テレフォン人生相談

2010年11月9日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:児玉清
 
相談者42歳会社員
義理の母
夫46歳会社員
長女高校一年
長男中学2年

相談者:下の男の子がお友達に声をかけるのがなかなが苦手
小学生の頃は大人しいんですけれど友達が遊びにきてくれたり
たまに遊んだり
でも中学校入ってからは全然遊ぶ友達がつくれないという感じで

児玉:小学校のころは交流はあったとおっしゃったけれども
母親からみていてなんの異常も感じられなかったということでしょ

相談者:確かに大人しいんですが、
周りに人がよってきたりとか自分で声かけなくてもそういうことあったらしいが
中学校にはいったら皆活発になって


児玉:遊びはどうなの?
相談者:ゲームとか
児玉:ああ、そうか一人で黙ってゲームしてるタイプ
今の典型的なお子様のタイプであるよね

児玉:あなたが相談してきたきっかけは
相談者:中学校はいってからもひとりでたまに声をかけられても
自分は何を帰していいかわからないといっていて
無理しなくてもいい、肝心なことだけ返せばいいと言ったが
学校いってもひとり 常に一人の感じで

一年くらい前はすぐに手をあらいにいったり
箸おとしてもジャージャーあらいにいったり
今まではそんなことなく大人しかった

それが友達とうまくいかなくなったりした頃から
そういうことでてきて、夜眠れなくなったり

一時すごい私も悩んで
一日一回勇気だして声かけてごらん挨拶してごらん
そうして涙ながしてそういう会話してたんですよ
そういう期間が一年ほど続いていて
先生とも相談して確かに大人しいという話
クラス替えが終わって明るくなってきてる

児玉:今日のご相談としては母親としてみていて心配。

相談者:自分がひとりでいいなら個性だが
本人としても本当は遊びたい中に入りたい
が自分としてはできない
私の知ってる範囲でアドバイスはできるがでもやっぱり変わらない
それをどういう風にこう。。。。

児玉:そっか
母親としては本人がやきもきしてる気持ちがなんとか
うまく友達とのね・・・
相談者:前は勉強していたが今は生活にめりはりがないんですよ
朝起きたらテレビをみて、疲れて一日終わってしまって
勉強も集中できない前よりもだらだら。

児玉:成績はどうなの
相談者:まあまあ
前よりはやらなくなってきている
気持ちの切り替えができない
だらだらで一日終わってしまう
何かきっかけをつけてあげたい

児玉:こちらには高橋龍太郎先生がいらっしゃるんだ

回答者:高橋龍太郎(精神科医)

はじめまして高橋です
お子さんは中学の2年で
クラブは?
相談者:卓球です

高橋:卓球やっていたら人と友達知り合いは随分いるでしょうに
相談者:なかなか上手くできないみたいな
高橋:うん?卓球が?
相談者:お友達と

クラブ活動ってのは時間帯をともにして随分一緒にいるわけだから
クラスメイトよりはるかにできやすいですよね

同級生はいない?
相談者:いますけど
そんな感じはない
高橋:そんな感じってのは一緒に遊ぶってこと?
相談者:はい
高橋:卓球自体は熱心にやってるわけ
相談者:そうですね
高橋:手をあらうとかなんとかでクラブで浮いちゃうとかは無いのね
相談者:特に感じないです
高橋:普通に休まずにいけてるのね
相談者:はい

高橋:まあ、中学1,2から3年にかけては男性には第2次性徴という
性の刺激があらわれていったん閉じこもって大人の自分をある程度把握できるようになって
また外の世界に出て行くという時期

そのときの受け止め方ですこし孤立したり渡り合っていけなかったりは多い
そんなに珍しいことじゃない
全体の眺めをみてると最近はあかるんでしよね

相談者:一年前よりはよくなってる気がします

高橋:だとすると家庭の雰囲気やいろんなものが彼が黙っていても
お母さんの役割とか、
彼を支えるようにカバーするようにコミニュケーションを成立させていて
彼が強いて主張しなくても全部受け止められる家庭環境なんだよね
自分から主張する力そがれてるんだよね

さしあたり学校の先生も丁寧にみてくれるという話のようだから
たとえばスクールカウンセラーの先生はいる?
相談者:います

高橋:結局ね単に場数の問題だから話かけられて緊張してうまくいかないのは
中学生時期にそうなるのは多い
子供たちは無防備に知らないもの同士ですぐに口聴いて友達になるでしょ
大人だったらならないでしょ
なんのきっかけもなしに友達になれないでしょ大人は

そういう小学生から中学生のどうやってコミュニケーションとって
トレーニング不足なんですよ
そういうことについてカウンセラーに
「自分が友達になりたい人から声かけられても緊張して
すぐ返事を返せないうちになんか声をかけられるのも減って来ちゃって」と相談

そのときに HOW TOも重要だが
一番重要だが見知らぬ大人とじっくり3,40分なり会話をして
自分のことを相手側にしらせてアドバイスをうけて
ある種の継続する関係をつくることが重要


これが親や兄弟だったら簡単にできるが
新しい人間とそういう関係を持って自信になることが
同世代への第一歩になっていく。
継続的にカウンセラーにはなし聴いて貰うことは重要

あまり心配しなくていいのは
本当に孤立してしまってるひとはクラブ活動は続かないのよ
クラブ活動続いてれば3年続けば
親しくない関係といえど、他からみたら濃密な関係ですよ
なんらかの形で将来の人脈、財産になる

そういう意味で心配しなくていい
そういう第2次性徴へてなんらかの形でコミニュケーションを作り直す
時期にとまどったということでい

お母さんがしっかりしてるのでこどもがちょっと甘えちゃってるかな
というのが見えますね
出過ぎたお母さんはしょうがないよ
出過ぎないようにできない。

相談者:なるべく外にひっぱりだそうとしても
あまり乗ってこない

高橋:あとほかに地域のお稽古事とかなんとか教室
ボーイスカウトとか地域活動とか
彼にふさわしいのがあったらすすめるのがひとつのほうほう

相談者:出て来ないんですね
児玉・高橋:うふふふ(2人とも笑う)

児玉:問題無いと類推します
先生がそうおっしゃってるんだから
ご心配ないと思います。


放送後の那須恵理子アナウンサーのナレーション
なお、人生上の悩みについて相談ご希望の方は
今日火曜日と明日水曜日の午後1:30から午後3:00まで
電話でのご相談をお受けいたします。
03-3211-3288
03-3211-3299
へお電話ください。
間違い電話の無いようにお願いします
[PR]



by telejin | 2010-11-09 11:16 | 成長・発育に関する問題

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧