病気かなりひどいのをすると
1年2年3年おくれるのはいっぱいいる
出来る子もいれば中学からできる子もいる
千差万別

人間で完全な人などいない
どうもあなたからきいたはなしでは
友達が転んだら声かける
知的情緒はある
サッカーのルールを覚えるのはおそかった
親も焦ってるのはある
少なくとも就学検診のときに
お医者さんに知的障害と診断を下されたと思うんですけど

それだからといってどの程度の知的障害なのか
分からない
そこは難しいところだと思う
出来たらあなたにはね、
いろんな問題やってる病院でセカンドオピニオンという形で
もう一回相談したらどうですか

親があせらないこと。
他の子といっしょの事が出来ないからといって
焦っちゃいけない


相談者:今のまま様子みていていい?
森田:学校も教育、勉強は学校にまかせて連絡とる
特別教室とか足繁くご相談をするってことじゃないでしょうか

「今どういう状態なんでしょうか
今 家庭でやることあったら教えてください」という風に訊く。
もうひとつ申し上げたいことは
あなたが焦らないこと
あなたが焦ったら負け
親にできることは普通の子より手がかかる
かえって育てる喜びを感じて生きて欲しい

とにかく焦らない事
この子はどんどん大きくなっていくんだ
ということを信じてください


加藤:よろしいですか
たとえ知的障害であってもこの子の個性です
とおもって
どんなことがあっても劣った子供だとはみないで
これがこの子の個性ですから
まわりがどう見るかでものすごい影響うける
他の人がどうみようと親はこの子の個性ですと
劣ってるとか人間として価値がないとか絶対にそういう見方はしないこと

相談者:はい、わかりましたありがとうございました。
加藤:はい失礼します

まとめ
何故この子は そういうことをするのか
その子の特徴をみつけてあげることです
[PR]



by telejin | 2010-10-16 11:22 | 成長・発育に関する問題

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧