テレフォン人生相談

2011年5月16日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
  回答者:大原敬子(幼児教育研究)

相談者

26歳息子
28歳嫁
4人暮らし

相談者:息子たちが新居を敷地内に建てたんですが
お嫁さんとの折り合いが悪くて
加藤:誰と悪い?
相談者:私、うちと家族
加藤:あなたのご主人とも?
相談者:娘とも。娘は独立してるが、土日に帰ってくる
一泊していくが、で、それがお嫁さんがいやだと


加藤:その泊まるのが嫌だというのは雰囲気として?それとも言葉ででる?
相談者:でました。言われました
加藤:言葉で。義理のお姉さんが泊まるのはいやだと
相談者:はい



相談者:そういってうちを立てるまでに母屋で一年一緒にすんでいた。
娘は全然迷惑かけてないだから。週末に泊まっていた
そのときに息子から「また泊まるんかい」とちょっとはいわれた
うちとしては何一つ迷惑かけてないので
相談者は息子に「それくらいはいいんじゃない」といっていた

加藤:「また泊まるんかい」と息子さんが言った?
嫁がいって、息子さんを介していっていると
直接あなたたちにいってるわけではないと
相談者:以前はね、でも最近は直接いうようになった

加藤:なんでそこまで関係が悪くなったんですか
相談者:お嫁さんは毎日実家にいくのに、なんで土日は娘くらいしかこないで
気に障るみたいで。
加藤:いやいや、何が原因で。
最初はうまくいっていたんでしょ
相談者:そうです
加藤:どういうところが原因でうまくいかなくなったのですか
相談者:娘が泊まっていく事が嫌だと言い出した
加藤:いや、28歳のお嬢さんがとまることで関係悪化した?
相談者:そうです。
お嫁さんは毎日実家いくのに、泊まっては絶対にしない。
泊まってはだめと実家にいわれてるらしい

加藤:うん、、、、なんかもっと本質的にうまくいかないことがあり
お嬢さんが泊まることを口実にしていってるだけでは
相談者:あー・・・・。
加藤:質問かえます
あなたはお嫁さんのどこが気に入らない?
相談者:私は全然気に入らないことは無い。

小さい事いえばきりがないがそんなには気になってない
加藤:全然きにいらなくないなら、なんでこんな風に。

相談者:お嫁さんが・・・・

加藤:いまお嫁さん何歳
相談者:28歳

大原敬子

こんにちは
大したもんですね
実の娘さんと同じ年齢で、対等にこの不快さをあなたにいったわけでしょ
これはもう牛耳ってる感じですよね

それがあなたにはいらいらする
相談者:はいはい

大原:今日のテーマ
あなたの面子をどう取り返したらいいか という話だと思ってる
それは、お嫁さんの言いなりになるのは許せない
しょっちゅう帰ってるじゃ無い、あなた実家に
それを立派なお母さんに見せようとすると、言葉にだしたくない
実の娘さんが実家にきてる
それで自分の不満を解消していた。
これ見よがしに。

お嫁さんに、あなた分かった?同じことなのよと。
お嫁さんに不愉快だ。といっていいはず
あなたも実家帰ってるでしょ?
なにかあるんです隠してることは。

お嫁さんの実家は生活がいいんじゃないですか
いいです
好き放題してる嫁さん
あなたは理解あるふり。全部感情押し殺して
問題の無い嫁だ。素晴らしい嫁もらったのはいい。世間体で。

だけれども、実生活になるともう一番嫌いなのはこのお嫁さん
その自分の葛藤でお電話なさったと思う
相談者:間違いないです
大原:そうでしょ

言いたかったけれどもいえなかった。
相談者:お嫁さんは実家帰ってしまう
そのこと理解してくれなかった。私は間違ってないというから。

大原:長男の嫁は割り切る
私が一歩門から出たら、よいお嬢さんと結婚なさったのよという世間の評価が欲しいか、
それとも世間はかまわないから姑の立場を維持したいか、
どっちかの選択
どっちですか


どっちかはっきりしたら嫁の態度かわる
人間はどっちつかずの態度とると ずるい人は弱点に食いついてくる
世間体で我慢するならあなたは無関心になる。そして嫁は傷つく
世間体はきにしないで開き直って強くなると嫁はまた考える。

お嬢さんに、しばらくこないで
娘にもそういいましたから、嫁にも 実家にかえるのが嫌い娘にもこさせないからと

相談者:いえないことが問題。
大原:いえないですね
そこなんです

相談者:娘にくるなとはいえない
大原:お嬢さんかえってもいいでしょ?
相談者:別にいいです。構いません
大原:ならお嫁さんにいえばいいじゃない
あなたも泊まってもいいのよと
相談者:いってますわたし
大原:なら悩む事ないじゃない。
相談者:でも嫁の両親が泊まったらだめ、私はそれをまもってますというんですよ
大原:嫁がああいえばこういう、達者な嫁にあなたが受け答えできない
それが今日の相談でしょ
相談者:そうです


大原:鬼の姑のように毅然とできないのが腹立たしいんでしょ?
相談者:そうです 全くそうです

大原:何が一番悔しかったの?
相談者:息子が嫁のいいなり。
大原:それは、、、、
息子が嫁のいいなりになったということは
息子はあなたに反抗してる?
相談者:してません
大原:息子かわいいでしょ?
相談者:かわいいです
大原:息子が好きなお嫁さんですよ
あなたにはご主人がいらっしゃるわかるよね
相談者:はい。
大原:それ分かりますよね
相談者:えー?

大原:今のお話だけきくかぎり、あなた本当の問題はもしかしたら、あなたのご主人さまじゃないの?
相談者:えー?

大原:夫がもっとしっかりしてくれれば嫁とぶつからない
相談者:それもあるかも。。。主人になんとかしてよと毎日いってる
大原:夫は何もしないでしょ?
相談者:しないです。主人は息子に任せてる、といってる
私は歯がゆくて。どうなってるの、どうしてるの、どうなるの、と。

大原:今日から毅然として鬼の姑になるためにすべきことは、あなたの夫を牛耳ることですよ。
相談者:牛耳る・・・・できないです
大原:できないでしょ。夫に遠慮してるの。それほど夫とあなたは他人の関係
夫にいえないんですもの
いえないあなたなんです。
54なら夫を操縦しなくちゃ

相談者:ううーーーん。(ため息)そうなんですか・・・
大原:そうです

大原:私がこんなに悔しいのに夫は何も感じない
もっというと
お嫁さん云々じゃなくてあなたは夫に甘えたい
あなたは夫に触れたかったんですよ。
触れてないんですよ、いま


だから、いいえ娘が泊まってます
娘がいないと夜、寂しくて夫と会話ができないし
相談者:あはは
大原:違いますか?
は、じ、め、て、姿が見えました。(笑)


相談者:えーーーーーーーーー?
大原:それだけ甘えん坊なんです。えー?っていうあなたは甘えん坊。
相談者:だって甘えたい時に夫がいなかったんですもの。
大原:いや、そういわれても。
私に夫の代わりはできない、、、、わかるわかるその気持ち

相談者:いまさらどうしろと?
大原:いまさらいくのよ夫に。
相談者:いやだあ。もう、そんな無理です私は(笑)


大原:あなたね、いつかは死んでしまうのよ
自分の本当に伝えたい人には伝える事が大事だと思うんですけどね。
夫ともっとふれあいたいということが今日のご相談のような気がしますが
(加藤)先生いかがでしょ
加藤:え、、、、その通りだとおもいます・・・・・・・・・。(沈黙)

相談者:主人とは好き嫌いじゃなくて夫婦やってる関係じゃ、だめなんですか
加藤:それがわかればいいです

相談者:妻としての仕事はしてます。食べさせて、お風呂いれて
加藤:人間どこも同じです

相談者:私からは全然やりたいと思ってますし
加藤:ご主人と4人でくらしてます
ご主人は関係ない
息子は嫁にいってる
あなたは自分を慰め保護してくれる人がいない
自分できっちりいきていこうと
そうしたらスッキリできます
わかりました



なやみの正体は表現できない憎しみです
[PR]



by telejin | 2011-05-16 11:15 | 家族関係

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧