テレフォン人生相談

<   2010年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧




2010年9月30日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三 

相談者40歳女性既婚
主人41歳
長男11歳

結婚して15年くらい経つ。恋愛結婚
結婚してすぐ主人の居ない間にお父さんが来て
自営業ですが、保証人の紙を持ってきて実印を持ってこい
といわれて押した


加藤:実印というのはご主人の
相談者:いえ、私のです
加藤:あなたの。はい。

相談者:お義父さんや、お義母さんから悪いなっていう感じもなく
加藤:この保障人は連帯保証人で
相談者:そうです。主人も連帯保証人になってる
自営業なので引き継いだという形なので
それはしょうがないが

加藤:利益はあがってるんだ
相談者:お金の事は問題ないですが
保証人になっても悪気もなくやってるのがちょっと私には信じられなくて
結婚して2,3年くらいたってから子供が出来て
臨月になったときにずっと朝から晩まで仕事をして
病院から安静にしていろと言われている状態だったが、
安静に出来ない状態で切迫仮死という状態で産んだ。
死ぬか生きるかの状態で。
産んだ後は妊娠中毒症が酷く、次は子供が産めないと主治医に言われた
借金のこともあって体を壊したのもあり自分は納得できない


主人の友達で女性が従業員として入ってきた
その人が何でも出来る人で、奥さんがやる事までやってくる。

加藤:具体的には?
相談者:私が朝ご飯を作っても、目の前で自分の作った方がおいしいでしょ、みたいな感じで
主人がどこか遠くの展示会があるから夜行バスで見に行くといったら一緒に見に行く

加藤:この従業員の人何歳?
相談者:41歳です

加藤:結婚してるの?
相談者:してません

相談者:来た当初は自宅にも来て、肩がえらい(肩が凝る)というと主人にマッサージをしたりする
私の目の前でそういうことしたり

加藤:あなたの会社というのはどういう?
相談者:上と下で別れている
加藤:下が会社で、上が自宅ね?
相談者:はい

相談者:もう借金で連帯保証人になったのも納得できないし
子供が産めない体になったのも納得できないし
そういう女性がいるのも納得できないし
借金があるからというのもあって今従業員に辞められても困るというのもあって
従業員に怒らないで矛先を私に向ける

加藤:あなたの方に怒りを向ける
相談者:私のやったミスじゃなくても「なんじゃこれは」という言い方

加藤:あなたには非常に不機嫌なのね
相談者:子供のことは嫌いじゃないが、運動会や学芸会に参加しようとはしない

加藤:これかなり酷い状態ですけれども
あなたは本気で別れようとする気持ちはあるわけ?

相談者:それが毎日葛藤なんです
今の状況が我慢しなきゃいけない状況なのか

加藤:あなたの言うとおりであるならば、
我慢しなければならない状況ではない
あなたが我慢している理由は何ですかと訊きたい。

相談者:子供のこともあるし
貯金もほとんどないし
加藤:離婚した時、経済的不安があるということ?
相談者:その不安が大きいですね


加藤:今日の相談はこういう状況の中で
離婚して慰謝料、養育費がもらえるかという相談ですか?
相談者:そうじゃなくて、単なる私が我慢が足りないのか
私が我が儘なのか。


今日はスタジオに弁護士の高中正彦先生がいらっしゃるので伺ってみてください

弁護士 高中正彦

高中:あなたの言葉を聞いていると
子供を産めない体になった私を全然優しい言葉で労ってくれない
というニュアンスがあるんだけど これかなあ?
相談者:そうだと思います
高中:これだろうなあ


なんで旦那があなたに対して 2人目の子供ができなくなった事はちゃんと言ったんでしょ?
相談者:言いました。
高中:なんて言ったのそしたら?
相談者:たまたまお前の体が弱いだけだったかもしれないと
高中:それ慰めの言葉として逆説的な言葉いったんじゃないの
あなたの意に沿うような出て来なかったから、ずっとトラウマになってるんじゃないの?
相談者:そうかもしれません

高中:あなた何人兄弟?
相談者:2人です

高中:うーんとお兄ちゃん?
相談者:お兄ちゃんです
高中:お兄ちゃんがいるの

あなたのご両親はサラリーマンじゃない?
相談者:そうです

高中:嫁ぎ先の旦那は実業家の息子でしょ
相談者:旦那の親父が一代で築き上げた会社じゃない?
その跡取りだろ

借金ていうけど連帯保証の金額はいくら?
相談者:3000万くらいです
高中:億はいってないんだろ?

保証人になってハンコついて、あなたにありがとうの一言もないというけど
保証人になって会社がつぶれてあなたのところに請求きてないでしょ
あなたに実害はない、あなたに対してお礼の言葉がないのが癪なんでしょ。

相談者:何も説明が無いんです

高中:むこうからしてみたらうちの嫁に来たからハンコくらいつけよって発想だろうなあ

女性従業員て話だけど、失礼な表現だけど女性従業員て単なるおばさん?
相談者:いや、おばさんではないです。主人と同い年です
高中:それは分かってるんだけど、
だから妖艶な女かって訊いてるんだけど
相談者:あー、もう、男みたいな人です
高中:そうでしょう


よく会社にはこういうバリバリおばさんがいる
仕事もやって経理もできるし
それが図々しく家の中に入ってきてるからあなた猛烈に頭に来てるんだよ
私の家の中に入ってこないでよ
マッサージも頭に来るし。
人の旦那持っていくんじゃないわよ
私の世界よ。

こんな感じじゃない?
相談者:本当にそうです

高中:そうだろう
だから最後の質問で我慢しなきゃいけないかアドバイスしてくれと
いう事になったんじゃないの?
相談者:そうです
高中:ねー。


あなたのご両親があなたに対して下の妹だけど
かなり溺愛というか、大切に育てられてないかい?
相談者:よく言われる。
高中:よく言われる?
相談者:大事に育てられてるよね
高中:あ、そう、、、、

多分その行った先が実業家の家だから環境は違うのよ
えらいところいったと思ったでしょ
実業界とサラリーマンの定期的収入がある世界は発想が違う
あなたにとって別世界に行った
恋愛結婚だった
結婚当初大好きだったんでしょ
ところが11歳の子供産んで体壊した時何も言ってくれない
旦那は言ったつもりだけど伝わってなかった、多分

そしてあなたがずっとトラウマになって
10年間でボタンの掛け違えだよ
そうすると女性従業員だってあなたにとって頭にきてしょうがない
その女の人と懇ろになってることはないんでしょ?
男勝りのバリバリおばさんでしょ
そういうことなんだろうよ


銀行から借りて保証人になるのは当たり前という発想、実業界からすると
あなたの育った家庭で人の保証人になるなんて滅多にやることじゃない発想。
初めての体験なんですよ
それに対してお礼がない
ずーっと思い続けてだんだん疎遠になってきて
あなたの思ってる事がずっと悲劇のヒロインなんだよ
こんなに仕事してるのに。
違うかい?
相談者:合ってます。


高中:あってるだろ(笑)
その答えはね、我慢しなきゃならないか、という話だけど
自分でも反省すべき点があると分かってるんでしょ

近頃旦那と話ししてないだろ
相談者:全然してないです
高中:してないだろうなあ
かといって別れるまででもないねえ。

もう一回やり直してみなよ
別れるのはいつでもできるよ

男って意外と言葉に出せない奴がいるんだよ
ちょっと期待しすぎだぞ
相談者:そうですね・・・・。


高中:我慢しなければならないか、と言われれば
私はその部分に関しては 我慢しなければならないと思います
法律論はここでは言わない

もう一回 ご主人との関係を、
11歳の男の子さん、可愛いんだろ?
この男の子を中心にしてあなたと旦那の関係を
少しずつ毎日1mmでも1cmでもいいから
急激に戻らないから
少しずつ戻していって
5年後10年後口もきかなくても言いたいことが分かる関係になってるかもしれないよ

加藤先生に代わりましょう

加藤:彼の側からすると 良い悪いは別にして
これ安定してるんですよ
彼 非常に幼稚だから
女性が2人いていいんですよ

あなたの側からすると耐えられない

ボクの予想は、
私の我が儘だと我慢しようとすると
何年後かにものすごい憂鬱、うつになると思う。

こういう考え方あなたできる?
高中先生おっしゃるように
とにかく一旦がんばってみる
だけどあなたがどんどん気力がなくなり、心身ともにやつれてきたときは
うつになる前に 家を出る。

相談者:出るですね・・・
加藤:どうですか

高中:ひとついいかしら
未知のゾーンですが
離婚に対する不安をものすごくあなたは感じている。
こわいでしょ。

だけど私みたいに仕事してると
離婚していった女性のその後に接することある
わんわん泣いていた女性が元気になっちゃってるんですよ

あなたには あなたに愛情注いでくれた両親、お兄さん
あなたを守ってくれる人がいますよ
そこは不安に思う必要ない
我慢に我慢を重ねて鬱病になってぼろぼろになって
そこから加藤先生が言うようにそこから物事はじめて離婚かしら、
と思うのはやめたほうがいい

物事は決断ね、適時にしてください
ひたすら耐えなさいという主旨ではない
もう一回ワンチャンスを考えてみて
それでもダメだったら決断しなさいよ
道は開けます

まとめ
納得していない労働は軽い労働は辛く感じます
納得している労働は重労働でもそれほど辛くありません。
[PR]



by telejin | 2010-09-30 12:42 | 離婚

2010年9月29日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 今井通子

相談者61歳女性独身
母親89歳(相談者と同居)

妹58歳既婚
妹の娘35歳既婚
妹の主人40歳くらい
妹の娘に子供は1人生まれた、最近。

相談者61歳女性の兄弟=兄、妹2人(58歳の妹と、もうひとり別の妹)


相談者:相談者母親の貯金を妹の娘が無断で引き出して使った
今井:あら、妹さんおいくつ?
相談者:58です
今井:妹さんのお嬢さんが、ってことですよね。
お嬢さんおいくつ?
相談者:35歳です
今井:結婚してらっしゃるの?
相談者:してます。
今井:そのご主人はいくつ?
相談者:40そこそこ
今井:そのお二人にはお子さんは?
相談者:つい最近1人生まれたばかり

今井:その姪御さんがあなたのお母さんの貯金を無断でいくらくらい使いました?
相談者:117万です
今井:使い道は?
相談者:全くわかりません


今井:あなたは母親と同居されてるわけですよね
妹さんは
相談者:近くに住んでいます

今井:あなたご主人は?
相談者:いません

今井:妹さんはご主人は?
相談者:います

今井:妹さんのお子さんは?使い込みをしたお嬢さんと、あとは?
相談者:上がひとり女、男性がひとり、全部で3人

今井:お母様の貯金を無断で使える立場にあったわけ?
相談者:そういう訳ではないが母親に認知症がはいってきたので
自分で分かる場所に通帳と印鑑をおいていた
それを姪がちょこちょこ出入りしていたのでその場所を知っていた可能性がある


母親は相談者と一緒に同居
相談者は昼間勤めに出ているのでその居ない間に来ていたらしい
今井:お母様にそのことをお聞きになったの?
相談者:いえ、そうじゃないです
通帳が無い、という騒ぎをしはじめて
ひとつの金融機関で引き出されていたし、
もうひとつの金融機関は全く知らないうちに引き出されていた

今井:通帳一冊じゃないのね?
相談者:2冊です。
今井:それが別々に全額で117万引き出されていたのね。それが何日前?
相談者:今年の初めに気がついた
ひとつの金融機関は 通帳印鑑なくなっていた
再発行やら支払い請求などいろいろしてみてわかった

今井:それで今日のご相談は。
相談者:確実に姪が引き出したという確証は無いが
書体、年格好をひとつの金融機関に訊いてみるとそっくり
免許証の番号を書いた控えがあるのだが、確認するには警察いかないといけない
調べてはいないが私の中では確実だと思ってる。

そのことを妹と姪に話しをしたらいいかずっと迷っていた

妹と同じところで仕事してるので言って気まずくなると
仕事が出来なくなると、自分の生活があるので悩んでいる
言った方がいいのか言わない方がいいのか
もっといい方法があるのか

今井:そうすると確証はないのね?
相談者:はい

今井:たとえば同じくらいの年格好の誰か他の人も考えられるということ?
相談者:そうではない

ひとつの金融機関では行員の方が少なく毎回同じ人でした、と言われている
おばあちゃんに頼まれておろしにきたと

今井:あなたのお母さんにはそんなこと知らないと言ってるんでしょ?
相談者:母親にはきいてないけど、母には金を使う必要が全くない

今井:ただ姪御さんが世話してくれたんなら、おばあちゃんとしてお小遣い上げる意味で
この通帳でいくら出しておいでと言ってる可能性が無いとはいえないわけでしょ。
相談者:絶対その可能性はありません

今井:絶対無いんですか?
相談者:絶対にありません

今井:勝手に引き出した確証は?
相談者:姪はいろいろなところからお金を借りていた。私も貸している


今井:あなたが自身貸してる金額は?
相談者:67万貸していて、先日10万かえってきた
まだ57万のこってる

今井:あなたのご兄弟は?
相談者:兄ひとりと妹2人です
今井:お兄さんや妹さんに相談できる可能性は?
相談者:なしです
今井:なんで?
相談者:あまり話したくないです。相談したくもないです
今井:そうですか。かなり難しい問題ですが

今日はこころについてのエッセイストでいらっしゃいます、マドモアゼル・愛先生がいらっしゃいますので伺ってみたいと思います。

回答者 マドモアゼル・愛

マドモアゼル・愛:今のお話で私はどうしたらいいのでしょうか?というお尋ねですが
こちらが逆に質問してどうしたらいいですかと尋ねたい


こういう問題をどう解決したいかは人によって
人生観も価値観も違うわけですよね

どうも曲がったことは嫌いだから、後々の人間関係は関係なく、
すっきり納めたい人はそういう解決すればいいし
元々の妹さん姪御さんとの関係に不信感があり
これを機に相談してわだかまりを解消したいなら
そういう方法がある

あなたの人生観に関わってくる
そこであなたも考え方、生き方、人生観を試されている

マドモアゼル・愛:お母さんはこの事件をご存じですよね
相談者:全く知りません

マドモアゼル・愛通帳が無いということだけはお母さんが気がついたわけだ
これはあくまでお母さんのお金なんだよね。
その認識を改めておいてあげた方がいいような気がする。

あなたがいくら姪御さんがやったっていったって
ボクもなんとなくそうかなと思うものの、
姪「おばあちゃんがくれたもん」「いいよっていったもん」と言ったらどうするの?

相談者:多分、姪は「私は知らない」と言うと思う。

マドモアゼル・愛:でもおろした確証があるわけで
そうなると警察いかないといけないので、
姪御だったらもし後で大変なことになるから
違うよね?おろした人の確認してもいい?
と言わざるを得ないでしょ
そうやってやろうと思えばできるのよ。


もうひとつ気になるのは
姪御さんとおばあちゃんの関係は?
相談者:ちょくちょく来る関係?
マドモアゼル・愛:何か優しくしていた面はあったのかしら
相談者:あったと思います
姪が時々きて、おばあちゃんおばあちゃんといっていたので
多分、孫の中で一番うちに来ていた
マドモアゼル・愛:優しいところあるんだよね

おばあちゃんが本当に姪にお金をあげたいなら話しがまた違ってくる
相談者:ハッキリいって姪にお金をあげようというおばあちゃんではない。

マドモアゼル・愛:あなたも優しくお金貸してるし、
返してくれたということは相手も返す気があるんだよね

相談者:私に借りたのは妹も承知の上のお金
祖母から引き出したのは妹は承知してない

それで私もどうしたものかと。
それを話して妹に承知してもらったらいいのかどうか。
マドモアゼル・愛:それはぼくらも分からない


まず犯人といっちゃ悪いけど
姪御さんが引き出したことを確認しないといけない
勝手にやった事かどうかを確認しないといけない
そういうプロセスを後の人間関係壊れないような形でまとめる力量も問われる
具体的に妹の仕事と関係してるので場合によっては不利益も被るかもしれない
おばあちゃんの金にクレーム出すならこちらも今後、
おばあちゃんのお金に対して明解なことを示さないといけない
そういう事全て必要になってくるじゃない。
その上でどうしたらいいかを考えたらいい。

相談者:あ、はい、、、わかりました

今井:おわかりいただけましたか。

そもそもあなたがおばあちゃんの通帳とハンコをもっていて
おばあちゃんの生活費を工面してることは皆さん了承してるの?
相談者:それはもう、してます
今井:さっきちょっと伺ったらあなたと他のご兄弟は相当仲悪そうじゃない
お兄さんたちにも話したくないし、妹さんたちにも話したくないっていうんだから
相談者:兄に対してはいい感情を持ってないので話したくない

今井:姪がいる方じゃない、もう一人の妹さんに対しては?
相談者:その妹に関しては話をしたりしますけど
お金の面でちらっといったときに 兄とはいざこざがあったらしく
そのことでいざこざを起こしたくない、私ノータッチといっていた

今井:かなりそういう所 兄弟なのに気を遣わないとならない兄弟らしい
相談者:そういうところありますね

今井:たとえば遺産相続になったときに
おばあちゃんが使ったと思えないお金が消えてることが実際には問題になる可能性がある
その場合お姉さんの管理が悪いのよ、といわれるんじゃない?

相談者:それは無いと思います
今井:うふふふ
相談者:私が管理してなくて、母自身が通帳をもっていた時なので
今井:ということは、あなた自身が悩む事は本当は無いんだわ。ですよね
相談者:そういう事かしらね

マドモアゼル・愛:立派なのは今後はそういう事が起きないように通帳をちゃんと管理して
ということになったから、それはよかったと思うんです

今井:あなたがおばあちゃんのために117万を追求しようと思わなければ
今後の対策はもう済んでる訳だから、今後は大丈夫かもしれないけれど
相談者:ああ、そうですね。
そこまで思いつきませんでした
今井:それから先は愛せんせいがおっしゃったようにあなたがどう考えるかによって
その手法を見いだされればいいんじゃないですか

何を中心におくか。
家族同士を揉めないほうがいいわ、中心において下の妹さんのように私には関係ないともいえるし、
もう一回お考えになったほうが。

相談者:そうですね、分かりました
ずっと思い続けて、そこまで思いつきませんでした
マドモアゼル・愛:あなたが一人で見てるわけだからいろんな意味での責任感感じちゃいますよね

今井:いかがですかそんなところで
相談者:わかりました 何かすっきりしました。
今井:はい、どうも。

放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
今日水曜日、午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
おかけ間違いの無いようにお願いします
[PR]



by telejin | 2010-09-29 11:16 | 家族関係

2010年9月28日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 児玉清

相談者41歳男性リストラ現在無職
父、今年他界
母、既に他界
一人暮らし
相談者の姉47歳
相談者の兄、14年前に他界したが子供が2人いる。

児玉:今日のご相談は
相談者:兄弟がらみの父が亡くなったことの遺産相続の件になります。


児玉:ご兄弟は
相談者:長女
真ん中の兄=長男14年前に他界したが元嫁がいて
兄が亡くなる2年前に離婚
児玉:今その女性はお一人ですか?
相談者:元嫁がひとりかどうか不明
兄が他界してから一切会っていないので。

児玉:どういう問題が
相談者:家のローンをずっと払ってきている
二世帯ローンということで
児玉:どのくらいの金額ですか
相談者:およそ1400万円です
ローンは完済しております
私自身が転職を繰り返してだいぶ父に迷惑をかけた
姉がそんな私をみかねて父の面倒をみる、とけれども
その代わり条件がありお父さんの通帳と印鑑を渡して欲しい

児玉:うふふふ。失礼ですけどどのくらいの金額があったんですか
相談者:約900万くらい
児玉:通帳どうなさったの
相談者:なんの疑いもなく渡しました
そこから口論になりまして
兄弟げんかをして
最終的に返して貰った
児玉:その900万を?
相談者:通帳です

相談者:それっきり兄弟関係は悪くなりました
児玉:その返して貰った通帳は900万あったの?
相談者:数十万つかっただけで、残っておりました


児玉:問題の争点といいますが、ご相談の内容に触れていただけますか
相談者:父が亡くなったので預貯金等の生保もありますので
残された遺産を兄弟で分けることになると思う
返して貰った通帳等を姉に向かって
「あんたそれ使うつもりだろ」感じで私自身が言ってしまった
私自身が若干、父の金に手をつけてしまったので
父が亡くなった今、激しい追求を受けてる

児玉:若干とおっしゃったけど通帳のお金が減っていたということ?
相談者:生活費等につかった。
児玉:あなたがね。どのくらいになったの?
相談者:約300万くらい減ってることになります。


児玉:全部でお父様の遺産はどのくらいあるんですか
相談者:一切合切含めると全部で2000万くらいになると思います
児玉:お姉さんはその額は承知してるわけですよね
相談者:承知してるが家に関しては私はいらないといってる
児玉:家はいらないと
相談者:預貯金に関してだけ主張してる
それは渡すつもりでいるのでいいが、
問題は亡くなった兄のお嫁さん

児玉:それが今日のご相談ですか
相談者:最も一番相談に乗っていただきたいのがそれです
児玉:ああ、そうですか。ははははは
相談者:すいません
児玉:いえいえとんでもない、いやいやいや。

具体的な事でお話いただけます?
あなたがご相談なさりたいことは
亡くなられたお兄様の元嫁にたいする財産分与ですか
相談者:はい そういうことになります

相談者:姉は承知すると思うんですが
嫁さんは兄が亡くなってから全く接していないし
子供2人いるし成人してる


児玉:お父様が遺書を残されていたの?
相談者:それが全くないんです

児玉:私はそういうことに詳しくないので
ですけれども法律が着々と決まってることでしょうし
実はこちらに弁護士でいらっしゃる志賀こず江先生がいらっしゃるので

これ先生、こういうのは決まってることなんでしょう?

弁護士 志賀こず江

志賀:客観的に粛々とすればそんなに難しくない
お父様いま確認されたが遺書は、いわゆる遺言状なかったんですね
お母様はなくなられているんですか?
相談者:はい、他界しております

志賀:そうすると
お父様、
47歳の長女
亡くなられたあなたのお兄さん、その方にはお子さんが2人
そしてあなた。
ご兄弟が3人ということですね。

そうすると、お父様亡くなられて相続人は
お姉さん
亡くなられた兄の子供2人
あなた
ということになります。

お兄さんが生きていらしたらと仮定して相続分を計算しますので
お姉さん1/3
亡くなられたお兄さんがご存命と仮定して1/3
あなた1/3

1/3の分をお兄さんの子供は2人が半分ずつわける。
1/3.1/3.1/6*2が全体。

離婚された義理のお姉さんに相続権はありませんから
このお姉さんのことはもう、無視。


相談者:それは私も存じております
ですけども必ず入れ知恵をもらうと思うんですよ
志賀:だから入れ知恵を云々とか文句をいうとか
もう法律的に相続権が無いといって度外視できることですから。


あなたが今、大事なことは
お父様が残された財産を
相続権のある人できちんと分ける
それが大事なわけですから

相談者:つまり取られるということですね
私からすると取られると感じるんですけれども
志賀:どうしてですか????(仰天する)


志賀:だからね、これから順序立ててお話しますから
児玉:うふふふ、、、、


志賀:まず遺産相続できるひとはこの4人ですよということを
まず確認してください
相談者:はい、確認しました

志賀:次にお父様が残されたいわゆる遺産相続の対象は
さっきからおうちがおうちがとおっしゃってるんですが
土地付き一戸建てですか?
相談者:そうです

志賀:土地の名義は?
父になっております

志賀:建物の名義は
父です

志賀:あなたとしては1400万くらいのローンをあなたが負担して払ったということですが
確かにあなたが払った証拠ありますか?
相談者:はっきりと確かなものないです
志賀:要するにあなたの口座から振り込んだとか
相談者:現金を父に渡していた
平成8年にローンを一度だけ組み替えして
父と私でサインしてるそれが若干証拠にはなるかと
志賀:なるほどね

志賀:もともとローンの債務者として書面に名前をのっていたのは
2人なのか平成8年以降2人なのかどちらですか
相談者:平成8年以降です

志賀:もうひとつ問題なのは確かにローンは払っていたのですが
お父さんの面倒にみてもらっていた。
そういう状況はありましたか?
相談者:少しはあったかもしれません。

なんでそういう事をお訊きするかというと、
おねえさんとか亡くなられたお兄さんのお子さんたちとか
本当にきちんと寸分の隙もなく分けましょうよというと
ローンを払っていたかもしれないけど
その間、あなたはお父さんがあなたの生活の面倒みていたので
ある意味生活費を贈与されていたとも言われかねない
児玉:うふふふ
志賀:そういう事も出てくる可能性はある


志賀:もともと900万あったと仮定する
全部で2000万とすると不動産が1100万の価値ということですか
それとも1400万の価値ですか?
相談者:土地と家屋を合わせて1000万きるくらい

志賀:そうすると不動産と本来あったはずの900万
これが相続対象の財産となってそのうち
あなたが家のためにどのくらい貢献していたかはっきり証明できるか
逆に生活の面倒みてもらったと反論されるか
その辺のところが相続財産が誰がいくらもらえるかという話の前提になる

相談者:ということは簡単なようで簡単でない
志賀:そうですね


志賀:お姉様がうちはいらない、残り600万でいいというなら
お姉様はそれで話つくかもしれないが
総額2000万を3で割ると
だいたい一人600万ちょっと

残った不動産を評価して甥御姪御と2人と話しなきゃいけないので
あんまり簡単に話のつくことではない
相談者:やはりそうですか
志賀:ええ

志賀:こういう状況でましてや 元嫁が相当何かおっしゃりそうだとあなたが思うなら
こういう遺産分割協議書をつくりました、
子供2人にハンコおしてください、と彼らがそれより大きい金額が
もらえると彼らが思うならハンコ押さないですから
児玉:そうだよね(つぶやく)

相談者:貰えるものはもらってしまおうという事ですよね
志賀:それは当然ですよ
それが悪いとも言えないですしね
児玉:言えないね(つぶやき)

志賀:お兄さんが生きていれば1/3の権利がある
話がつきそうにないなら遺産分割協議の調停を申し立てる
協議ができないならいつまでたってもこの土地建物はお父様の名義で
残った金も誰も自由につかえないということになりますから

児玉:お話伺っていてあなたが一生懸命
ご自分の気持ちで抵抗してる部分はこっちに伝わってきました

なるべくうまくおさまるように
としか言いようが無いということになりますが

相談者:はい、わかりました。どうもありがとうございました。
児玉:はい、こちらこそ
相談者:失礼します
児玉:はいどうもです

放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
今日火曜日、明日水曜日、午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします
[PR]



by telejin | 2010-09-28 11:16 | 遺産相続

2010年9月27日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者33歳男性既婚
妻31歳
長男9歳 次男7歳 三男5歳 四男3歳
24歳の時に結婚

相談者:男が4人います
加藤:4人!はいがんばってますねえ
相談者:上から9,7,5,3
加藤:あなた何歳の時に結婚してるの。
相談者:24とかくらいですね。
加藤:それで今日の相談は

相談者:自分にちょっと好きな人ができちゃいまして
加藤:はあ。相手は何歳ですか?
相談者:36歳です。その人は一応結婚してました、今は確実ではないが
離婚届けを一応出したといってるけど
普通の会話の中でおかしいなという部分があったので


加藤:あなたがこの36歳の女性が好きなったことを奥さんはもう知ってるの?
相談者:もう言ってあって、別居もしてる半年くらい
加藤:半年。。。かなり前からですね
相談者:半ば出てきちゃった形でアパートを借りて
彼女も離婚する前に出てきて
加藤:同棲してるの?
相談者:同棲してます


相談者:夢が小さい頃から自分の部屋とかおうちにすごい執着があった、ボクは
公団で家族4人でくらしていたので
人のうちに行けば部屋があってうらやましいなと

そういう気持ちが人一倍あって
働いてやっと家を買えたんですけど

加藤:ローンを組んでかったの
相談者:家は買いました
加藤:そこに男の子4人と奥さんが今住んでるの
相談者:はい。ただその矢先に今の彼女と出会った

加藤:どこで出会ったの?
相談者:仕事中で仕事先で
2年くらいおつきあいさせてもらって
半年くらい一緒に暮らそうとなって今にいたってる

加藤:あなた育つ過程で非常に家が寂しかった
相談者:自分の身内のもので怪我して寝たきりがいて、
親はつきっきりの病院通いきりで
中学から高校まではひとりでいることが多かった
友達は多く寂しさは感じなかったですけど
加藤:そうですか・・・。

加藤:で、今の女性、同棲してる女性。
これ年上ということに惹かれていない?
相談者:それはあると思います
家族といるときは父親として皆を支えていくプレッシャーとか
加藤:そりゃそうですよ4人の男の子が33歳でいたら
相談者:そんなこといってられないんですけど
今日は正直に言いたいんですけど
結構無理してたところあって


加藤:24歳の時に結婚したのも
何かそういう結びつき欲しかったじゃないのかなあ?
相談者:結婚には随分拘っていたと思います
加藤:あなたには相当こころの葛藤があった36歳を好きになっていくプロセスで
相談者:ありました
加藤:36歳には甘えられるわけ?
相談者:すごく甘えるし甘えられます
程よく、すごく波長が合うというか
自分がそう思った時に甘えてくれたり、
自分が泣き言を言いたい時に、、、


加藤:つまりあなたの望む通りに期待通りに動いてるってことでしょ
相談者:そういう時もいっぱいあります
加藤:ですよね?

加藤:で今日のあなたの相談というのは
相談者:今現在は彼女のパートと借金で暮らしてるような状態
家には自分の給料を全て入れてる
子供たちを路頭に迷わせたくないので
でもそれももう続かなくなってきたので
加藤:続かなくなってきたっていうのは36歳の女性の
お金では2人で暮らしていくのが続かなくなってきたということ?

相談者:はい。で離婚て形なったら給料折半するとしても
子供たちが心配なんです、お金の面で。すごく
でもそっちを取ってしまえば今の彼女を失うことになる
加藤:迷っているということですね
はい、分かりました

今日は幼児教育研究家で作家の大原敬子先生、ちょっとお風邪をめしてるので声がかすれるかもしれませんけれども

回答者 大原敬子

大原:あなたいまどうにもならない蜘蛛の巣に引っかかったんじゃないの
一見表面的に置いてきた子供とかきれい事言ってますが、
どっちもダメなんじゃないの?

というのはね あなたは愛を知らないんですよ
あのね、両方とも女性が強引にリードしたんじゃないの?あなた。

というのはね、
4人の子供の奥さんは絶対別れないですよ
今度はもう一人の恋人いますね。意地になっても離れないですよ
どういうことかというと、あなたは正体不明の人を好きになってるの。

この奥さんは非常に計算的に子供つくった。
この恋人、離婚してくれるか分からないでしょ
相談者:それが旦那さんが 離婚届けを出しにいったんですけど
出してないんじゃないかという話・・・・
大原:ね、この女性に引っかかったの。
気づいて欲しいの
いいのよ、今後どうなるか。
人間ていうのは愛する能力ない人っていうのは
こうして次から次へと騙されて
そして絶対あなたから離れないんです。
あなたは自分でこの家つくったくらい能力あるんですよ。
あなたから離れていかないから。

あなたどうなるかというと、また違う人がいい言葉をいいますね
そしてあなたの安らぎになりますよ、きっと
あなたは全てが形だけ
表面だけのものに拘って生きてる
相談者:はぁ。そうかもしれないですね


大原:奥さんはとおに知ってるあなたの気持ちは
だから4人産んだんですよ。
絶対に離れない

あなたは働いたものを奥さんに払い
そして愛人にも払う事になりますよ。
そして安らぎが無くなるわけ。

すごく心配なんです
現実の中でひとつも生きてない
全てが言葉だけのもの
子供が4人居るという事実

相談者:それは分かるんです
大原:分かるでしょ
相談者:なんかね、ほんと取り繕って生きてきたから形だけとか

大原:だから全部言葉であなたが喜ぶこと、
それからあなたが男として見てくれる事を知ってる
終生離れない、これは。

あなたが半年間といいましたね、今付き合ってる女性は
あなたが4人の子供のうちに帰れないように追いやっておいて
今、生活の金銭的圧迫があるんです
今から戻れないです
そういう女性36歳です
この女性はお金を出さないですこれからは

なんか分からないけれどもボクどっちにいっても
だんだん安らぎが無くなってきて
どうなっちゃうのかな、ってことじゃないの??
相談者:そうですね。
大原:違います?
相談者:なんていっていいのかほんと、言葉に出来ないんですけど
大原:あなたね、全部女性があなたのコンプレックスを癒すことを全部言ったんですよ。
愛を知らない人はこうなっちゃうの。
そしてあなたそこで癒されたと思うんだけど
毒蜘蛛だったの・・・。

相談者:ああ・・・。

大原:ただあなたが力さえ無ければこんな女性来なかった
33歳で家を建てるとはすごいことですよ。

じゃあ次いきますけど
この2人、家も恋人も捨てられる?今

相談者:あ、ボクですか?
大原:うん

相談者:うーん・・・・彼女がもし
大原:彼女どっち?
相談者:つきあってる36歳ほう
もし離婚してる場合、彼女が戻るところはないし

大原:それ嘘よ。
あなた、嘘ですよ、彼女。
離婚したら、したとはっきり言う。

あなたはこれだけ家を犠牲にしてきたんですよ
お人好しっていうかバカっていうか

相手が離婚したかどうか分からないって
そんな不安定な人は変だと思わない?
あなたおかしいと思わない?
あなたにも冷たい心があるんです

一時こころが癒されればいいというあなたの無責任さがあるですよ実は

相談者:それはあったかもしれない
大原:ね、そうでしょう

あなたがこの女性本当に好きで
別れられないというならば、相手に離婚したかどうかきくでしょ
曖昧ですもの。
曖昧ってことはあなたはどこかで事実を聞きたくないんです
聞いたあとはまずいから


相談者:それはあるかもしれない、離婚完全にしたのも正直いって怖いし
大原:ほら!
相談者:できれば彼女にもボクにも逃げ道あったほうが・・・
大原:ならあなたはこの女性と一緒に生活しないことですよ。
あなたひとりになることよね
その時に両方の女性の本質・本心がわかる
両方ともこの女性、あなたと同じように狡さを考えてる人
あなたと同じだから一緒にいられる。
じゃない?


相談者:そうですね。そうですね。うちの親もいってました
大原:そうなんだ
相談者:でも分からないっていうか

大原:36歳と別れた時に奥さんはすごく強くなる
前の奥さんとは変わってると思いますよ

今日学ぶことはあなたみたいに愛を知らない人が
女性はいかに 怖いことかを学んだほうがいいんじゃないの?

ひとりになること
とにかくひとりになることを私は勧めます。

そのときに声をからした大原がいっていた、36歳の本質、妻の本質が絶対みえます
先生いかがでしょう。

加藤:はい、36歳の女性の説明、大原先生の説明に加えれば
傲慢な女性ですね

相談者:はぁ、そうですね
加藤:つまりあなたはね 傲慢な女性に無防備なんです
相談者:あぁ、たしかに初めてですねそういう女性が

加藤:だからこれだけ周りの人の正体も分かったし
自分の正体も分かった
ただもう自ずと自分が歩く道は見えたでしょ

相談者:はぁ、なんとなく
加藤:よろしいでしょうか、はいどうも失礼します。

まとめ
親から愛されなかった人は 傲慢な人に無防備です


放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
明日火曜日、午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします。
[PR]



by telejin | 2010-09-27 11:16 | 浮気・不倫

2010年9月25日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 市川森一

相談者37歳女性
主人45歳
子供10歳

相談者:一年半ほど前に仕事帰りに車の事故に
ひき逃げに主人が遭った
市川:被害者になった


相談者:次の日の夕方くらいには加害者の方が新聞をみられて出頭された
だいぶ考慮されて見えたみたい
それで加害者の方はあまり見えないし、
保険会社の人も見えない
電話を2回くらいきただけ

それで慰謝料のこと、
何も向こうからも返事もないし
誠意がみられないし
その辺どういったものかなと


市川:あの弁護士は立てられましたか?
相談者:立ててないんです
市川:ご主人のお仕事は
相談者:福祉関係です
市川:奥様のお仕事は
相談者:福祉関係です
市川:お二人で

今日は弁護士の志賀こず江 先生がいらっしゃいます
その前に現場の話にもどりますが、

相談者:夜帰宅時に後ろのほうから轢かれた
ちょっとわたろうとしたみたいで
横断歩道のないところ
そのときに轢かれた
市川:怪我はなさらなかった?

相談者:100日くらい完治まで
足首が複雑骨折
入院は一ヶ月半
治療費などは会社帰りということで労災が適応されて
労災が保険会社に代わって支払った

市川:それで事故現場にもどりますが
横断歩道でもないところをご主人がわたろうとしたら
車がやってきてはねた
相談者:そういう形

市川:どっちが悪いと言う問題もまだ解決してないでしょうか?
相談者:まだ何も話が全然
市川:はねたのが分かっていて逃げたんでしょうか
相談者:何か音がしたと警察の方から加害者が言っているときいた
市川:翌日には出頭してるんですよね
相手は男性?
相談者:女性です
住所は個人情報にひっかかるということで教えてもらえない

市川:これどういう解決方法が 順番があると思いますので

弁護士 志賀こず江

こんにちは
志賀:ねえ大変ご心配な目にあいましtね
完治100日ということで
複雑骨折というと元通りは難しいかも
後遺症はどうですか
相談者:今年にはいってから抜釘手術=金属を抜くした
寒い日は痛むという形になってる

志賀:まずそのけがの程度ということで
当然治療のために医者にかかりますよね
そこで症状固定ということをきいたことがあると思うが
完全になおれはそれにこしたことないが
医学上これ以上治療ほどこしてもよくならない
それが症状固定
それがないと金額がきまらない医学的に症状固定になったのかどうか


相談者:主治医より抜釘手術受けたときに完治といわれた
志賀:それはいつごろ
相談者:今年です
志賀:それ以降保険会社から連絡ありませんか?
相談者:こちらから2ヶ月前にこういう書類がありますので
来てくださいという話をしたが
それから一回も来てもらえてない
志賀:あーそうですか

志賀:それはね、ご連絡されたのは担当の人だと思う
保険会社には苦情窓口があるので
担当者にいってらちがあかないなら苦情窓口へいく

もうひとつこれだけの怪我、ひき逃げもあるので
運転手が飲酒していた可能性がある
考えられるのはお酒が抜けてから出頭してくる
そういうこともあって警察は何かいってませんでしたか?

相談者:飲酒運転ではなくて、仕事を遅くまでやってる会社
そこから退社したあとおきたという風に伺ってる
志賀:そうですか時間的に飲酒の可能性はなかったかも
結果的にこの人刑事事件ではどういう処罰うけたんでしょうか
相談者:保険会社の人からきくと裁判になると伺いました

志賀:裁判になるといわば傷害ということになる
要するに怪我の程度が完全に分からないと裁判にできない
そういう意味で刑事事件になってないというところかもしれない
それは警察の方にお聞きになれば分かると思います

まずあなたがなさることとしては
警察の担当だった方にもう一度連絡して
刑事事件がこれからどうなるのかをお聞きになる
保険会社に連絡して何も連絡ないなら苦情処理窓口へ

その後こちらが考えてる慰謝料、
保険でカバーできないなら当然加害者本人に請求することもあり得る。 
それをご本人ないしご家族が交渉するのは難しいので
きちんと細かいデータを持って弁護士に相談を一度されるのは大事だと思います


こういう被害にあわれた電話相談は
お住まいの最寄りの弁護士会がありますので
そこへお電話をなさればどういう相談ルーとがあるかどうか分かる
一度専門家に相談なさったほうがいい
ごたごたするなら一度専門家で交渉したほうがいい


市川:これはひき逃げ、気がつかなかったなんだといって
間違いなくひき逃げですよね
その辺ちょっと被害者としては追求、糾弾していかれるべきでは

志賀:ご主人は仕事には復帰されたんですか
まあホントに骨折にすると天気予報が分かるというくらい
湿気、温度で完全に元には戻らないんですよ
けがが無かった状態に100%戻るということはなく
いままで出来たスポーツができなくなるので
ご主人精神的にめげてるところはないですか?

相談者:傷口が長いくつした履かないと目立つので
悩んでるところもある

市川:この一年半お話伺ってるとご主人の対応
奥様の話しぶり含めて
怒りが足らないような気がする
それはあれですかどこかでご主人は自分もわるかった
というお気持ちがおありでしょうか?

相談者:横断してしまったこと
市川:お酒は?
相談者:飲んでないです
市川:これはそういうちょっと歩道でないところをわたって
自分も悪いんじゃないかとちょっと思いがあると
これは全く不要だと思うんですよ
そういう気持ち、そういうことよりもなによりも
ひき逃げをしたことが最大の罪
ひき逃げをされたという被害者の立場を怒りを込めて
前面に出された方がいいんじゃありませんか

志賀:少なくとも慰謝料、金銭的な賠償については
私も細かい状況がわかりませんので
横断歩道でないところ、本来だったらわたるべきじゃないところ
ご主人にもなんらかの過失があったら
それはそれで評価されるべきこと

あんまりご自分たちに非があったと
気持ちの上でいえないので
怪我をされたということ、
歩行者だった
そこに当然気がつくべきだったのに逃げてしまった
それを考えれば
はるかにはるかに向こうが責任が重い


法律上どういう評価をされるかどうかは別にして
ご主人としてはご自分の非を責めることがあるとしたら
気持ちの上でおやめになったほうがいい

市川:なんとなくご夫婦、福祉関係でご夫婦でやってらっしゃるので
もともとのお気持ちが優しいんですね
その美徳は美徳としてお仕事に生かしていただいて
これはやっぱり志賀先生おっしゃるとおり
ひき逃げの罪を糾弾することが第一義
その被害者の自覚はふまえて
戦っていただきたいです

どうもお大事に。
[PR]



by telejin | 2010-09-25 11:22 | 交通事故

2010年9月24日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 市川森一

相談者51歳女性
主人62歳
長女32歳、長男30歳、次女27歳
子供はそれぞれ独立、長女だけ結婚
次女は彼と同棲中

次女のこと。
次女が電話でいってきた
結婚話のことで話しがある。
結婚式をやりたいが海外でやるつもりだ
場所をある程度考えている
主人がそれをきいてしまったらしく
「海外なら行かない」といったのが次女の耳に入って
次女が腹が立って寂しさの裏返しで泣きじゃくった
なんで出ないんだ、自分が親だったら絶対出たいのに
行かないとはどういうことなんだと。


その後私がメールを入れてお父さんも誤解あるだろうから
一度実家に来てみてと連絡をとって家にきた
小学校からの小さいころの恨み辛みをいろいろ言われた
寂しい思いをさせた。
そのことが原因で私はこういう性格になってしまった。

それは違うよと思うのが半分、主人と私たちの責任が半分
今回はだいぶそういう話でごたごたと揉めて
寂しかったの深さがある
主人も私もよくわかった
今にきて初めて育て方の間違いに気がついた
そのときの悲しみがそういう性格になったんだよ
と言われたので私たち2人が謝ったが
子供は許さないと。
そういう性格でヒステリックになったり
思うようにならないとへそを曲げるような性格になったのは
取り返しつかないことになったという反省の念がいっぱいで
どういう風に接していいか分からなくなった

市川:ところでご主人のお仕事は?
相談者:自営なんです
2人でやっていたものですから子供に手が届かなかった
市川:同棲して何年?
相談者:まだ1年くらいです
市川:まだ1年ですか。
相手の男にも会いたいですね
相談者:会ってます
市川:ご主人の相性はどうですか
相談者:主人と正反対の感じの方。
物足りないかなと主人は思ってる
そこを指摘すると反感を持つ。
そこを主人に認めてあげないと、と言った

相談者:娘の性格しってるから 見つけたなと思った
市川:仕事も大丈夫ですか?
相談者:大丈夫です
市川:何にも言うことないですね
相談者:まだ次女の気持ちが打ち解けてないんですよね
許してくれないんですよね
市川:その辺どうすればいいですかね
専門家にきいてみましょう

回答者 マドモアゼル・愛

マドモアゼル・愛:人間は幸せな時文句はいわない
何かに行き詰まってる感じがする
自分に解決できない問題にぶつかった時に
育て方が悪いとか
こうやって不幸だったからとか
そういうケースがほとんど。

何かあると自分がいやになる、といってる
きっかけは海外に行かないという事だったけれども
結婚のことで彼女が孤独に感じてることがあるのでしょう
不安がなければ、こういう風にはならない

お父さんが海外に行かないという意味は
勝手に同棲して家を抜け出して男親として面白くない
主人が昔の人なんで 順序立てて男性が話ししてくれれば
面白くないんだよね。
許す許さないことよりも彼女の心理的状況をきいてあげれば
いいんじゃかな
許す許さないのレベルまで何故話しもっていった、ってことだよね
心配が無ければそうはならない、許せるわけだから

だからお父さんも心配して反対してたんだよね
反対はしていたんですよ
同棲はじめるときに、いいよと。
負い目もあるんだよね、お嬢さんも
電話越しに聞こえた声に即反応なんてしないもの。
お父さんが面白くないって事は知ってる。

許してくれないってことはどういうことかというと、
納得いくまで関わり持ちたいってことですよ
親を捨てるってことじゃない

そりゃ、縁を切りたいようなこともいうよ
その辺、真に受けたらだめだよ
そう言わざるを得ない娘の気持ち
基本的に受け止める立場で親がいたほうがいい
そのときは出来なかったわけだから、いらついていた訳ですよ

今も同じなのですよその構造は
だっていらつくじゃない、
許さないって言えば 謝るっていうのはこころが無い反応じゃない。

何か親は自分をしっかり受け止めてくれて
まず黙って聞いてくれて
それだけで7割は機嫌がよくなって
解決していく。

そういうだと思うんですよ
傷が深くて根が深いと
だから聞いてないんですよお母さんが。

どんと受け止められないんですよ
あーわるかってね、って謝って
相談者:要するに軽いってことですか?
マドモアゼル・愛:軽いよ、そういったら失礼かもしれないけど
ちゃんと安心して自分の子供を受け止めてくれているという安心感を子供は抱けない
だから話すとこじれるんだよ

相談者:あーそうですか
思ったんですよ、私もこの子のいままでの反省があるもんだから
気を遣って相手と話すけど、
マドモアゼル・愛:誰が?お母さんが?
相談者:そう、これをいうとばーっとくるなと思うとひいてみたり

マドモアゼル・愛:そこらへんが
相談者:まずいの?
マドモアゼル・愛:子供が面白くない
なんで面白くないか分かる?
相談者:本音で話してないからですか?
マドモアゼル・愛:だって親は本音で話してないし、逃げ場探してるんだもん

だからこういう気持ちになるといいよ
娘が怒ってきた
黙って聞いてあげる
それで気が済まないなら首しめていいよ
くらいの気持ちになれば子供ははっと気づくよ

相談者:私も一度全部悪かったごめんねといったら
後からメールがきて言い過ぎたと

マドモアゼル・愛:そういうことですよ
何も言わないでそうだったんだ、とまず聞いてあげるところまできたんだから
初めて家を抜けてこの同棲の一年間がお父さんにとっては不埒な一年間かもしれないけど
お嬢さんにとっては知らないことを知ることで見えてきた
文句は文句、愛情は愛情として大人として処理していきたい
最後のプロセスにきてるんですよ


あのときはそうだったという小手先だけの反応じゃなくて
きいてあげる
ぶたれそうになったらぶたれる
口を挟まない
本気で真剣に聞いてあげる
耳と体と目と
そうすると納得するじゃない


聞くだけじゃないと納得しない
相談者:わかります、そうなんです
ちょこっと何か言うと向かってくる
マドモアゼル・愛:それはお母さんの問題
受け止められない

そこは娘さんが被害者だっていう以上は
どういう被害だったか関心をもって
ここにいるのに関心を向けなかったと
感情の上で処理できない
仕事が忙しいとわかっている。

お嬢さんとしても最後の甘え
お父さんお母さん最後の甘えです
すっきりした気持ちでお嫁にいきたいし
違うかたちでお父さんお母さんを愛することができます
その気持ちを大事にしてあげましょうよ
それにはまずきいてあげましょうよ

ちょっと言いたいことは抑えて
それは受け止める愛情だと思って
あっという間に解決しますよ


市川:いや、お話きいていていいお母さんですよ
大丈夫ですお幸せに。
[PR]



by telejin | 2010-09-24 11:58 | 家族関係

2010年9月23日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者45歳女性既婚
主人45歳
長男20歳大学生 長女17歳高校3年生(2人とも相談者女性の連れ子)
の4人家族。

参考:主人の前妻と子(長女25歳、長男21歳結婚)は別に住んでいる


一年前に再婚同士で結婚した。
加藤:20歳のお子さんと17歳の子は両方とも相談者の連れ子
相談者:再婚時、主人の前妻の子は長女25歳、長男21歳結婚
加藤:別に住んでいる訳ですよね、それで?

相談者:前妻が主人名義のカードローンをつかいこんで
返済が滞ってブラックリストにうちの主人が載ってしまった

加藤:ブラックリストに載ったのはどうしてわかった?
借りに行ったら言われた?
相談者:そうです住宅ローンを組もうと思いまして
くめなかったものですから何故だろうとおもってCICに
調べたらそれが載ってたものですから
自分には身に覚えがないので何故だろうと思い
前妻に問いただしたら前妻がそのように認めました


#CIC=Credit Information Center.クレジットカードの信用情報機関。
延滞、滞納などをするとブラックリストに載る。
通例ブラックリストに載ってから外されるまでは5年かかる
ブラックリストに載ると、カードが作れないローンが組めないなど
経済活動が制限される。

加藤:前妻が使い込んだ額は
相談者:12,3年前は130万ほど
加藤:130万が返済されていない?
相談者:残りの30万が返済されてなくて残っていた
現在は30万が残っていましたので
それはその事件で分かった時に 主人が返済を済ませた
加藤:ご主人が返したということですね

加藤:ボクはよく分からないんですけど、
返済してもブラックリストからは消えない?
相談者:返済した日付から5年間は消えないと言われた
加藤:あーなるほど
ご主人と前妻は話をしていたんですよね?
前妻はなんで使い込んだ?
相談者:詳しいことは言わないが、生活費だの、というのは聞いてます

加藤:今日の相談は前妻が使ったカードが共同名義なっていた?
相談者:違います。主人名義を離婚後も前妻が黙って使っていた
加藤:あーそうですか そうするとご主人は自分のカードを悪用された
離婚するときに奥さんが持ったままで離婚したと。
相談者:主人は手元にもないし、一度も使ったことない

加藤:カードが手持ちじゃなかったら不安じゃなかったですか、ご主人?
相談者:カード作った当時、離婚するかどうか 揉めていて
うちの主人も申込書に書いた記憶があるかないか定かじゃないと言っている
加藤:カードを作ったことすらも、ご主人は
相談者:ちょっと覚えが無いらしいんですが
前妻に言わせると いや、あなたが書いたわよといってる
それは認めないといけないなという形

加藤:そのカードで前の奥さんはドンドン借りていったと
相談者:離婚後につかっていました
加藤:それで長い事、返済しないのでブラックにのってしまったと

加藤:今日の相談は
相談者:ブラックになって5年間はローン組めない、保証人になれない
うちも子供の進学がある。奨学金など主人の名前だと無理ですし
住宅ローン組みたいと思って今までがんばってきたのだがそれも難しい
腑に落ちないものですから


加藤:こういうリストに載ってしまうと経済活動に支障が出る
相談者:一度 クレジット会社にこういう理由で、と話したら
それでしたら警察に届け出て処理してからでないと、ブラックから消せないといわれた
でも、警察沙汰になると大事になるので、、、
加藤:警察沙汰になるのが なんでいやなんですか、別に届けるだけですよねえ

相談者:前妻のこと子供の事、実家のこと
主人はいろいろ考えてると思うんですけど
加藤:あーなるほどね、平たく言えば世間体っていうものもあるという
相談者:前妻の仕事もあるし、長男は結婚して子供もいるし、長女が社会人
それも影響がくるんでないかと主人が心配してると思うんです

加藤:あなたはその心配は納得できるんですか?ご主人の前妻への心配が面白くない?
相談者:私としてはうちの生活が大事です
他人がうちの家庭をかき回すようにとらえている

加藤:ご主人が25歳のお嬢さんだなんだと、いろんなことに対する、
あるいは自分の両親に配慮すること自体が
面白くないということもあるわけですね
相談者:それは少しあります

加藤:その面白くないという感情と
現実に住宅ローン組めない問題と2つあります

まず法律的に住宅ローンが組めるようにするにはどうしたらいいか
それが可能かどうか

今日は スタジオに中川潤先生がいらしてます
具体的に可能かどうかうかがってみます

弁護士 中川潤

こんにちは中川です

さっきCIC信用情報センターにきいたら
警察沙汰にしてそういう形になればともかくといわれたと。
まさにそれが答えなんですよ


つまりどういうことかというと、
今回みたいなケースじゃなくて、ご自分の問題の場合。
ご自分の問題で延滞事故を起こした
半年延滞後かえして完済したと、
そういう場合一旦延滞なり住民通知なり出て、
その段階で信用情報センターに登録される事実がある

延滞分が完済されてもかつて延滞事故を起こした事実は客観的に残るわけですから
完済されたことも記録には残るから
前の延滞事故を起こしたこと自体は(ご本人が問題の場合は)客観的に事実は
間違いで載ったのとは訳が違うので訂正しようがない


したがって後に完済した延滞状態では既に無くなったという情報をベースにして
預託ローンであれ、保障会社であれ、貸し付けるかどうかそのデータをベースにして判断する
ということがまずある。

今回の場合はご本人の問題じゃなくて
前妻が勝手に使ってやった、そこに一番の問題があるわけで
率直にいえば警察沙汰とはまさにそこなんだけれども

ご主人がカードを作って、作った事を覚えてないのもそこは問題だが
延滞になったら、延滞になってますという通知が行くはず

しかしカード会社に住所変更していなかったから通知こなかった
前の奥さんのところに通知きていてそれは前妻が握りつぶされていて
ご主人が知るところではなかったということ
そういう意味で管理のずさんさがご主人にあったとはいえる

しかし了解のもとに使ったかというと相当問題ある
ご主人が使った行為そのものは犯罪行為だと
自分のあずかり知らぬ行為だというところまでハッキリさせた上で
信用情報センターに説明し私自身の延滞行為じゃない
したがってましてや残りの30万の支払いをしない。
という形で一貫して文句をいっていれば
ブラックに乗った情報そのものを
カード盗難で使われたと似たような問題として
訂正処理をするという道はありえたかもしれない


だけど今の話だとご主人はおおごとにするつもりない
前妻がしたことはしょうがない
それについてはいろんな問題があるから、ご主人は目はつぶる
残った30万は自分の名義で延滞状態では困るから解消すると
そこまでやっておられて
信用情報センターにその事情を言って
事の次第は実はこういう顛末なので消して欲しいといってもそれは無理です


相談者:今できたらそういうことを警察で証明するしかないってことですか?

中川:いや、今から警察沙汰でどうこうで持って行かれても
残っていた延滞分をそちら側で代わって払ったわけでしょ、30万を
その事実の重みがあるからいまさら警察問題ですか
ということになる
相当に難しいことだと思う

つまり前妻相手に民事上の問題で勝手に使った分返せとはいえる
それは前妻と夫との民事的な問題でしかない
対外的な問題としては、流れとしてそれをかぶって、自分の内輪の問題として
ご主人が一旦かぶってしまっているのが今の状況のように思える
うーん。。。だとすると今の時点で登録情報を訂正することは難しいと思います

相談者:はあそうですか
中川:私はそう思うんですよ
その辺のところセカンドオピニオンで別の弁護士にももう一度訊いてみてください
しかしおそらく答えは似たような答えになろうかと思います
今の段階で登録情報をどうこうは難しいと思いますよ
ちょっとお力になれずに残念なんだけど済みません

加藤:よろしいですか
ご主人の前妻が犯罪を犯したようにできたかどうかというと
(警察に今から届けてそれを認めてもらうのは)難しいので
あなたとしてはやっぱり前妻とかご主人の子供とか親とかそういうところに
ご主人の気持ちが残ってることが不愉快?
相談者:それは無いが、前妻だけは許せないというのはあります。

加藤:もしその気持ちが残ってることが問題でないなら
むしろこのことであなたたち夫婦関係が壊れないように努力してください
相談者:はい。
加藤:これの言い合いで前妻に対してあなたとご主人の気持ちが食い違って
住宅ローン組めないで2人の関係が壊れるのは馬鹿らしいでしょう
相談者:そうです。

加藤:こころの整理としては 住宅ローンと夫婦が壊れるのこととどっちがいやかなと
住宅ローンの借りられないことの大変さの位置が分かってきますから
この借りられないの位置づけを間違えないように
位置づけを間違えると夫婦関係こわれるから

よろしいですね、はいどうも失礼します。

まとめ
今の悩みの位置をしっかりしないと 悩みを顕微鏡でみることになります
[PR]



by telejin | 2010-09-23 11:16 | 借金

2010年9月22日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 今井通子

相談者70歳女性
元夫69歳(一年前に離婚)
元夫と相談者は再婚同士。


一年前に離婚した
財産分与は何も貰ってない
引っ越し料だけは貰った


すごく精神的に打撃をうけたので
元夫と相手の女性に慰謝料請求したいんです。


今井:あなたおいくつ?
相談者:70歳です
今井:ご主人は?
相談者:69歳
そのとき結婚2年8ヶ月
再婚、どちらも
同棲を3,4年してました

今井:そしてご結婚に至ったわけですが
何故離婚になっちゃったんですか

相談者:私が田舎が遠方で用事があった
2日ほど留守にした
その間に女性を家にいれたのか
彼は入れてないっていうが
家の様子が女性側が私にわかるように
ハッキリ示していた
洗面所のドライヤーの始末の仕方から
お布団も2つにまるめてそういうの初めて見た

テーブルの上には回転寿司のレシート
21:18:のアウトで2人でという内容
私にしたら分かる

私がそれを訊くと
仕入れ側の業者といっていた
いままで聞いたことがない業者
それをずっというので
私はその女性に心当たりがあったので
夜中に電話した
夫に変わったら
「あんときは飯食っただけやな、切るで」
女性を伴って食事したことは認めた
これまで何回もそういうことはあった。
この人とはやっていけないと思ったので
別れようと思った

今井:元々あなたは別の方と結婚してましたね
相談者:はい、結婚してました。1998年に私は家を出た
今井:一番最初の初婚ね?

今井:初婚は何年前?
相談者:50年以上前
今井:それでしたら二十歳ぐらいのころ
50年前に結婚されて
40年結婚してらして離婚
その間にお子さんは?
相談者:2人いて独立
今井:そうするとあなたにとってお孫さんもいらっしゃるいる
別々に生活されてるわけですね。

今井:で、その前のご主人と40年間ご一緒だったのが
相談者:12年前に私が家をでた
男女関係で
私が家を出たらすぐに彼が私に声をかけてきた

今井:元のご主人は男女関係であなたが家を飛び出したわけ?
相談者:いえ私の男女関係です
今井:あなたの方の男女関係ね
そうすると何年くらい別居してらしたの?
相談者:8年くらいです
今井;8年くらい別居だったのね
相談者:今度の人と籍をいれたい。
いつまでも前の夫と籍が入っていて嫌みを言われたりして
離婚もして

今井:その離婚のときは財産分与だの慰謝料は?
相談者:何もしてません
今井:実は だけどそのときあなたの理由で離婚になったんでしょ
相談者:別居して離婚になりました
今井:離婚の時はお互い何も分けたりしないで家を出ただけなの?
相談者:はい、夫の貯金をちょっと解約してもってでました
今井:あーなるほどね。ちなみにいくらくらいもってっちゃったの??
相談者:1500万くらい
今井:おーーー
相談者:それと自分のずっとためていたお金
今井:いくらぐらいだったの?
相談者:2000万くらい
今井:おーーーそうなんですか。


今井:現ご主人は12年前からもう、つきあいはじめていた
相談者:当時は奥さんがまだおられましたので
看病も大変だったのでそんなに付き合うって程じゃなく
時々お食事。
今井:彼の奥さんが10年前位になくなられたあと、
あなたがそこのお宅へいって、同棲、同居して
去年離婚されたときは引っ越しの代金はご主人にもらった
相談者:貯金通帳もっていたので引っ越し代ぐらいは頂戴と引き出したんです

今井:この離婚は法的に成立してるんですよね?
で、今回1年たって何を思いついて?
相談者:まわりの人から慰謝料請求は離婚してから3年は請求できるといわれた
ちょっと彼女にも打撃も与えたい。
この2人がのうのうと生活してるのはどうしても許せない


今井:慰謝料請求できるとわかったので
自分がそれまで悶々としていたのに、できると分かったので
今回相談することにしたと

今日は弁護士の大迫恵美子先生がいらっしゃるので伺ってみたいと思います

弁護士 大迫恵美子

大迫:はいこんにちは
あのー、ま、おたずねの件ですけど
おっしゃるとおり3年間は
慰謝料は不法行為が行われた時に
損害賠償という請求権があり、慰謝料はそれの一種
不法行為、今回は結婚生活を破綻させるような不貞行為があって
それから3年間、正確にいうと被害者として損害がわかってから3年間
請求できるということになってます。

いまいったことがいつからと考えると
離婚のときからと考えるのが一番わかりやすい

ただそれをできますけど
もしむこうが素直に払ってくれない場合は
請求する側は立証という問題があるんですよ。
つまり証明しないといけないんです。

ご主人の不貞があったことを
認めるかどうかわかりませんが
相手は認めないんじゃないでしょうか

特定の人だからという事だからじゃなくて
こういう立場の場合はありがちですけど
女性対女性の激しい争いになること多い

もちろんあなたは相手の女性に敵対心もってる
不思議なことに浮気相手の女性も奥さんに対して敵対心もってる
裁判になると とことん争う、和解は一切しないことが多い


ちょっと事実を軽く突きつけたくらいで相手が降参して、払ってくれる
ってことは考えにくいので

とことん最後の最後まで争うことを考えると手持ちの証拠が薄い気がする。
お寿司のレシートはご主人は認めるかもしれないが
相手が誰だったかという話しになると
レシートから女性に行き着く方法が無いので

相談者:でも彼が認めてあいつと飯食ったと認めたんですよ。
大迫:でもその後家にきて布団にはいったのが誰なのかはね、
相談者:髪の毛・・・
大迫:うん、だから向こうの髪の毛と照合しないといけないわけですよ
向こうはもちろん髪の毛なんか 素直に出してくれないし
相談者:私が彼の家に来てるところへ乗り込んでとっくみあいしてひっぱったら
大迫:それでもね、とっくみあいして引っ張るところを裁判官はみてないわけですから
あなたには分かるかもしれないが
証拠は常に裁判官にわからせないといけないわけだから
それはそう簡単ではないですよ。


相談者:このままではなにもできない?
大迫:うーん、あのね私があなたの弁護士だったら
裁判起こしたいと言われた時に考えることは
ご主人からとることを考えたらどうですか?
とアドバイスする

何がなんでも相手からとるぞと考えると相当難しいです
相談者:・・・・・。
大迫:相手の女性も一緒に訴えるとご主人に降参させて
ご主人に多めに払ってもらう事を考えるほうがいいんじゃないかなと思いますけどね。

相談者:女性じゃなくて夫を相手にするほうがやりやすい?
大迫:作戦としてはやりやすいと思いますけどね

結局あなたとしては裁判を相手を苦しめる手段に使いたいと思ってるわけでしょ?
それはあまりうまくいかないです
裁判てそういうものには向かない制度だと思うんですよ


純粋にお金だけの問題だとしたら
相手の女性から仮にお金をとることが出来たとしても
結局そのお金は元のご主人がだす
冷静にお金を考えるなら
ご主人からなるだけ多めにもらえる方法を考える
そのときに相手の女性が憎くて憎くてみたいなことにはならないで
冷静に作戦考えたほうがいいですよ

もちろんひとりで裁判できないです
この主の不法行為の裁判は。
弁護士に相談して
弁護士の指導に従って行動しないといけない。
かーっとなっていろんなことして、とっくみあいして
髪の毛むしりとるようなことをなさると 
それこそ自分が刑事事件になって台無しになる
社会からみたら あなたが悪い人になる
それはあなたの目的と違うことになっちゃうわけでしょ

今井:おわかりいただけます?
相談者:はい、わかります
今井:どうしてもやってみたいなら
ちゃんと弁護士さん雇ってやってみたら

それでうまくいこうがいくまいが
それでけじめつけて、
後はご自身でもっと違うことに目をつけてみたら
旅行するとか

相談者:それは今まで出来なかったこと
いいことがいっぱいあるようにしようと思ってるんです

今井:そうですね
そうおもいつつやるんだったら
大迫先生のアドバイス通り
弁護士さんとご相談されたらいかがでしょう
相談者:一度やってみたいと思います。

今井:いいですか
はーいどうも失礼します。



放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みがある方は、
今日、水曜日の午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします。
[PR]



by telejin | 2010-09-22 11:16 | 離婚

2010年9月21日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 児玉清

相談者62歳女性
主人68歳
2人くらし

娘のこと
娘既婚38歳、旦那39歳
連れ子と結婚した
連れ子12歳男の子、9歳の女の子
いずれも旦那が連れてきた。

2年半前に結婚

主人の仕事は公務員
結婚した当時はご主人の両親と半年同居
転勤になり300km離れて移ってから
電話も度々していたが
子供の話をきいてないと


運動会に行って分かったが
9歳の子供の額を叩いていた痕が残っていた
孫にどうしたの?ってきいたら
目に涙を浮かべてじっと私の目をみている。


それでお母さん帰ってきたら、黙って目に涙を浮かべて視てる
お母さんが叩いたならおばあちゃんが謝るからねといったら
うんと頷いた

それで時間経ってから
離れた所にいた娘に
「どうして そんな手をあげたの?
お母さん育てる時に手をあげて育てたかい?」ときいたら、
娘「私だっていっぱい我慢してきた」怒鳴るように

娘は言葉の使い方がすごい悪い
興奮したように
これじゃ話にも何もならないな、と
「子供の時に何を我慢してたの?」
と訊いたがその場には
むこうのお父さんもいたしうちのお父さんもいたので
声たてると孫に聞こえるからやめた

孫は何か一言お母さんの声聞こえるとおどおどしてる
動きがとれないみたいに
自分で考えてものができないから怒ると 娘はいう
余計に孫は怯えて何もできなくなる、娘が声かけただけで。

娘は躾だというが
前妻から甘やかされて育ったからだというが
単語的には口走るが、
私はそのままでいいのかな、と
おばあちゃんだから構わないで黙っていたほうがいいのか
見守っていたほうがいいのか
孫たちは懐いて、「おばあちゃんのところきたい」 という。

児玉:あなたはそんな育て方した?ときいたとき
娘さんが私だって我慢してた、と叫んだと

相談者:私に責任あるのかなと
私も話をしようとしたが子供もいたので、
なんとか日にちを決めていこうと連絡しようとしたら
娘から来ないでくれと。
娘は旦那と決めて話しあってるから、今決めごとをしてるので

児玉:どなる?
相談者:どなります話にならない

児玉:ご自分のお子さんはいらっしゃらない
相談者:いないです

児玉:つくらないの?
相談者:娘は今の子供にかけると。
児玉:そうなんだ、そういう気持ちなんだ

相談者:私もそういいましたし
子供2人育てたら幸せになれるよと

児玉:そういうこころのあり方は先方のお子さんにとって
こんな幸せなことはない
なにはともあれ、
あなたが口を挟むか挟まないかを含めて
こちらに幼児教育研究家の大原先生にきいてみますね。

回答者 大原敬子

こんにちは
あのですね
これ、これからどんどん誠意のつもりが
かえって悪くなるパターン


この話、お孫さんの話ですよね
今お母さんのとった対応は
お孫さんがあなたに告げ口をいって
こんな辛いことがあったんだよ、とあなたに助け船を求めた話


お嬢さんはかえって孫を疑うような形になって
あなたがそういう行為をしてる


こういう関係は
まずお嬢さんから相談きてない
ご主人さま(=婿)も何もおっしゃってない
あなたが可愛そうだという同情で言葉をかけた

大事なことはいいお母さん、いいおばあちゃん、かわいそうと
一瞬の感情であなたは行動にうつした


相談者:それは子供(=娘)にいわれました
大原:そうでしょう

大原:本来こういう時ルールがありまして、
義理の関係のときには

あなたがお孫さんと娘がうまくいってほしいとき、
あなたが取り持つときには

あのね、「○○ちゃん(=孫)が、お母さん怖いけど私よかったんだ
あのお母さん大好きだ」っていってるけど
結構あなた(=相談者の娘)は うるさいわよね

でも一生懸命 「おばあちゃん、あのお母さんと怖いけどいいんだよ」(連れ子の娘の発言)
言っていないんだけど
人間は第三者の口を通してきいた誉め言葉は気持ちいい

そうか、あの娘(連れ子の娘)は私(=相談者の娘)にああいうことしたんだけど
へえ、私の母(=相談者)にはそういうこといってくれたんだ
これ愛なんですね

あなたにとっては立派なおばあちゃんですよ
だめよ、ああいうことしちゃ(告げ口のような形にもっていくこと)
お孫さんにとっては最悪な状況

わたし(=相談者)はきいて、あの子(連れ子)がしゃべったのよといっても
娘はそうは受け取らない
あっちこっちに告げ口する子と判断する
表面的な同情はお孫さんを苦しめてしまう。

次の段階ですが
どんなことであれ、このお孫さんがどういう状況で
目をはらしてるか分からない。

お婿さんがいるわけですよね、
それをいってない
この嫁さん相当立場有利ですよね
そう思いませんか

相談者:帰ってから 電話したんですよ娘の旦那さんに
児玉:あ、そうなんだ

相談者:三度五度でお母さんと娘で話しあって
2回は怒って怒って話しはできない
1回はボクの話をきいてくれて
手をあげない、言葉遣いを丁寧にする
でもどこまで出来るかもわからないががんばる、
ということを娘がいったということはききました
児玉:あーなるほど、はい。

大原:お母様は本当に優しい方ですけど、
お母様は他人からよく思われたいおばあちゃんですよね?

申し訳ないけど
何故お婿さんに逆に娘さんの欠点をしゃべるんじゃなくて、
お婿さんにそれしゃべってしまったら もっと娘さんは立場が不利になる

あなたお嬢さんを別れさせたいの?
これ別れさせる形ですよ、実は

お母さんが口だすたびに
お婿さんは「あ、お母さんがそういったんだ」「そうですか」
お母さん、お婿さんが共同意識
お嬢さん浮いちゃってるんです

お婿さんから「こういうことがあったんですよお義母さん」
お義母さんが「そうなの申し訳ない」ならいいんです

おかあさんがお孫さんと同じように自分から電話してるんです
ということは、お嬢さんにとってはお母さんに対してすごい憎しみ持ちます
(児玉、うんうんうんうんと頷く)

ということは、
あなたはお嬢さんが結婚する前に
このようなやり方してたでしょ

お嬢さんのこころを汲むとかそれより前に
まず世間体とか、あなたが良いお母さんと世間から思われたい行動をするけれども
お嬢さんのこころは知ってない

相談者:それは言われました娘に
大原:そうでしょう?

相談者:私の事考えてない
子供の事ばっかり口にするってこのたび言われました

大原:お嬢さんからすると ほんとにこの人私のお母さん?と思う
分かります?
相談者:分かります
大原:好意ではないんです

相談者:言葉だけだからそういう風になりました

児玉:あなたの気持ちは分かるけれども懸命なやり方ではないですよね
大原:それから
いや、子供は産まなくて、今の子育てなさい
それを親から言われたら最悪なのよ
お母さんは娘さん信じていたんですよね
綺麗事でしょこれ

相談者:そうですかねえ、
大原:思いません?

相談者:子供みたときすごく素直ないい子だったので
大原:でもお嬢さんたちは?

相談者:自分も子供あまり大事にできないかもと娘はいっていた
大原:あのね、産んじゃいけないってお母さんからいってはいけない
ご主人=婿さまと娘さんの関係です、これは

大原:こういうひとつひとつを無意識にお嬢さんを束縛していた
相談者:そうですねえ。

大原:結婚してお子さんつくるの当然。
あなたの子供をつくったらダメよ、と
主人さまの姑から言われるのは分かる
実の親から子供つくったらだめよといわれたら、、、、
それは無いですよね。

相談者:大事にできると思ったので
そういう風ないいかたをしてしまった

大原:本当にお嬢さんのことを考えたらどうですか
相談者:考えたつもり思ったんですが

大原:逆にいえば 子供作りたいけど我慢してる?分かる
好きな人と結婚したんだもんね、なら分かる
作ったらだめと言われたら
この母親なんだろ?って思う
分かりますか?
相談者:分かります

大原:お嬢さんがぎゃーぎゃーお母さんもうそばに来ないでって気持ち分からないでもない

もしできたら、
これからお母さんがなさることは
結婚できてあなたのやってることは幸せだったねってことだけはいつも頭にいれておいて
不憫とは思わないで

お嬢さんは全てわかって結婚していた
それをお母さんがじゃあ前のお子さんを、といわれたら
何のための結婚か分からなくなる

もしお母さんがお嬢さんの立場だったらどうですか?
相談者:思ったこともなかった。何か足しになったらとおもったので

児玉:うーん、いやあむずかしいね、人間のこころは
ボクなんかもね、お嬢さんが前の連れてきたお子さんを育てるのは
すごいなと思った
子供たちにとっては大変なことですよね
だけど自然な形で言えば
お嬢さんはご主人との間に子供があってしかるべきだと思う。


大原:女性が子供のいる男性と結婚するときは
綺麗事じゃなくて本当にその人の事が好き
その人が好きだからこそ、ついてるものもを好きになる
夫との関係悪くなったら私は何のために結婚したか分からなくなる

あなたはいいお婿さんでよかったね、といっていれば
その感謝の気持ちがあれば
お嬢さんは子供に目が行く

相談者:それは私は言ってる
大原:そしたら電話しちゃいけないの。お婿さんには

児玉:そうだね、うふふふ。そこですよね
大原:そうでしょ
相談者:そうですね

相談者:分かりました
大原:お嬢様こないでっていわれたときに
すぐ人間は良く思われたくて、
お母さんあなたの気持ちわかった、こうするね、と
すぐに答えを出して行動する人多い
もしあなたが ああ、そうかと思ったなら
一切動かないこと
児玉:そうね。まかせてそれは懸命な事ですよ。
相談者:良かったです
それを聞きたくかけさせていただいた。

児玉:よかったです。はい、お大事にどうぞ。

放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
今日火曜日、明日水曜日の午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします。
[PR]



by telejin | 2010-09-21 12:40 | 家族関係

2010年9月20日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者59歳女性既婚
主人61歳
娘3人
長女36歳既婚、次女34歳離婚、三女30歳既婚
いま4人くらし、2番目の娘離婚して実家にもどってきてる
孫11歳

相談者:次女の婿から離婚したいといって離婚証書をもってきた
2年前から離婚するといってきた
娘がなかなか離婚承諾しなかった
婿さんの事業が立ちゆかなくなった

リーマンショックでかなり売り上げがおちて、
たちゆかなくなってきた
婿さんもこころに病があるような感じしている。
それで離婚証書もってきた
加藤:もってきたのは1人で?
相談者:一人です。

相談者:娘に何も言わないで
主人はそのまま離婚証書おいて帰ってくれと
娘に電話して娘に家にかえってこいよと
3週間前に娘は離婚するといって家に戻ってきた
婿に電話したが出ないのでむこうのお母さんに電話した
息子は離婚をやむを得ないと言ってる。親権は娘に渡す
離婚証書もあずけてあるといってあるというむこうのお母さん


娘は役所に離婚届けだした
出したのは2週間前
そうしましたら、むこうの弁護士さんから手紙がきて
「自分はやり直そうとおもっていたが
自分に連絡もなしに出て行ったと。娘が
でもそれでも結婚生活がそのままできないので
離婚の方向に進みます」という内容証明がきた

加藤:離婚は届けたんでしょう?
相談者:離婚はもう届けてしまったので
相手の弁護士さんに離婚届けは出してますといった
それで分かりましたということになった。

今度うちの娘に11歳を預けるわけにいかないので
むこうが親権を主張してきた


加藤:あのね、何故こうなるかと思うのだが
婿さんがあなた両親のところに離婚証書をもってきたと
34歳と40歳の2人が離婚するというときに
両方の親が関わったのは何故?


加藤:2人で話すと喧嘩になってしまう
相談者:はい。

加藤:今まで結婚してから、子供がいる11歳
その結婚生活始まりから2人で話し合って生活たてていくことが
できてなかった?

相談者:できていなかったです
加藤:でしょうねえ。。。

恋愛結婚した当時は
2人とも同じ職場につとめていたが、
婿さんは仕事やめて事業やると言い出した
結婚当時婿さんは無職
既に親に頼っていた
今40歳

加藤:40歳といっても子供みたいな男性
お母さんがかなり出てきて
ですから自分では現実と対処できない人なんでしょうね
問題はその現実対処できない男性に惹かれたあなたのお嬢さん
2人とも結婚するような状態じゃなのに結婚してしまった
相談者:そうですできちゃった結婚だったんです

加藤:社会性は無いけれども、好き嫌いの欲望だけはある
ということですよね

加藤:あなたの今日の相談というのは
相手の弁護士が親権を寄越せといってきてる
それに対してどうしたらいいのか

弁護士 坂井真

坂井:確認なんですけど
証書という言葉がでてくるんですが
離婚届けのことですね?

相談者:そうです
坂井:ご本人たちが書いてサインしてハンコおして証人がいて
出したんですね

相手の婿さんは
離婚にいまさらどうこうではなくて
親権をよこせという要求をしてると
もちろんそうしたくないとう相談ですよね

今こちらに親権があるということは
届け出られた親権どちらにするという欄があって
お嬢さんもマルつけたんですよね
今こちらに親権がある
むこうは変えてくれというが
変更するという手続きないと変えられない

相談者:その理由には娘が2年前にこころの病気があるので
それを持ち出してきた
坂井:そういう病気があるから親権者として適当ではないと言い出したわけね

相談者:今婿さんがこころの病気にかかってるので
言葉の暴力があった
坂井:ああDVね
相談者:むこうのおかあさんの過干渉もあった
精神的に追い詰められていった

坂井:親権は後見的な立場で法律的な問題
日々どっちと住むかというのは別の話なんだけど
それについては何かいってきてますか?

相談者:ただ親権だけいってきてる
坂井:お孫さんからみると、お母さんと一緒に住むけれども
親権は父と。

坂井:そういうのはあるけれども
あまり望ましくない
日々面倒みて一緒にいてくれる親が親権であるのが一般的には自然
特別な理由ないと家庭裁判所は認めてくれない
こころの病がある経歴で親権をもつのが適当ではないとはいえない
相談者:それをすごく大げさに言われてる。

坂井:もうちょっと整理すると
こちらは親権渡すつもりはないでしょ

相談者:うちも仕事してる、娘に給料わたして仕事してもらうという形をつくってる
坂井:うん、ちょっとあなたは先ばしってるけれど

今日の相談は親権よこせと。
シンプルに親権渡したくないてことでしょ
まずやることは、いやですって断ること。
次どうなるかというと変えるという申し立てして、
家庭裁判所で審議していく

あなたのお話きいてると
娘さんの病気の問題もあって今も通院中なら問題だが
そんなに気にすることない

その後で今あなたがおっしゃっていた収入、生活環境、生育環境としてどうか
おじいちゃんおばあちゃんがいて住む場所あって、仕事もしてるので給料も出せる
お嬢さんは外にでなくて家で出来る仕事
ますます環境としては家にいて、子供育てられて、病気も治ってる
今一緒にいるわけですから
私が裁判官ではなので決めつけるわけにいかないが
今お話効く限りでは親権をかえなければならない理由があるとは思えない


相談者:娘がこころを煩ってる時に 孫にきついことをいって
婿さんが幼児虐待と煽りたてた部分がある
そういうことを言ってきている
娘は自分で気がついて相談所にいって相談所のアドバイス通りに動いてる

坂井:確かに 児童虐待があって、いわれたらプラスにならない
調査官がお子さんと話すかもしれない
過去にあったかどうか、それが尾を引いてるかどうか
判断材料にされることはある。

相談者:今娘は病院に通ってるんですけれど
娘と話しきいて、
これは思い病気ではないと言われて
坂井:今は違いますよというものを出せば
何か特別な理由がなければだせないので
私は心配してない
虐待の話だけが心配になる

加藤:よろしいですか
お嬢さんのこころの病とは?
相談者:とてもヒステリックになりカウンセリングになったときに
むしろ婿をつれてきてくれと。

婿もパニック障害が。
加藤:2人が喧嘩になるとものすごい喧嘩になるんですか?
相談者:婿さんがしねしねしねしねといってくる
会話にならない。
で娘がそこで諦めればいいのに
自己主張してる

加藤:病院はあなたの娘さんについて診断してない?
相談者:病名はつかなかったが苦しくなったらカウンセラーにきてくださいと
加藤:そうすると2人の関係に問題があったということですね。

孫さんは素直ですか?
相談者:主人になついていて、花を育てている
主人と一緒にいるときが一番楽しい時間みたい

加藤:40歳で父親だったが他人みたいなもん
その分をあなたのご主人がみているということ
61歳のおじいちゃんと楽しくくらしているのは
良かったですねというのは変だけど
どうも失礼します。

まとめ
結婚ごっこの犠牲者はいつも子供です

放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
明日火曜日、午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします。
[PR]



by telejin | 2010-09-20 11:16 | 離婚

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧