テレフォン人生相談

カテゴリ:統合失調症( 2 )




2011年2月4日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:市川森一
  回答者:高橋龍太郎(精神科医)

相談者50歳男性
4人家族
妻47歳
長女29歳 次女25歳
長女嫁いで、次女は家にいる。

次女が摂食障害で家に引きこもってる
4ヶ月ほど前に施設があるのをしって行かせたが
がんばれずに戻ってきた
原因は食事をするのにみんなといっしょに取らないといけない
PCで日記をかいたり
そういうことが苦痛で

特に食事を一緒にとるのが苦痛
そういう若い人は多いですね
しゅうけいきょうふ
自分の顔を醜く感じてしまって

体型的には?
今は食事をとるようになって
それはそれで気にしてる
太ってるんじゃないかと

17歳くらいのときに過食嘔吐がはじまり
びっくりするくらい痩せて
そのときにこの病気もしらなくてただのダイエットやりすぎかなと
思っていた

最近になってから買い物依存をしていて
自分で二進も三進もいかなくなり
借金が100万200万となっていて

どういうところからの借金?
洋服を買ったり。。。

こういうお嬢さんと一緒にいて
今後どういうケアをしていけばいいかという相談でしょうか
そうですねとりあえず娘との話では
施設にもどって治して欲しいと思ってる
娘のほうでも整形手術を
整形手術?

自分の顔、目に自信がなくて
それを治して気持ちが収まるなら施設に戻るよと
本気で戻るような気がしない。

やっぱり皆との食事ができない
PCで日記かけない
というのが理由?
本人はそういってます

むこうで死のうと思ったらしくて・。。
それはいけない

どういう施設なんですか?
接触障害なおす施設で1年かかる
日記で苦しみをはき出すことからはじまる
素の状態にもどして音楽、農作業で自我をつくっていく施設
彼女の場合には適応できないといってるんですね?

そうですね大分まよっていたんですが
1ヶ月だけでもいってみな、ということで
1ヶ月でもどってくるつもりでいたらしい
その間に目のことが気になって
目をやらせてくれれば戻るよという条件つきで
目をやらせた

お父さんからみても手術必要?
全然普通の。
大丈夫だよ綺麗な目だよといってもダメですか
ダメですね

これはずばりそういう症状をみてる精神科医の高橋龍太郎先生に

高橋龍太郎

主治医はいらっしゃるの?
病院にいったがなかなか本人がこれという先生がいなくて
途中でやめちゃってる状態

何カ所もいかれてつづかないの。

対人関係療法をやってみたが
全部で15回やり通して、
食べる事に関しては普通にできるようになった
その後に対人恐怖、醜形恐怖もでてきて
親としても効果があったのかどうか疑問

それから半年してから摂食障害を治す施設を知り
本をよんだら説得力あるようだったので
入所させてみたが苦痛でもどってきた

ま、あの詳しいお話きけてないので
なんともいえないですが
一般的に接触障害を治す施設にはめこむのに無理がある

今の話しを聞く限り
農作業、規則正しい生活おくるトレーニングは
神経症水準のトレーニングなんです
むかしのノイローゼ。
普通の人が普通に悩んだレベル

精神病水準。醜型恐怖は
団体行動はできない
周りからみられてる、自分の目が変だ
同じところに居続けるのが難しい
醜貌恐怖は精神病に一番近い神経症。
精神科医がマッチしないというかもしれないが
折り合いのつく精神科医に外来をみてもらって
やっぱり薬を使って恐怖感を押さえ込まないと
過食嘔吐のほうにはまだまだいけない
そっちのほうが先

手術何回もされてるんでしょ
3,4回
目を柔らかくしてとか形勢手術するんでしょ?
統計で 目の手術を繰り返す症例の予後は
10-30%いわゆる本物の精神病に変わっていくという
やっぱり精神科医にがっちり治療してもらって
醜貌恐怖の治療を押さえ込んで貰わないと
どんなことしても摂食障害の治療にならない

信頼できる精神科にいって
多分女性の精神科医のほうがいいかな
精神科医としてはやりがいのある症状なの
必ずそういう良い先生がみつかる
お薬も昔の薬はこてんこてんになり生活遅れない薬があったが
今はかえって元気になる薬もあるので
そういう薬をちゃんとつかってその症状消えてくれば
後は摂食障害を治す
30過ぎて摂食障害はあまりない
成熟してくるので不必要になるので目立った行動しなくても治ってくる
醜貌恐怖は積極的に対策講じないと生涯つきまとう
後先間違えないと泥沼になります

高橋先生の言葉は難しいことばがでてきましたが
内容はわかりやすい
是非そのままお嬢様の対応に生かされるといい
専門家にみてもらって切り替える
何よりもご相談者の気力体力がしっかりしてないと
持ちこたえられないがお声をきいてると
頼もしいご主人とつたわってきますが
気を強くもってがんばってください

お元気でお過ごしください。
[PR]



by telejin | 2011-02-04 11:16 | 統合失調症

2010年7月31日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 市川森一

息子36歳
自分 母親64歳

息子が昔から、おかしいと思っていたが、被害妄想、注察妄想があった。いろいろ教えてくれる人がいて、調べたがよくならなかった。本人も睡眠不足で病院にいき、薬も服用していたがよくならなかった。

仕事はいっているが始めて1ヶ月。工場の中の簡単な仕事。仕事はよく転職していた。いろんな人が自分をみてる、うわさ話をしてる、そういうことを言って仕事が続かない。

中学1年までは先生に誉められる子だった。
高校生くらいになってから、皆で食事しているのに自分の部屋にいったり、そういうことが始まった。高校を卒業後、装飾デザインの専門学校へ進んだ。そこを卒業後、関係ない仕事に就いたり、すぐやめたり長続きしなかった。

20くらい職を転々とした。グラフィックデザイナーという仕事だけじゃなくいろいろした。

なんとなくそういう才能が息子の中にあったかもしれない。初めから繊細なのかもしれない。

夫は亡くなった。息子が32歳の時に亡くなった。
父との関係は決していいものではなかった。
悩み事があっても相談するような間柄でもなかった。
もちろん自分にも言わなかった。

36歳の息子が恋人いてもいいが、全然いない。
仕事はいま何とか通っているが。

2人で歩いていると後ろから来る車にすごく神経質になって、この前も交差点でそういうことがあった。

精神科医の高橋先生とじっくりお話になってみてください。

回答者 高橋龍太郎

高橋:はじめまして高橋です
うん?ということをいろいろおしえてください。

相談者:いろいろ耳に聞こえてくるというんです
それから 遠くから俺をみているとか
マンションに住んでるときは、下の階から音がする。
(私には聞こえてない)
出て行けという声が聞こえてきたり。
家の中で暴れたり。

高橋:その一人で聞こえてくる声とやりとりすることはありますか?
相談者:私が居るときは なんでもない、とかいう。

高橋:なるほどね。それで先ほどの話だと相談してもうまくいかない。医療にかかったけれども中断したってことですか。
相談者:20代のころ、眠れないから仕方ないから本人が医院を探して通った。
そのときにもらった薬ですごく気分がよくなったという薬があった。

高橋:通っていたころは落ち着いていたんですよね
相談者:そうですね

高橋:そのときだけですか、通ったのは。
相談者:はい

高橋:薬の説明はききましたか。
相談者:病気やそういうことをきいていいのか、分からなかったので説明してもらわなかった。

高橋:病名はききませんでしたか
相談者:はい

高橋:可能性で一番大きいのは統合失調症です。
声がきこえてきたり、非難されてるという気持ちになったり、敵対してるようにおもって食事をひとりでとったり、
今も症状は消えてないので、本当は20代のころの治療を中断しないほうがよかった。飲み続けなきゃだめなの。極端な言い方をすると死ぬまで飲み続けたほうがいい

高橋:今はとても良い薬がでているので、半分くらいの人は飲み続ければ安定した人生をおくれる。いまからでも遅くは無いので薬を飲んだほうがいい

高橋:障がい者手帳を取得できるし、その枠での雇用もある。
少々のことがあっても、安定した会社で仕事つづけられる。社会保障もある。なによりも治療が第一。精神科が良い。

高橋:心療内科の先生は内科出身の先生と、精神科出身と二種類いる。
心療内科いったときに、精神科の先生だったらそれでいい。

相談者:やはり そういうところでちゃんと調べてもらったほうがいい?
高橋:長期戦ですから、加療して、長く続けられる場所で仕事をしたほうがいいですよ。

市川:お母さんよかったですね。
息子さんの場合はかつて利いた薬があるので 治療再開すれば大丈夫でしょうね

市川:高橋先生、これは入院の必要ないですかね?
高橋:いま問題行動が無いので大丈夫ですよ

市川:一緒に母子と暮らすときに心がけることは?
高橋:時間がたちました。いずれは本人がひとりで生活しなきゃならない。手帳をとって障がい者になって社会で働くのはいい。食事、掃除洗濯も、生活のさまざまな方法を勉強してもらわないとこまる。

高橋:就職もふくめると 生活リズム。夜遅く夜更かしすると雇用枠採用でも休んでばっかりになるとだめ。生活リズム確立と自立した生活。これは大事です。

市川:もし、彼が妄想をみたときに母はどう対応すればいいか?
高橋:否定すると 2人の距離がはなれるので、そういう現実があるんだね、と受け入れてあげる。すごく大事なこと。どうやったらいいだろうね、と話し合うもっていきかたが良い。

市川:彼には彼の世界がある。彼には見えている現実がある。それを認めてあげて暮らす。大事なようですね。お母さんと彼の絆。高橋先生のアドバイスを参考になさってお暮らしください。
[PR]



by telejin | 2010-07-31 00:13 | 統合失調症

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧