テレフォン人生相談

タグ:伊藤恵子 ( 7 ) タグの人気記事




2011年1月18日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:児玉清
  回答者:伊藤恵子(弁護士)

相談者60歳女性主婦
主人59歳自営
娘がいたが独立している

6年前から主人の女性関係がはじまってしまって
はじめは同窓会で知り合った女性と1年つきあい
次はシングルマザーと5年くらいつきあって
帰ってきたりこなかったり

その方いくつなの?
33か4
娘より若かったです

帰ってきたり来なかったりとおっしゃたが
自宅が事務所
月曜から金曜までいるが、その後いなくなる
連休、正月は帰ってこない

何かあなたに伝えて出て行くの?
何も言わない
言ってもだめだなとおもって口聴かない
きかなくなって3年

同窓会であってばれて、喧嘩になった
そのときのご主人の言い分は?
元に戻った、と浮かれていて、お金もはいっていたので
落ち着かなくなって人が変わってしまった

そしてシングルマザーの方
深刻になってきたわけでしょ
そのことに対しては
一時かなり揉めたが
いってもダメだなという感じがあったので
時を待つしかないとおもい、時を待ってる

5,6年前からそういう状態続いていて
変わる気配ない

先月の末に、かわってきて
離婚届けをちらちらおいておく
先方がおいておくわけ
はい
みれるけど無視していた
今回ちょっとのことで話しするきっかけがあって話した
私はやり直ししたいから 判子をおせませんといった
むこうは無理していってきた

条件をだした
生活費は15万もらっていた
5年たったから離婚は自分からできるという話し
ちょっと私は無理といわれたのでどうしようかなと

あなたの出された条件は
今住んでる家を頂きたい
でもローンが残ってる
ローンを引いた状態でくれると
私はこれから働けないので
無理なのでローンは払って欲しい

どれくらいのこってる?
1000万
あなたが出した条件に対してご主人は
考えとくという返事

私がしりたいのは
5年たってこういう状態だと離婚せざるをえないのですかね?

あと生活費、あと20年くらい生きるので
年金を半分いただきたい
生活費の補償をしてほしい
結婚して37年

先方は何がいやだったんですか
私もわからないきいたら、こわいといわれた

前にもめたときに錯乱状態でがーっといったこともあるし
全然意味がわからない、こわいといわれた

今こちらで伊藤恵子先生がおききになった

伊藤恵子

なかなか大変ですね
ご主人はずーっと独立していた?
5,6年前に独立して女性関係はじまった

今の状態は半分別居で
別居とはいえない
半別居

離婚については明らかにご主人の不貞行為
これはご主人認めている
有責配偶者の状況
ご主人のほうから一方的に離婚できるわけではない

考え方として破綻主義といって
一緒にやっていけないほど壊れてる、それが長く続いてるとき
一方的にどちらが悪いかどうかではなく
離婚はみとめられる
それは5,6年といわれてるが
必ず認められるわけではない

まずあなたの生活が成り立たないと
自分が遊ぶお金ができたから、だけでは認められない
あなたが気持ちが決まれば、
条件満たさなければ困る

まずは家を欲しい
離婚だと財産分与
半分はあなたのもの
それから慰謝料。結婚生活を壊してしまった
その2つ

簡単にいうと
家もローンも含めて半分こ
家は渡して欲しい,それ以外の資産は?

ないんです
だから年金が法律かわって半分。
年金についてもきめないと
合意をすれば半分
いやだといえば家裁に申し立てれば半分になります
離婚するまでの期間、彼が働いた年数のバランス、計算式があるが
それをうつした形。

あとは生活費をどのように出して貰うか
どうしても相手が離婚したいならそれなりのものを
きっちりだしてもらわないとできないといわないと

裁判になると女性不利ですか?
むこうは2,300万で済むと言ってるが
むこうの悪行がなければそうだが簡単にはいかない

慰謝料分としてローンは払ってもらい
あなたの生活費をふくめての慰謝料
そういう形で頂くべきものは頂く

弁護士さんたてると大げさになるので
私が言葉で主人に言葉でいっていいんですか
いいです
でもご主人は弁護士ついてるんでしょ
はい
それに従って安上がりにすませようと考えてるらしいから
あなたがデータもなにももってない状況でいるみたいだから
調停の場でもう少し条件的にいいものをもってこないと
別れませんよといえばいい

調停は離婚は前提ですよね
どちらでもかまいません
夫婦円満もしくは離婚
協議離婚でむこうはうまくいこうとしてるが
うまくいく話しではない
裁判で300万で別れられるといってるが
そういってあなたに判子をおさせようとしてる

あなたとしては家はもらってローンはらってもらって
生活費ある程度みてもらえる形を出して貰う
そういう状況そろわない限りは無理と

僕おもうんですけど
相手が弁護士いるのにあなたがそれに立ち向かうってどうなのかな

最寄りの弁護士に相談して話しがつかないのでどうなんでしょうと
あなたの立場から動いて欲しいと頼めば。
調停の場にもっていった段階で相談されても。
ご主人と交渉するのに対して、状況としては相談されてみて
家の謄本、時価どのくらいか
それをしらべて具体的なものをもって相談したら具体的にでてきます

ありがとうございます
とんでもない
お大事にどうぞ
[PR]



by telejin | 2011-01-18 11:16 | 離婚

2010年11月30日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:児玉清
 
相談者47歳男性サラリーマン
妻41歳
娘2人 14歳 9歳

12年前10年前3年前
3回にわけて金額は違うが兄弟に借用貸しで
借用書、念書、覚え書きも取らずに
必ず返すからという言葉を信じて貸した
昨今になって雲行きが怪しい
先日出た言葉は邪魔者扱いにされるようなことを
当時は「助けてくれてありがとう」

で、あのご兄弟ですか
兄になります
いくつくらい歳が近いですか
8歳上になります
その方のお仕事は
これは金融関係になります
あらあら
それゆけに信用高いとおもいまして無条件に
金額は
12年前は
これは2つのタイプがありまして
12年前は金融機関のカードローンのフル枠200万を借りるために
名義を貸してくれと
返済は自分でやるから
10年前は現金で200万です
だいたい200万ですね
4年前は 30万
それは現金で
現金です

それで返済もカードローンはあるが
それは全額終わってるんですか
終わってないです
元金が100万くらいあります
今は兄が払っている
遡って私が立て替えた分は100万
200万の部分=現金は一銭ももらってません
4年前の30万は10万返して貰った

それに関してお兄様は返すといってないの
春先までは返す返す、自分も55になるので一時定年になる予定だから
退職金で返す、でも定年が延びて57になったのでそのときに返すから
一度はいってもらった。
返さないとは明言してないですが
お前の面倒をみるのは大変だとか

これ私が知らなかった話しですが
4年生の大学を出た時に学費の一部を払っていたみたいで
お前の学費を払ったのは誰だと思ってるんだと
この先、回収はどうも危ぶまれるということで
心配になりまして、この時点でもう借用書を取り交わすのは難しいかもしれないが
57歳の定年退職のときに返済するという覚え書き、念書を考えている

今日はそのことをご相談ですか
そうです
それを手に入れるためにどうしたらいいかということですか
今は会うこと電話で話すことすら拒んでいる状態で

こちらには弁護士でいらっしゃる伊藤恵子先生がいらっしゃるので
お伺いしてみますね。

回答者:伊藤恵子(弁護士)

なかなか借用書を いままでこういう形できてますと
難しいと思いますが、
お兄様は離れたところにいらっしゃるんですか

車で一時間ほどのところに
お顔を会わせて話をするのは可能なわけですね。

12年前200万
10年前200万
4年前30万
このお金は 何に使うために貸してくれということだったんですか

えー12年前の使い道は明言しませんでした
とにかくお前に迷惑をかけないから
お前の普通口座につけられるカードローンをフル枠作ってくれと

10年前は?
使い道は明確に おばさんから一番上の兄が借りた200万を
明日までに返さないといけないので

4年前は?
カードローンの200万の枠がだいぶ150万に下がってましたので
残りの枠を40万をもう一度引き出したいと、
それでその枠は渡したんですが、
あと父親に会いに行くために離れてるもので
旅行費用がかかるので困ってるという話しだったので
30万を普通預金からぽっと貸してあげた
その後10万はしばらくして帰ってきたが残り20万はかえってきてない

この30万貸したけど10万返済あり20万のこってる
カードローンについては借りてるのはあなたの名義
借用書をうまく書いて貰うという状況について
お兄様を呼び出すか、
むこうにいってこれを書いてくれとか
借りたものについて返済する、と
確認したいんだと言うと奥さんにばれますわね

この問題について電話だけでうやむやにしていられないので
会いたいということで呼び出すなりなんなりして
お話をするということにされたらどうでしょうかね

そうですね、、、、したいとは思ってるんですが、、、、
私のほうの頼み方が、ちょっと力をかけて頼めばうんと頷くと思うんですが
25年たって知らなかったんですが、
念書覚え書きほしいんだけれどと 伝えたところ
逆ギレしたみたいで
「お前の大学の学費は誰が払ったと思うんだ、俺だぞ、電話きるからな」
と話しはきられた

私が父親定年退職していたんですが、年金から出して貰ったと認識していた

これはどうなんですか、事実を確認したんですか?
父親は他界したので、いまとしたら
母親も他界してますし
私の大学のころの学費は兄が払ってくれたかどうかは
父親母親には確認するすべはありません

急に言い出されたわけね?
今まで何もそのことをいってなかったわけだから
そうですね

誰にも確かめようの無いことを あなたは言われれば
そう言われれば、そうであるのかないのか分からない。と
まず会って話をしたいということで呼び出して
そのときどなたか立ち会ってもらったほうがいいと思う
そうしないと、仮にそこで認めたとか話しになるが
証人といったら変ですけど
そうなってくれる人を確保しておく ということではないか
あなたが本当はメモをとる代わりとして録音してもいいけれど
どなたか居て頂いたほうがいいんですよね
ご兄弟たくさんいらっしゃるみたいなので
どういう風にして返すという話しに変わってきてる
そういうことがあるから一部をどういう風にして返すかと
念書を書いてくれか ということよりも話し合いをしたいということで
お話をされて

返済計画ができたらば、今日のメモをあなたが書かれて
こういうことで話しがまとまったことでよろしいですかと
あなたもお兄さんもサインしてもらうと
いう形のほうが返済についての話しがある程度できますし
そんな形でお話し合いを記録について確認するという形ならば
割合やりやすい

それで返済計画まで含めてこういう風に返しますという話しもでてくる
メモにかいておいて、これで間違いないですよねといったところで
お兄さんがサインしないということになっても
話し合いはこうだったということでひとつの証拠になる

それでどなたかといったらあなたの話しの仕方は物腰柔らかくて
どうも状況としてお兄様ときっちり話しをつけなくちゃ、とはならない
どなたかご兄弟でいろんな事情も踏まえてきっちりしなくちゃいけないんじゃないかと
言ってくれる人が横にいたほうがいいんじゃないかと。

はい、ありがとうございます
旅費を出してもらっても田舎から父親がいなくなった兄を
飛行機で飛んできて同席してもらおうかと考えております

いいじゃありませんか
そういう方を味方にして話しをすすめられては と思いますが
はい、わかりました
どうぞお大事にどうぞ
[PR]



by telejin | 2010-11-30 10:55 | 借金

2010年11月23日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:児玉清
 
相談者75歳女性
相談者夫15年前くらいに死去
長女51歳 次女48歳
長男7年前死去

相談者:息子が7年前死去そのことで

児玉:つかぬことを伺いますがご主人は
相談者:なくなりました15年くらい前に
児玉:どうも失礼しました
ご長男が7年前になくなられて

相談者:借金をしてまして亡くなってから
うすうすわかってたんですけど
サラ金から借りていたんですね
財産もないから
財産放棄の手続きをしなかったんですが
息子の借金を親が払うことになってるので
継続できるということで内部証明がくる
司法書士の先生にお願いして、内容証明は来なくなった
児玉:司法書士に頼んで、内容証明を送るなと。
相談者:こなくなりましたが中途半端なんですね借用書を返してほしい息子の借用証書
児玉:いくらなんですか
相談者:くるのは100万だがあとほかに200万、100万ある
児玉:200万、100万、、、、
相談者:その会社は何もいってこない
100万の会社だけくるんですね

児玉:今日のご相談はそれをなんとかしたい
相談者:これを返して貰いたいと思ってお願いしているんですが
7年間ほったらかしで半分はらって
あと全部借用書がもどってきたらあと半分払うつもり
児玉:ちょっとまってください。払うってあなたが?
相談者:司法書士さんに手続き料金を
児玉:払うのは
相談者:手続き料です

児玉:その司法書士の肩にはいくらはらったんですか
相談者:30万きめてもらって20万はらった
借用書がかえってきたらあと10万はらうことになっている

司法書士に尋ねていくと私が長生きすれば時効なので
長生きしなさいと


今の話しはうかつには申し上げられませんけれども
こちらには弁護士の伊藤恵子先生がいらっしゃいますので。

回答者:伊藤恵子(弁護士)

伊藤:あの司法書士さんはこの案件で
むこうからきていることについて文書作成と対応をおうけになり
着手金と成功報酬をきめられたお金だと思う
司法書士があやしいといことはないと思う


ただ、何をどうお願いしたのかよく分からないんですが
ご長男には奥さん子供は
相談者:いなかったです

伊藤:ご長男の借金は母であるあなたが相続する
放棄すればよかったがしなかったのであなたのところにきた

分かった時から3ヶ月だった
それをするのがひとつ方法としてあった。
あなたへの請求があったときに
それまでは分からなかったでしょご長男が借金あるかどうか
借金についてだったら相続放棄しますということはできた。
児玉:そのときからでも出来る
伊藤:できます

伊藤:多分それは過ぎてしまってます
司法書士がどういう文書でやったか分からないけれども
相続するするつもりもないので、むこうは出してこない
こういう形なら
息子さんがもっていた借り入れはあなたがそのまま相続するという形

あなたには年金や財産は?
相談者:なんにもないんです娘の家に同居していて。
伊藤:あなたに相続した債務があることになるので
万が一あなたに何かがあったときには
お嬢さんたちに「相続放棄」してもらうようにいっておく
児玉:(うんうんと頷く)

伊藤:長生きしたらいい、というのは
相談者:あと3年で時効になる
児玉:ああ、10年なんだ
伊藤:あなたの借金になってるけれども10年目むかえたところで
まだ追求されたとしても
この分については時効なので支払いしなくていい
ということで答えを出せばいい
そうすればあなたに債務はない
お嬢さんたちにもいいかな

相談者:もし10年生きない場合は娘が相続放棄を
伊藤:そうです。
今借金がある形にされていますので、相続放棄されたらいいと思います
家庭裁判所でできる手続き
そうなった時は家裁に相談にいらっしゃれば
必要な書類ですとかいろいろ教えてくれます。素人さんでも誰かができる。

相談者:どうやってその借用証書が帰ってくるんでしょうか
伊藤:今債務がないという形にされてないので借用書はかえってこない
時効で消滅したら、
返して貰う貰わないにかかわらず、借金があるかないかということで
時効になり返さなくてよい

相談者:これから先はどうなるのかしら
娘が毎日心配しているが自分たちに関わってこないなら
児玉:それはよかったですね伊藤先生がおっしゃるように

伊藤:司法書士さんがどういう証書をだしてきたか想像でしかいえないが
相談者:私も訊いても分からないのできいていないが
伊藤:きいてください、なんで止まってるかを。

児玉:10年たったら時効援用しますと。
援用ってどういう字をかくんですか
伊藤:助けるという字です
これについてはちょっとやってくださってる司法書士さんに
相談して文書で確認されたほうがい

児玉:ということは時効までの3年までは安心していい?
伊藤:支払わないほうがいい一部でもちょっとでも
支払うと認めたことになるので


ご長男が借金してると向こうがいってるだけで
あなたは確かめようもない。
借金を認めることはできませんと。
仮に借金あったとしても10年で時効あるからと。

児玉:腹をくくって、安心なさって。しかも女性の平均年齢からいったらまだまだ
あと3年は生きると。ええ。
だから時効援用を。

伊藤:借金があっても時効援用しますと文章をきっちり出されて
そちらから請求権はありませんよと
最後くくっておかれればお嬢さんたちも心配しなくていい

請求権が無いという確認できたらという主旨ならば
時効援用した文章を出していただいて
もう一度おねがいするところで残り10万ということに
なるかもしれません

児玉:この10万は払わないですませられますか?
伊藤:あなたがご自身でやれば払わなくていいです
児玉:あなたがご自分で出してみますか
相談者:いえ、ぜんぜん。10万払ってもお願いします

伊藤:全部網羅して確認されてるんであれば、
おききになって
分からないというから見ないでいいということではなく、
出してる文章はあなたが出してることになってる。

確認するときに娘さんたちにも一緒にいってもらって
状況についても尋ねて貰って


相談者:なんか尋ねていくと長生きしなさいとばかりいう
何もいってくれなかったんですよ。
伊藤:そこは時効をむかえなさいということだと思います。

認めちゃいけないんです、それだけです借金があるのは分かってますが、今は返せませんとは言わないでください。
そうではない風に司法書士さんがかいてくださってますから


児玉:お大事にどうもです

放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
明日水曜日、午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話をなさいませんようにお気をつけください。
[PR]



by telejin | 2010-11-23 11:16

2010年11月13日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:児玉清

相談者49歳女性自営手伝い
主人55歳自営業
息子23歳 娘20歳

相談者:相続のこと。
実家の父が先日亡くなりまして

児玉:あなたのお父様ですね
おいくつで亡くなられたの
相談者:77歳です

家とちょっとした畑があるんですけど
私兄弟がいるんですけど3人、
弟と妹がいます。

児玉:あなたは長女で
相談者:はい

児玉:お母様はご健在で
相談者:9年前に亡くなりました

私と妹は外に嫁にでていて
弟も一緒には住んでいなくて
父一人ですんでいたので
家と畑。
それをどうしたらいいか相談したいんですけれども


児玉:既にご兄弟の間では話し合われたの?
相談者:特にまだ決めていないのですが、
父の畑を一応人には貸していたらしいんですが
貸してるとごたごたが起きたらこまると


児玉:貸してるのは家をかしていた?
相談者:いえ畑を
児玉:現在も貸してる?
相談者:そうです

児玉:弟さんはおいくつでらっしゃるの?
相談者:47歳です
児玉:お仕事は
相談者:会社員です

児玉:ということは法律的にこれささと決まるんですけれども
家ってのはだいたいどれくらいの
相談者:大きくないです普通の二階建ての
児玉:土地付きですか
相談者:そうです
児玉:何坪くらいですか
相談者:ちょっとわからない
児玉:畑もわからないの
相談者:はい

児玉:あなたのご相談としてはそれを3人でってこと?
私もこういうことは弱いので
弁護士の伊藤恵子先生がいらっしゃるので
伊藤先生から直にきいてもらったほうがはっきりするので。

弁護士:伊藤恵子

伊藤:そのお父様はお近くにいらっしゃったんですか
相談者:車で30分くらいのところ
伊藤:弟さんや妹さんは?
相談者:はいそうですね。

伊藤:お父様は自分の財産について、遺言書を書いてましたか?
相談者:ないです
突然亡くなったので
まだ全然そこまで考えていなかったと思う。

伊藤:日頃なにかいってらっしゃいましたか
相談者:特に何かいってません
誰かやるひとが兄弟の中で畑をやる人がいれば継げばいいとはいっていた
私たちは嫁にでていて出来ない
弟もやる気はない。

伊藤:やる人があれば次いで欲しいと
でもとくにやる人はいないと。
あの、特にお父様の遺言書もなく、希望もないと
相続人の中で話し合いできめればいいことになる
何も遺言がない場合
法廷相続分があって
3人については同等の権利。

1/3ずつ分けてくださいという権利がある
誰もこの家も畑も処分していらない、売って分けてしまおうと
いうことなら売ってしまわれて
3人で分けましょう
というのもひとつの方法

代々伝わっている家なので誰かが欲しいとか
今はいらないけどいずれその弟さんがリタイアしたら
畑つくりたいなど
ご実家はみなさんが育った家
他人にぱっとうってしまっていいのか
それとも誰かが取得する形にしたらいいのか
皆さんの意見をきいたらいい
誰かが得るにしても時価相場いくらなので
残りの貰う方が代償金というかたちで
売ったらば家が1000万だから3人でわけたら300万ずつ
じゃ、300万わたして欲しい、
その分を欲しいというかたち

いろんな要素があるのできっちり3分の1にはならない
相談者:売りたくない場合は?

伊藤:3人で共有えもっていて
時々見に行っては家を管理しましょう
何かのときには皆であつまる、何か出来た時には使えればいい
それはそれで方法もある

児玉:あの兄弟仲はよろしいの?
相談者:はい
児玉:あそう
こういうのって弟さんのお嫁さんとか妹さんのご主人とか
くくっとでてきるケースがあるじゃないですか
相談者:全然そういうことは無いと思います
児玉:大丈夫なの?
相談者:はい
児玉:あそう

それだったら伊藤先生、気持ちよく
伊藤:皆さんの気持ちがどうなんですか
あなたの気持ちはどうなんですか

児玉:どうなんですか
相談者:私は売りたくはないんですけれど
売りたくないのはそのままにしておいて
そのままにしておきたい
ただ他の人もそうおもってると思う
そうすると固定資産税が
伊藤:それはかかります
相談者:皆で負担して
伊藤:そういうことになります
ただ、住んでいない家を維持するのはとても大変なことなんですよ
家を開け閉てしてないと家が傷んで。。。

ご兄弟で、誰かが必要なわけでは無いけれども
思い出として、とおもってるかたもあるけど
維持していくかは大変
皆でどういうふうな分担で家を見回り
家というのは何年か経てばメンテナンスも必要、屋根の葺き替えとか。
むしろ費用がどんどんかかる形
ただ売りたくないだけではやっていけない
児玉:うふふふ。
伊藤:むしろいくら出てくる可能性があるのをどう考えるかが問題


児玉:貸してる畑もそのままってことでしょ
相談者:そうですね
児玉:あなたそこにいらしたことないの?
相談者:あります
児玉:どのくらいの広さ?
相談者:三反分(#一反=300坪)
児玉:ということは900坪?
相談者:それ前後だと思います
児玉:そっか・・・・。そうするとかなりだよね

伊藤:貸してらしたお父様はその収入もあって生活してたんですか
相談者:年金で生活してました
あまり当てにしていなく、少ししかなかった

児玉:お父様サラリーマン?
相談者:はい
ただ開けておくのがいやだから貸しておいたみたいで
名義とかはどうしたらいいんでしょうか。
伊藤:相続で3人でもっておくのもあるし
相談者:3人の名前で?
伊藤:3人の名前もあるし、
あなたがたの次の相続の代になったら大変になってくるのもあるので
という事もあるので、どうしようかと

あの、今維持してるだけじゃなくて将来もふくめてよく考えないといけない
田んぼについては皆で共有、10年間はこういう形で思い出もあるし、そのまま維持
10年経ったら売って分けましょうという道筋をたてておいて
そうする、とお決めになった方が後々いいかもしれませんね

児玉:うふふふ。
伊藤先生これ兄弟といえどもしっかりとね、
伊藤:そうですね

相談者:相続はいつまでにきめないと
伊藤:そういうのはないです
ただ固定資産税ははらっていかないといけないし、いろいろな問題がある
49日までに話ししておいて、一度話ししましょうとか
それぞれの意見もでてくると思うんですよね
あなたも意見あればお出しになって
皆の気持ちも考えてどうしようかと。

お葬式はどうされたんですか
相談者:父の残してくれた貯金でまかないました
伊藤:それでお寺さんのつきあいとか
これからいろんなこと、結局、弟さんがやることになる
そういうことも加味して考えられたほうがいい
そういう義務もかかわるし
継いでいくということもある
その費用もかかるそれを見込んでかんがえないと
相談者:そうですねはい

児玉:しかしあの現金みたいなものははっきりと分かってるわけ?
相談者:現金は分かってます
児玉:それに関しては
大丈夫です
児玉:皆さん話しあいとかは
相談者:それは話しあってます
児玉:そうですか
いろんなことは、その残されたものははらおうとか
相談者:積んでおいて、法事とかこれから先かかっていくものには払おうと保管してる
児玉:そうですか
それを3人で均等に分けていこうかそういうことではない
相談者:はい、その辺は皆分かってるので

伊藤:相続税がかかるほど大きな財産ですか
相談者:そんなにかからないと思います。そんなには無いです

5000万を3人ですから、8000万以内だと相続税かからない
相談者:そんなにはありません。
伊藤:相続税かかると10ヶ月以内できめて納める
それがないといつまでもないので
いつまでも決めない訳にはいかない
皆があつまったときに、。
一周忌までにきめましょうと
そういう風にしておいたほうがいいかなと思いますけど

相談者:はいわかりました。いろいろありがとうございました。
児玉:はい、どうも
[PR]



by telejin | 2010-11-13 11:57 | 遺産相続

2010年10月26日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:児玉清
 
相談者48歳女性パート
主人49歳 サラリーマン
長男12歳 次男10歳

相談者:主人との関係が今は家庭内別居で
子供への影響が心配


児玉:家庭内別居とは想像もつかないんですが
具体的には
相談者:数年前から寝室も別
会話もない
主人は家では食事をとらない
朝も夜も、ですね。

児玉:つらいことでしょ
相談者:そうですね

児玉:お子さんたち2人はどういう風に
相談者:子供なりにも分かっていて
長男は多感な年頃になりつつあるので
父親に対しても口をきかなくなりました
児玉:あらあらあらあら。
次男は私と主人をうまくたちまわるというか
一応、主人にかわいがられている
主人の機嫌が悪いときはちょっと怖くって
何も本音は言えない状態


児玉:数年前とおっしゃったが何年前?
相談者:5年前に浮気がわかって
浮気が分かる前にもその前にも生活費を渡さないとか
ちょっとしたことで手や足がでることあったので
離婚を決意して別居をして調停したが
自分が精神的に自立できなかったので
子供のためにやり直そうと思い戻ってしまった
今となってみれば判断が間違っていたのかな

児玉:それはやってみなきゃ分からないことですよね
相談者:そうですね
児玉:これ相当悲惨ですよね大人同士であれですけれども

児玉:ご相談は別れることについてですか
相談者:そうですね
離婚をしないで経済的に2人の子供を育てていく自信がないので
できれば離婚しないで育てたい
子供が成長するのをみながら


児玉:今日の相談は育てたいと
問題はお子さんをあなたの力ひとつで育てるのは厳しいと
ご主人からどういうかたちで養育費もらうことも含めてですか。

相談者:そうですね
まだ小学生で教育費を考えたとき私がやっていけるのか
不安もある一方で逆に、
今このままの状態を続けたら精神的に子供が健全に育つ
ことができないんじゃないかどうか心配と、迷っています
児玉:目の当たりに暴力ふるわれたり
おかあさんとおとうさんが黙ってこの何年か育つ家庭で
育つ家庭がない

相談者:子供もいいます、普通の家庭に生まれたたかったみたいな・・・ぽつんと言われた時には。
児玉:うわあ・・・・涙でますよ、そんなこと聴いたら


こちらには弁護士でいらっしゃる伊藤恵子先生いらっしゃいますので
法律的な意味で養育費とか・・・。
ご主人はかなり収入あるの?
相談者:そうでもないと思いますけど
給料明細一度も見せて貰ったことない
お金も生活費と称してほんの数万円ほどしかもらってない
児玉:失礼ですが今はどのくらいのお金を貰ってるんですか?
相談者:月に4万

児玉:あなたはパートで
相談者:10万少し
児玉:てことは基本的にはこのお金あれば生活していけるってこと?
相談者:今の家では主人が家のローンと光熱費と主人の両親と同居してるが
食費はかなり助けて貰ってる
もし離婚したら今とはかなり状況かわる

児玉:ご主人のご両親はどうおもってるの?
相談者:私が何度か相談したんですが
あなたたち夫婦の問題だから口出ししない
まるで相談にのってくれない
児玉:理屈はそうだけどね
相談者:目の前で殴られても見てない、かばってくれない何もいってくれない
児玉:うわあ・・・・うーん・・・・。
こちらには伊藤恵子先生いらっしゃいますので
ボクなんかも別れちゃえと言いたいんですけれども

回答者:伊藤恵子(弁護士)

伊藤:状況うかがってると
とてもいっしょにやっていかれる状況ではないんじゃないですか


相談者:毎日こういう状態ではないんですが
なるべく顔をあわさないようにしてる
私としては子供の成長とやり過ごしていけばと思っていたんですが
ただ何かの拍子で主人が爆発する事もあるので
それを考えると、、、確かに子供のこと考えると
離婚しないほうが、子供にかわいそうかなと

伊藤:離婚するかしないかの決意はあなたが決めることなんですよね。
夫が顔をあわせることはなく、いないので
あなたとしては家があって、10万あれば生活出来るとおもってそれでいいと思ってる?
相談者:あります、いまもそうです

伊藤:夫でできるでけ顔をあわさないで
それで乗り切るのかどうかということですよね
お子さんたちがこういう状況を見ながら成長していくのがいいかどうか
子供の立場からみると
あなたは子供のためにというけれども
子供にとってはいい迷惑だと思う


相談者:子供にきいたら
離婚はしてほしくないと言われたこともあるし
もうちょっと待ってという長男がいったこともある
額面どおりに受け取ってしまったが

伊藤:うーん。。。でもそうなんですか?
あなたが最終的にきめることだし
子供がこういったからではなく
あなたが親としてどう支えるのかというところ
もちろん子供の意見はでてくるが
あなたがやはりどうなのかということ

それがはっきりしてないと
法律的にどうですかということは申し上げられない

まずどうするかをきめないと
そしたらば、夫から得るものがない、というわけではない

別居すると。あなたが耐えられないなら。
大変これは負担は大きくなります
彼の収入があるわけだから
婚姻費用の分担請求で一定のものはらってもらう
こういうことで請求されればいいと思います
状況としては一定限度の金額
彼の収入、あなたのパート、お子さんたちの年齢に
したがっていくらという算定式がある


話し合いでださないとだめと夫にいう
夫は納得しない、言うこときかない、そういう場合裁判所が判断します
それで決められた金額を夫が払わない場合には
給料の差し押さえもできます

そういう形で生活を確保することは可能ということが言えると思うんですよ

そしてその中途半端にだからといって
離婚しないで続いていていいのか
離婚しますというときは
養育費は2人について出してもらえる
それは多分婚姻費用よりも少なくなるかも
そういう形できっちりもらって夫との縁は切ってしまうと

財産としては家のローンあるが家もあるし預貯金もあるんでしょうね
そういうものもきっちり半分いただくあなたのものとして
あとは学費だしていただくということでお決めになる。
ということだろうと思うね。

それはあなたがちゃんと子供2人をひきとって育てる決意ないとできない
離婚しないで家にいれば楽だから
そういう考え方だと とても無理ですよね


こんなところにいるよりは子供のために
少々きついことあっても育てていくことが
子供のためになるという決意を持って進むということがないとできない


相談者:10年たっても変わることなく、酷くなってるので
本当に見切りつけないと
伊藤:変わらないんですよね
そしたらばきちんといただくものはいただいて
それが不十分なところはあなたががんばって働くなりなんなりして
やっていくということを考えられたらどうなのかな

なんとか育てられる。いろんなケースみてると
やっていける。
それは貧しくてもなんでも幸せになれる
児玉:そうよ。うん
伊藤:そういう風にあなたのほうがそれだけ
子供をひっぱっていけるという決意あるかどうか
そんなに貧しくはならない思いますよ。

児玉:伊藤先生お言葉、貴重だと思うのね
あなたが勇気をもっていけば道は開ける
相談者:いや、私 本当に勇気が欠けていると思います
児玉:あなたのご意志で道開けますよね、伊藤先生
伊藤:そうだと思います

伊藤:お子さんたちが 父親が母親から暴力うけていて
目の前で見ながら見て見ぬ振りする
自分たちで影響が無いために抑えてる
という育て方はよくない
子供の受けてる傷は大きい

児玉:もっと気持ちが普通に振る舞えるような
幸せを実感できるような
それはあなたが母親としてつくってあげなきゃ

がんばってくださいよ
応援しますようん
がんばってください。



放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
今日火曜日と明日水曜日の午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします
[PR]



by telejin | 2010-10-26 11:15 | 離婚

2010年9月14日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 児玉清

相談者49歳男性、自営業
妻48歳
長男26歳 次男24歳 長女17歳
長男次男とも仕事してる

相談者:次男のこと。
結婚して、一ヶ月半前に離婚した。
児玉:え、結婚してどのくらいたって
相談者:3年ですね


児玉:今から一ヶ月前に離婚されたと
お子さんがいらしたと
相談者:今は2歳ですね
児玉:女のお子さん。

相談者:次男が離婚したんですけれども、協議離婚で離婚
次男の元妻に離婚して3日目に男がいた
今はその男性と元妻が一緒に住んでいる。

児玉:その離婚の原因は?
相談者:性格の不一致。
私たちも信用して離婚をさせた
認めた。

相談者:離婚成立後3日目にして分かった。
児玉:元妻はもともと男性とつきあっていたと?
相談者:そこは確かじゃない。
子供の親同士は別れてから付き合いましたといっている
児玉:別れてから3日目にいたということですか
早業ですね


元の妻ですね
今日のご相談は?

相談者:次男はできれば親権をこっちに取り戻したい
それが可能なのかどうか
それをして次男のためになるかどうか

児玉:はあはあ、うーん
それで親権を次男の方は取り戻したい
相談者:それについては果たしてそれがいい事かどうか
親としていいことなのかどうなのか
今半信半疑。
私は息子に子供を一度親権を渡したので
諦めて第2の人生に進んだらいいのではないかと思ったり
別れて3日目にそういうことをする人なので子供のためにならないと思ったり
児玉:ご次男の方は24歳でお若い。

児玉:お仕事は普通のサラリーマンなの?
相談者:サラリーマンです

児玉:離婚に関しては条件は円満解決ですか
相談者:そうですね養育費も円満

児玉:差し支えなければ
相談者:月に3万です

児玉:次男の方はどうしても娘さんを取り戻したい気持ちなの?
相談者:今は諦める気持ちももっているらしい

児玉:今日のご相談としては気持ちの問題ですね
法律的な問題云々よりも
相談者:できれば法律的に可能なのかどうかも。
元に戻せるかどうかも

弁護士 伊藤恵子

伊藤:まず離婚自身が やむをえないについては一致してる
ですから 離婚自身は仕方がない
その段階で 親権者は妻にきめたと

親権は子供のためのもの
2歳の女の子だと、いままで別れた次男の奥さんは
お仕事はどんな形でしてましたか?

相談者:アルバイト的なものをしていた
伊藤:お子さんを主に面倒を見ていたのは奥さん?
相談者:そうですけれど、次男が時間がある時は次男がみていた
2人で一生懸命していた
伊藤:奥さんが時間的に接している時間は長かったと
そういうことですかね

子供にとってどういう事が今の年齢で大切かと。
今の視点で大切

別れた奥さんに男性がいたかいないかよりも
お子さんにとってどっちがいいか。
それで考えると
息子さんは今の年齢からみると
お母さんのほうが必要かなと考えられたのでしょう
それ自体は変わりがない。


いろんな要素が変わって、子供を育てる環境としてよくない
となると親権を変更してほしいということを法的に求めることはできる
たとえば相手の男性がきて、一緒に住んで、子供を虐待するならば
とても問題があるので親権を是非変更してほしいと言える。


今一ヶ月たったばかりで息子さんとしても騙されて
子供をとられた意識が強いと思う
その要素よりも子供のためにどうなのか、そこは考えいかなきゃいけない
別れてお母さんのところにいたのが お父さんのところへいくのが
子供にとっていいのかどうかも考える必要がある

それを考えると一ヶ月できめたところをまた変えようとするのは
特別な要素がないかぎり難しい

親権の変更は今すぐじゃなくてしばらく育てている状況をみて
元奥さんのところにおいておいたら非常に不安、子供のためによくない
というなら親権変更したいと家庭裁判所に申し立てして
調査をして親権変更したらいいんじゃないかという事態なら
親権変更にありまえます
お子さんの年齢による状況によっても変わってくる。


一旦親権をきめて動かないということはない
家庭裁判所は子供のために考えていく
要素がいろいろ出てきた場合は親権を変更しましょうという決定も出てくる
話し合いでも親権をかえる
いろんな要素をみながら親権をかえることも出てくる
次男さんも仕事があって引き取ったとしても
今の環境の中に育てていくバックアップがあるのかどうかもひとつある
おじいちゃんおばあちゃんばバックアップするならできるよという
体制整ってるかどうか

基本的には今きめたことを尊重しつつ
お子さんの状況をみてこれなら子供のためにならないという状況でてきて
こちらのほうが育てる体制が優れていてやっていけるなら
親権変更申し立ても可能

昔はお母さん第一だったが
必ずしも母親が親権にふさわしいとばかりはいえない
整っている体制があるかどうか。

児玉:今は伊藤先生のご指摘のように様子みるのがベター
まだそういう時期においてはいろんな意味において
人生端緒についたばかり
これからですよ
いいふうに考えて
お子さんはお子さんにかわりがない

伊藤:お子さんには面接交渉権もきめてあるんですよね?
相談者:あります
伊藤:把握するためにもあっておいたほうがいい
それこそ虐待されてるかどうかはあってみないと分からない
そこらへんは気をつけてあげてみるのは大事

児玉:どちらにせよご縁があって一緒になったわけだし
お互い別な道を歩んでもいいほうに向かうように
お父さんみてさしあげて。
[PR]



by telejin | 2010-09-14 11:18 | 離婚

2010年9月7日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 児玉清

相談者76歳女性離婚後独身
長男48歳
長男の息子18歳
3人暮らし

児玉:まずあなたのお歳から。
76歳でいらっしゃる。ボクと同い年かなあ。

相談者:
昭和36年に相談者が結婚
昭和58年まで結婚生活
昭和58年に主人に彼女が出来て離婚
その当時住んでいた家、農協から長期住宅ローンで建てた
残債が2000万近く残っていた

離婚して1年後に別れた主人に事情があり
自分に顧客があり、その農協からの残債があったものを
別れた主人が一時払ってくれないかと依頼があった
1年後にその分を農協に支払った。
その領収書をもらった。
それでこの家をあなたにあげるという口頭の約束が
別れた主人からあった


しかし平成17年に元主人が交通事故で亡くなった。
それで遺産相続がはじまり、元主人の新しい奥さん、子供を
相手取り、住宅に払った金だけは返してもらえないだろうかと
弁護士に相談し、手付け金も払って弁護士から
「勝てそうだ」という話もきいた。
それで安心して過ごしてきたら、4年経っているのに
何も動きがなく、弁護士先生から時効だから回収できない、と言われた。
大丈夫と言われてずっと弁護士先生のところに通っていた。
大丈夫だとずっと言われていたのに。


児玉:その家には元のご主人が新しい奥さんと一緒に住んで。
奥さんの連れ子を認知して養子にしている。
元ご主人が亡くなられて、家を返してください。
もしくは、支払った分(残債2000万)を返してください、と。

相談者:元主人は私と一緒になる前に過去の子供、自分の子供含めて子供が4人もいる。
(速記者注:正確には5人。結婚前3人+自分の子1人+離婚後養子1人=合計5人)

児玉:ということはご主人はあなたと一緒になられた時に既に3人子供がいらした。
なるほど。

前のお子さんたちとはどうなってますか?
相談者:連絡は全部とれます
児玉:遺産に関してはどういってますか?
相談者:同じ弁護士に依頼してます。前の息子たちが依頼してからはじめて私はその先生に断られた。

児玉:今日のご相談の主旨は。
相談者:家を建て替えた2000万をいくらかでも戻してもらえる可能性があるかないか
今の弁護士先生はダメだといっている。
児玉:あなた領収書はもってらっしゃる。
相談者:持ってます。

弁護士 伊藤恵子

いろいろ大変ですね。
元夫には相続人としては 平成17年当時の死亡時の妻と
子供は何人になりますか?
全部で

相談者:5人でございます。
伊藤:あなたのお子さん
前に3人いて、あなたの子がいて、その後にお子さんがいて、
全部で5人とそういうことですね

あなたの依頼されたのは元夫が亡くなってすぐですか?
相談者:そうです

伊藤:その弁護士先生はどういう法的手続きを取ってくださったんですか?
相談者:それがよく分からないんです。
伊藤:あなたと打ち合わせていても相手に対して請求しないといけません
あなたが請求できるものとしては、
ひとつは2000万出したので家が存在します
その家は元夫が住んでいた。そしてその妻と子も住んでると。

相談者:現在は、元夫が亡くなってからすぐある団体に家賃で貸して
本人たちがいなくなりました
それでも子供が学校に行ってるのが分かったので
そこを訪ねれば居所はわかるのに、と私から弁護士先生にいったのだが
弁護士先生がどこまでやってくれたかは不明

伊藤:具体的に弁護士先生が何をしてくれたか話だけでは分からない
家自体があなたのものなので引き渡して貰いたい、というのは可能性として言える
家をやるよ、と口約束したのにその家については何もしていないで
時間が経ってしまったそこが問題で家をあげるという立証できない。


立証が難しいから2000万を立て替えているから請求権があるよ
ということになるかもしれないが、
それについても2000万を出したのに何もしないで来てしまった。
年数が経っているので時効の問題が出てきてしまってる。


相手が時効を利用するかどうかの問題。

いずれにせよそういう状況になった時に
あなたは 元夫の相続人に対して請求する権利がある
あなたの息子さんも含めて(相続人だから)
それ以外の人を含めて貸してるお金を返してください

今の妻はその家にずっと住んでいられる体制をあなたによってつくってもらっていた。
そういうことがあるので返して貰ってくださいという請求をするはずだった


お願いした弁護士先生は請求を相続人に対してしなければいけなかった
それがどうも しないでいてしまった という印象がある
それがひとつ問題

なおかつ逆にいうと あなたの息子さんより前の3人の息子さんの代理人をしている
結局立場が全く逆のひとの立場の委任を受けている
これは相互代理ということで弁護士としてはやってはいけない行為。
ちょっとこの先生のなさってることが あなたのお話通りならかなり問題がある
地元の所属してる弁護士会に一度相談してみてはどうですか。


児玉:これきちんとした弁護士の方を改めて立てるべきでないの?
相談者:新しい弁護士先生たてて構わないですか?
児玉・伊藤:(声を揃えて)当然ですよ!

児玉:構わないですか、ではなくて変えるべきですよ。

伊藤:お願いした先生は「私はできない」といったわけですよね
そもそもそこは非常に問題
何をされていたのか分からない訳ですけれど

相談者:他の弁護士先生が入っても全然話になりませんよ、とまで言われた。
児玉:そんなことないですよ
おかしいんだものこの弁護士のなさってること自体が
しっかりしたところ、弁護士会にお訪ねして。

伊藤:確かに時効の問題があるんですよ
私がもし最初に相談を受けたならば、
時効の問題を考えなきゃいけなかった。
いろんな事情から時効の問題にならない要素があったかもしれない。
それは話だけでは分からないけれども

相談者:私は新しい奥さんによって離婚せざるをえなくなって
その家にずっと住んでいて、その家は家賃をもらって
児玉:家賃はどのくらいもらってるの?
相談者:14万円です、月額。
主人が亡くなってすぐ貸し付けして
死んだ人との契約がどうして借りる側にすぐにできるのが不思議でした
児玉:亡くなられて5年間ですよね

伊藤:もし家の相続の問題としてなら、家の持ち分は
新しい奥さんは半分、あなたの息子さんには残りの7万の1/5が出てくる。
児玉:うーん、うふふふ(苦笑)

伊藤:そういうような活用の仕方などいろいろあり
単に要素として時効で切れるような状況ではなかったかも
ちょっとそれは分からない。
そこを含めていろんな実情を踏まえて新しい先生によく相談されること、
前の先生については非常に問題があるので新しい先生ともよく話をしながら
やっていただくということを考えたらいいと思います。

相談者:とりあえず新しい弁護士先生に、
児玉:絶対そうすべきですよそしたらもっと解決すると思います。
相談者:全部材料もありますので、相談していいんですよね
児玉:ええ、絶対相談すべきだと思います。
相談者:わかりました本当にありがとうございました。
児玉:とんでもございません お役に立てればいいんですが。どうもです。
[PR]



by telejin | 2010-09-07 11:00 | 遺産相続

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧