テレフォン人生相談

2010年12月3日 テレフォン人生相談



相談者42歳
妻44歳
子供3歳

3ヶ月前妻が事故
相手がタクシー
妻が自転車
タクシーはとまれの標識を無視して
一度とまったがでてきた
自転車の後ろにあったった
足と首をやられて
全治6ヶ月

通院にタクシーでいけといったが
恐怖感があるので相談者が病院におくっていった
仕事をやすんで子供の保育園の送り迎えしていた
保育園のいられる時間は夜7時まで

1,2時間はやくシッターさん頼んでお迎えにいってもらった
相談者がシッターさんの家に迎えにいっていた
そういうのをやってると莫大な金額かかる
タクシー会社に弁護し通じて
そういうお金をみてくださいというのを
弁護士を通じて連絡したら
むこうとしてはそこは面倒みない、

こちらの言い分としては妻がやっていたので
みてくださいといったが
一円たりともみませんという答え

裁判を起こしたいが、
弁護士の先生から裁判やっても無理かもよと言われた
ボクとしては相談するひとがいない

シッターの費用は?
1日4時間 1週6日、4週で10万

妻が通院と診察で半年で 60万
弁護士はたてたんですね
はい

事故の状況ですが
100%タクシーが悪いということになってますか
90%は認めてる
警察ははいってきましたか
はいってます
弁護士さんもいれてあちらがもつのは事故の怪我の費用とか
一応今怪我の費用
示談は先の話
まだいってないんですか
妻がもっていた金額が入らないので
奥さんも働いてらした
働いてました
その収入がゼロになって
その分を半年でもみてもらわないと

本当に事故のあとの補償、面倒だとおもいますが
電話くださったのは
ベビーシッターの10万をとれないものか
に絞ってよろしいですか

弁護士 大迫恵美子

大迫

損害賠償の考えかたは
事故による過失割合を分担しあうということ
むこうが9割認めているのが正しいかどうかわからない
それが10割なのか9割なのか争いになると思う

タクシー会社が10割だとしても
損害の範囲をどこまでと考えるのは
非常に難しい

入院と通院は当然間違いなく損害ですよね
治療するために必要な病院代は

働いてらした、働きにいけない、その収入の額が損害として認められる
そこは一般的に認められる

もちろん精神的苦痛も慰謝料とみとめられる

交通事故の損害をどこからと考えるかは
基準は結構きちんとしたのが出来てる
それは被害者の立場からすると納得いかない気持ちになることが多い

交通事故は数が多かったので
一般でも交通事故の加害者になる可能性あるわけですし
保険の制度が比較的整ってます
そうすると保険会社との思惑だとか
いろんな利害関係が絡むなかで
あまりにも大きな損害賠償を認めてしまうと
一度事故がおこると加害者がたちなおれないことになるし
被害者からっすると
派生的な問題もあるしそれをどう調整するかは難しい問題だった
何十年もかけて調整してる

加害者側の理屈も考慮してつくってるので
納得できないものがある

シッターの件もそうで
保険会社が抵抗するものになる
被害者からすれば 事故さえなければ
何もこんなもの使う必要ないのにという金があるが
それが損害賠償されて保険会社が払ってくれるということはない

難しいといわれたのは
保険会社が当然裁判にでてくる
保険会社が払うので
保険会社が登場する
当然基準にしたがってしか払わない
そこの争いになる
その基準についても裁判でがちがちに固まった基準がある
こういう判断をするだろうという判断がみえてくる
シッター代は払わない金にはいってる
保険会社が出てきて判決もそれにそって出てくるだろうと
それがあなたの弁護士がいってる内容

とれないって考えた方がいいんですかね
お気の毒ですが裁判すればシッター代とれますよという
状況にない

もちろん奥さんが働いていた分は
利益として示談でも裁判でも支払ってもらえる対象金額
もろもろ発生してくる全部を損害として請求できるわけでないし
あなたが疲れてしまった、あるいは早帰りして給料が減ってしまった
それを損害として認め江もらうのは難しい

詰めたく聞こえてしまうが
現実はそうなってる
裁判してくださいといっても結果が酷いことになる可能性もある
楽観的なことばかりはいえない

示談の前の現時点が大変なので
どうにかなるかな、と

途中で払ってくれというのが
成り立たないわけじゃないけど
現実に損害がはっきりしてるけれども
それはまれ。

通院が終わってからてことですか
そうですね

実情はそうだ。という説明は認識していただいて
シッターの金はでないが
その分を示談、慰謝料というできるだけたくさんの
慰謝料をとりかえすと。
というようなことに気持ちを切り替えていかれるのが
懸命じゃないでしょうか

わかりましたありがとうございます
なかなか気力だけでは乗り切れない
経済的な面もおおくあるんだなあと
あと3ヶ月がんばってください。

どうもありがとうございます
[PR]



by telejin | 2010-12-03 11:16

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧