テレフォン人生相談

2011年4月18日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
  回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
今週は「自由に生きる女、やさしすぎる男」

相談者37歳男バツイチ
32歳のとき結婚、翌年離婚
子供1人、奥さんが引き取る
相談者は親と同居

仕事をしていても平気で嘘をつく。
それはあのばれることが分かっていても嘘をつく?
そうですね
それで奥さんと離婚したのは何故
職場で知り合って結婚する前に子供ができて結婚した
性格もあわなく、相手をよく理解しないままつきあった
あなたとしては

人といるときも緊張強い?身構えている?
それはあります
人といてリラックスできないんでしょうねえ
そうですねすぐへりくだったり。下手下手にでたり
要するに迎合するのね
はい
ご両親は
父71母68
兄弟は?
長男です自分は
ある意味かわいがられてある意味期待されて重荷だったとか
無理した面は?
あったと思います

それで他人に謙るということ、
それは他人と向き合った時に自分に自信がないということですよね
不安ですよね?
不安です
受け入れて貰ってない。もうちょっときつい言い方すると見捨てられ不安
それはあります
見捨てられ不安に対応しようとすると嘘をついちゃうんだよね
はあ。。。。

親との間は。
小さい頃に父は家を離れて仕事していた
その間親戚でもなんでもない男性が家にずっといた。
はあ。

父親でもなんでもない人が家にいたのは
小学校の終わり頃から高校卒業2年まで
高卒してしばらくということは二十歳までですよね?
どういう関係ですか
田舎が一緒、知り合い。

その人が居るわけですよね、家の中に男性として
お父さんは帰ってこなかった?
出稼ぎで盆と正月だけかえってくる
お父さんはその男性の同居は知っていた?
知っていました
あなたは不自然だと思っていた?
嫌と思っていた
嫌と思ってはいけないと感じていた?
それはありました


父が定年になって家に帰ってきて
口論になった、もうこないでほしいと
そのときスッキリした?
それはありました。

その人に対して嫌だと表現すると罪の意識をもつ
言わないと不愉快
どちらにしても矛盾した感情のなかに居ざるを得ない
未だにその男性はどういう立場の人かわかってない?
知りたくもないです
知るくらいなら、実家を出て一人暮らししたい
でもあなた一人暮らししてないよね

37歳で実家から出ていない
男性がどういう人か確かめもしない
これで精神的な安定を得ようとしても無理なんじゃない?

そうですね・・・

この貸しをこころの中で解決しないといけないよね
今日はこころの洞察では優れているマドモアゼル・愛先生がいらっしゃいます

マドモアゼル・愛先生:
加藤先生の分析で悩みの構造が大分みえてきた
加藤先生の分的どおりの問題点が悩みの根幹にある

この問題がいかに深いか。
人類最古の物語、本屋にいってあるのはホメロスの叙事詩がある
オデュッセイア


戦にでて、夫がでかけた隙に男がはいってきて、
飲み食いを自由にして居座る
帰ってきた時にその婚約者に復讐をとげると
いうところから最古の物語がはじまってるんですよ

極めて根源的な問題なんですよ
加藤先生がおっしゃった、本当に意識されない重要な感情が隠されてる
意識しようとあえて意識しなかった問題が人格形成に影響してる

対応のしかた
もう本当は知ってる感情だよね
はっきりした復讐の物語にならない状態で自分のエネルギーが消耗されてる
なんで人類最古の物語から出発するかというと
人が健全に生きていくためには目隠しできない問題がある

知りたくもない、

しかしよ、本当の気持ちはどうだっていいという生き方しかできない
本当に欲しいもの
本当に大事にしてる感情をふたして生きていくなら
自分が生きているという実感が得られる道理はない

だから何やっても本当の自分では対応できない

たとえば、こういうこと
人生に本当に欲しいものってそう多くないと思う
本当に欲しい者に対して手にいれられなかった(恋愛だと思うけど、
そこを誤魔化したら人生で誤魔化しながらいきていくことになる
それを認めたくないからつじつま、理屈が必要になる
そういう人が世の中に多い気がする

あなたの場合は本当に欲しかった女はお母さん
そうですね。。。

それを理不尽に奪われてる意味も無く奪われてる
3人の登場人物
父、母、あなた、男

父は母に対して弱きだった
お前なに連れ込んでるんだといえなかった

母は子にこれは大したことではないのだという
心理的にうけとめなさいと強要してる
ここにも病理がある

子は母に命じられるままに、明解にしたらうちが壊れると
病理によって命じられた

父の弱さ
母のずるさ
あなたの弱さ

悔しいのは3人のエネルギーをこの男がのうのうとしてる
苦しくない
そこに復讐劇というギリシャ神話のテーマがある
男がそこにとらえた

心理的にずるかった男に立ち向かってお前がふざけた奴だったと
つきつけることであなたは男をとりもどさないといけない

加藤:いまあなた、恐れて怖いから。
全くこわくない、猫をライオンと思ってる
猫を虎とおもってる
立ち向かってみると猫

立ち向かわないといつまでも怖い
いつまでも嘘をつく
わかりました

ここで戦うことで飛躍的に成長するんですよ

マドモアゼル・愛:おそいってことはない
37歳で

加藤:あなた大したものですよ
本来なら挫折、崩壊してる
いままでがんばってきた
やれます。
はい。

よろしいですか
はいどうも失礼します



嘘をついてその場をつくろっても
無意識の領域では代価を払ってます。
[PR]



by telejin | 2011-04-18 11:16 | 家族関係

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧