テレフォン人生相談

タグ:加藤諦三 ( 121 ) タグの人気記事




2010年9月11日 テレフォン人生相談

(非公開さま、ご親切にありがとうございました)

パーソナリティ 加藤諦三

相談者63歳男性同棲中
同性している女性45歳
前の離婚は平成7年
子供は娘 息子 2人とも結婚して独立

15年前に前の会社で知らないうちに連帯保証人にされて
借金を背負わされた。
加藤:会社があなたの名前を書いて、ハンコを勝手におしたということですね?
相談者:多分そういうことだと思うんですよね


相談者:仕事でインドネシアに行った。
連帯保証人になったのを知ったのは去年夏頃に
保障協会から連帯保証人になっていると書類がきた


元金が900万で利息込みで2000万くらい
それで連帯保証になっている元社長に言った。
元社長と、前の別れた女房が一緒に結婚している。

加藤:インドネシアにはどれくらい?
相談者:2年くらいですね。

加藤:行っている2年の間に元奥さんと元社長さんが親しくなったと
相談者:そうですね。

加藤:そうするとあなたは一切知らない訳ですよね
知らないといいましたか?
相談者:はい、インドネシアでもサインした覚えもハンコも押した覚えもない
保障協会が平成7年の12月に 5000円だけ1回払っている
一度でも払ってるなら、払う意志があると認めたような感じになる
加藤:5000円は本当に払ったの?
相談者:いやいや。保障協会の連絡で初めて知った。
連帯保証人にもなってないのにたとえ5000円でも
払うわけがないでしょ、と自分が言った。

相談者:前の女房に電話してきいてみたところ
「今弁護士立てて もうすぐ片付くからそっちに迷惑かけないから
関係ない。知らんふりしていればいい」という
請求書きてるのに しらんふりしている訳にいかないでしょ、と言った。
それ以上言っても言い争いになるから電話を切った。


加藤:その会社はつぶれたの?
相談者:帰国してからつぶれました。

加藤:社長さんとは話ししてない?
相談者:話してない。話せないことはないが

加藤:今日の相談は自分が知らないうちに連帯保証人にされて
相談者:それで、弁護士さんに訊いたんですが、
家賃はらってアパート借りてる
新しい家を買おうと思ってるんですが
一緒になろうとしてるひとがもし買った場合
差し押さえられるんじゃないか、と心配
弁護士はこれから買う物件を担保にして借りてるわけじゃないので
差し押さえられることはないが、

相手に対して何もアクションを起こさないと逃げ回ってると思われるから
相手の債務を請求しているところにアクションおこさないとだめ

加藤:家をかったら差し押さえられないかということと、
保障協会にアクションを起こすことの2つですね

弁護士 高中正彦

高中:ちょっと事実関係整理させてもらえますか
平成7年にあなたと前妻が離婚しました。
その前に、主債務者である会社の従業員だったんですか
やめたのいつですか

相談者:社長が逃げたんですよね平成5年
高中:離婚する前ですか?
相談者:前です。
高中:離婚する前に会社つぶれたのね、社長が夜逃げして

高中:保障を勝手にあなたの名前つかったってことは、
あなたの別れた奥さんも一枚噛んでるわけ?
相談者:印鑑証明とか出せないから
高中:噛んでるのね


高中:あなたの奥さんは離婚が成立するまでに、元社長とたくらんで
あなたの連帯保証をでってちあげたと。そういうことですか
平成21年の夏、去年の夏まで分からなかったと
相談者:現住所を東京に去年の夏まで移さなかったので
高中:住所移して無かったので通知がこなかったのね
住所移したとたんに連絡きたのね
相談者:それでびっくりしました

高中:インドネシアへは会社の仕事で、2年間いってるあいだに
別れた奥さんと逃げた社長さんがねんごろになって、保障を勝手にハンコついてしまったと
こういう風に思われるわけね


高中:平成7年の2月に5000円払ったといってましたね
誰の名前ですか?
相談者:会社の名前だと思いますけど
高中:会社の名前で払ったか、あなたの名前で払ったかは訊いてないのね
現金で支払ったのは銀行振り込みか、詳細は聞いてないのね?

高中:結論は早い話なんですよ
あなたがね知らない間に勝手に名前を書かれて、
保証人というところに あなたの名前の刻んだハンコを押されちゃった。
誰にも保証人になっても良いと頼まれた事ないですよね?
保障協会っていうのはお金貸すところじゃないから、
どこかの金融機関がお金を貸しているんですよ
そこがどこだか全然わからないですか?

相談者:まあ、それ調べれば分かるかも
高中:あなたは全然分からないのね

高中:ということだとすると
あなたは保障するつもりもなく、勝手にあなたの名前を使われたので
それ自体で保障債務を負ういわれは全くありません


高中:最初の質問ですよ。
このままにしておいたら今一緒に住んでる45歳の女性と再婚して
家を買おうと思ってる、それが差し押さえられるか、という心配。
あなたの相談した弁護士はどこのひと?
相談者:それは不動産会社の顧問弁護士さんに、不動産会社の人が訊いたらしい
高中:あなた また聞きね?
はっきりいうと弁護士はそんなこといってないはず
差し押さえる可能性あります
差し押さえの前にあなたに対して必ず裁判あります。
裁判の払えの判決がない限りあなたの家を勝手に差し押さえできません
必ず判決とってその上で強制執行になりますから
手順を踏んで差し押さえになります


高中:ただし保障協会がこのまま黙ってると思わないので、
あなたに対してどっかの段階で決断を下して訴訟に進みますよ
訴訟になったときにあなたはどう争うかと。
あなたは保障したことがないとそういう争いになります。
保障したとされる時期に俺はインドネシアに居たと。
パスポートのコピーを出せば一発ですよね。
日本に居ないんだから、保障しようがない。
そういう立証、証明行為には弁護士さんに任せたほうがいい
判決では、あなたに無断で誰かが保障したと
ということであなたに保証債務が無いということで
保障協会の訴訟はむこうの負け。


次、
あなたが家を買ってびくびくした生活をしたくない。
じゃあ、こちらからアクションを起こすかと、弁護士が言ったとまた聞きしたと。
うーん、アクション起こすのはなかなか難しい。
保障したことがない、保証債務不存在確認を求める裁判を起こす。
そうすればこちらからのアクションになる
それについて、あなたのほうで訴訟費用が若干かかる
あなたとしてもこのままずっと保障協会からの裁判が起こるまで待ち続けるのは
家も買えないし、中途半端だと。
早く家を買って、安定した生活を求めたい。
保障協会のとの関係が喉元に刺さった短剣とすれば
連帯保証債務不存在確認の裁判を起こす意味はある。
それは弁護士にいくしかない。


そうすればあなたとしては安心しておうちが買える。
それが今日の答えですが、
その前にちょっと事情きかせてもらえます?

高中:あなたと奥さんの離婚原因はなんだったんですか?
相談者:当時ボクには当てはあるものは無かった。
高中:奥さんが不貞だったの?
元社長さんとできていたってことは
あなたと離婚前にそうなっちゃったんでしょ?

どうも勘ぐると奥さんが裏で糸引いてる感じがする。
なんでそんな風にされる言われがあるの。
相談者:分からないです
高中:今の45歳の女性とは知り合ってなかった?
相談者:全然無かったです
知り合って2,3年です
高中:なんか奥さんがあなたを後ろから切りつける話だねえ。
なんでそんな目にあうんだろう。

相談者:分からないです。

となると裁判になったときに奥さんが恨み辛みで
「この人保証人になることを了解しました」と言いかねない。
大丈夫?
なんか不思議な話だけど


仮にインドネシアのアリバイが無かったと仮定しよう
裁判だとそういうことはしょっちゅうある。
保障したことが無いと言った人が常に正しいとなると世の中の保障がぐちゃぐちゃになる。
いいわけをして保証債務逃れようとするから
保障協会、銀行、当初の借り入れを保障を取ったときの状況について、
あなた以外の誰かが保障としてあなたの名前を署名してハンコをついた。
誰がどういう状況でやったかという状況証明になる。

その前にあなたが奥さんに対して 保障してもいいという権限を与えたかどうかと
ひとつの争点になりかねない。
相談者:いやそんなことはないです
高中:分かってます。そういう争点がありえますよ、ということを知っておいて
そういう戦術を含めてあなたがやるのは無理。
餅は餅屋、プロの弁護士に相談して、見解を決めて納得して先へ進むということ。
以上です。

まとめ
人生には予想もしない事が起きてきます。ただどんなことがあっても取り立て屋はついてきます
[PR]



by telejin | 2010-09-11 11:00 | 借金

2010年9月9日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者45歳男性既婚
妻44歳
長女23歳、長男16歳
4人暮らし

長男が高校1年
なかなか友達とうまくいかなくて
不登校という格好。
辞めたいという言葉が出たので
私夫婦からすれば
学校行け学校行けと顔みれば言うので
子供が私たちに顔を向けたくなくなった


加藤:朝は何時頃おきてます?
相談者:昼頃になってしまって
生活パターンが変わって。

加藤:ご飯は家族ととってない
相談者:とってないです

加藤:夕食もとってない
相談者:出てこない。

冷蔵庫を もさもさ やってるような

加藤:家の人と会うのがいやなのね
相談者:そういうことになりますね

相談者:妻は自分の思い通りに好きなようにやらせたらどうか
加藤:でもこの子は自分が何をやりたいのかわかってないですね?
相談者:多分わかってない学校辞めたい一心だと思ってます。

加藤:親子で何をやりたいか真剣に話し合ってないですね。
相談者:話すと黙り込んでしまって。話にならない。

加藤:あなたの中でこの子がなんで辞めたいと言い出したか
思いあたることは?

相談者:本人から直接聞いたんですけど、女の子に嫌がらせされたみたいなんですよね
加藤:学校で?
相談者:息子は涙ぐんで帰ってきました。
加藤:嫌がらせとは何ですか。
相談者:よく分からないけど、学校行きたくないと
加藤:嫌がらせの内容が分からなければ、
嫌がらせがあったみたい、ということですよね。
相談者:無視されたみたいで

加藤:大変失礼な言い方だが、
あなた自身が長男について正確な事態の把握はほとんどない
嫌がらせがあったみたい、無視されたみたい。
正確に把握出来てない上に学校い行け、行けと。
それで学校にいくとおもいますか?

相談者:行って欲しい。
加藤:それは分かりますけれども、行かないでしょ。

加藤:ボクも大学で教務主任やっていて、学生がいろんな問題おこします
親がそこに相談に来られる場合
経験では例外でなく親が子供に関心ない
何もしらない。
関心がないから知らない
共通してることは 関心がないから知ろうとしない
ただ問題を解決しようとはする
それだけなんですよ。
原因が分からないのに解決できない

この場合にあなたが自身が長男に積極的関心もってるとはおもえない
子供が成長するためにはね、親の積極的な関心は不可欠
不登校の原因の第1位は親の無関心

ちょっと話きいただけでも分かるんですが
子供に対する関心が無いのではないかと
お母さんも関心無いみたいですね。

加藤:それまではいい子だったんですか?
相談者:いい子でした中学までは
加藤:親の言うことも先生の言うこともよくきくし、成績は?
相談者:よくなかった。下でした

加藤:問題はおこしてなかった。
中学校まで順調だった
親に反抗もしなかった。

加藤:あなたたち夫婦関係のこときくとなんで?と思うかもしれないが
あなたは奥さんとうまくいってますか?
相談者:いってます
うまくいってないと家は居心地悪いですよね
そういうような事から考えてあなたたち夫婦に問題ありませんか?
相談者:別にないですよね。

加藤:思い当たることない、夫婦関係問題ない、いいお父さんお母さんだった、と
と思います?
今の話きいてもそう思います?
親の関心が必要だといってからもそう思います?

相談者:家ではほったらかしで
この子、ええ子じゃけん、何も関心せんでも
加藤:お父さんお母さんにこっちむいてもらいたい、という良い子でしょ?
辛いけれども良い子だったんですよね
そこまで分かっていただいた上で

回答者 森田浩一郎

森田:もしもし、はい
ボクは今ね、中学高校の子みてるが
辞めたいというのは
一番は成績が落ちた、分からない、いきたくなくなった。
何かしらないけど人間関係って この学校ではうまくいかない
そういうのはある
選んでそういう学校にはいったけど 10人に1人とか学校にあわない
もうひとつはいじめ。

入ってまだ何ヶ月もたってないので強いいじめはないとおもう
そうなると坊ちゃん。
可愛い子に声かけたら なによといきなり反発を受けたと
初めて思春期で女の子に声かけて傷ついた
男の子で気の弱い子だと俺は思うんだ。それが原因で
悶々として夜寝られずに起きられない悪循環ですよね。

そのときに、男が出て行くと難しいんだよな
ここは母親でるべきまだ15,16は母親
父親がでていくのは難しい
辞めて好きにさせればいいというのは
ぶらぶらしていればいい、ってことでしょう?
母の義務を果たしてない。
ちょっと無責任だよ。

こういう無責任がここであるということは
小学校、中学校もこの子に対してお母さんがそういう無責任があり
お母さんと息子との関わり方うまくいってなかったと思う

男の子って 同性である父親にうまくいくときは最高にいいが
うまくいかないと最低になるんだよ
あなたからきいた話だから本当かどうか分からないけれども
女の子にちょっかい出したことが原因でこうなるなら
奥さんをうまくつかってコミュニケーションをよくやってください

10回または5回に1回はどうしてるんだ、ときいてみて
年中あなたがわーわーいっていたらいやになるよ
まずはお母さん。

加藤:森田先生の意見に賛成
母親ださなきゃだめ
何故あなたは妻に
この子に関心を持って、この子の問題に取り組まなきゃいけない、と言えないんですか?
相談者:女房だけに負担をかけてはいけないと
ちょっと事情があってそれは言えないんですけれど

加藤:つまりあなたと奥さんは親しくないんですよ
気が引けてるんですよあなた。
あのね、父親が母親に気が引けてるんです
そこが問題なんですよ
もしあなたが言えればこの問題の本質がでてくる


どう出てくるかというと父親母親が対立でてきます
つまり父親と母親の対立が隠されてる
表にでてこないが
その対立の犠牲者がこの男の子。

はっきりしますよ「おまえの態度はなんだと」
奥さんに気が引けない形できちんといえば
奥さんとあなたは対立する
そこで問題がはっきりする
この家は外からみると平和にみえたが
実は平和でなかった。対立が隠されている
その犠牲者が男の子

まず夫婦関係の調整
奥さんにまずはっきりいう
気が引けたらダメです。
はっきり言えないうちは不登校の原因は自分だとおもって

森田:最後にひとこと
俺はどうしても学校に行って貰いたいが、
女房があの子の思い通りにやらせたらといったが
この相談ではそこがずっとひっかかってるんだよ、
奥さん関心ないんだよ
まずは奥さん教育しなきゃだめだよ。

まとめ
子供は親の積極的関心を必要とします。
[PR]



by telejin | 2010-09-09 11:16 | 成長・発育に関する問題

2010年9月6日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者、58歳女性既婚
主人61歳
35歳、33歳、26歳、全部女

長女が離婚したい。
孫は12歳男、7歳女、6歳男
離婚したいのは旦那からの暴力がある
一昨年の夏 子供を連れて帰ってきた

旦那は子供が可愛いから戻ってきて欲しい

暴力があったあと医者にいかなくてはならなくなったり
5,6年前は腰を蹴られてしまった
7歳6歳の子に手をあげて、娘(=相談者娘、子供たちの母)が追い被さるように
そのときに腰を蹴られた
鼻を殴られたり、あばら骨、最後は腰を蹴られた。

そのときは2週間くらいうちにきていた
主として5,6年まえの暴力。
それがあったが今はない
お金が絡んできてしまう
娘がバイトで9万10万
それで子供3人の給食費、洋服、食費全部払っている

加藤:給料は主人が全部つかったってこと?
相談者:家をかったのでローンと光熱費はいれている
あとはいくら稼いでいるかわからない。

加藤:子供にも手を上げることがあると。
相談者:子供たちが騒ぐということをうるさがる。
私に言わせると子供3人もいればかわいくて仕方がないと思う
騒ぐというのがいや

加藤:父親でいうより自分が天下でいたい
子供が騒ぐからおこる
奥さんとしては子供が3人いてその上の奥さん、
2人で育てるという感覚がない
そういう父親の仕事はしてない
夫婦でうちとけてない

一人っ子で育って釣りをしてるのが好き。
人とどう接していいか分からないんでしょう
会社でこれとこれと仕事があって決められた仕事できる
でも父親夫婦は役割ですから
そこらへんがおそらくこのご主人からすると
どう接していいか分からないと。

なんだか知らないけど結婚して父親になってしまった
自分でも今どうしていいか分からないということでしょう
離婚するといわれると困るんでしょうね

相談者:離婚するなら養育費は払わないぞといってるらしい
今までは出て行けた。暴力あったから離婚別居はできそうだった
今はそれがないので、出て行くきっかけがない。
出ることは決めている。
加藤:そのときに法律的にみて落ち度の無いような行動はどうしたらいいか


弁護士 志賀こず江

志賀:こんにちは
ご主人は36歳会社員
もともと暴力して自覚しているなら こんなことは起きない
こんな自覚はない
アルバイトだけで生活まかなえると思ってるが、まかなえるはずはない
彼は想像してみる気もない
本当に離婚という状況で展開していくとは彼は思ってない
お嬢さんが本当に離婚と思ってるなら、
彼女が見切りをつけて動き出さないと いつまでも終わらない

いざこうなったときに私が非難されないように、というのは分かるが
その場で殴られたから出て行った のではなくても
お嬢さんが後ろ指指されることはない

ご相談者本人の相談ではないので切迫感が伝わらないが
本当に耐えられないのがあれば、実家もあるし、
本当に切羽詰まっているのが本人かどうか それが問題
養育費出さないといってるひとに離婚届けにサインしてもらって出したら
どうにもならない

本当に離婚を考えてるなら、家庭裁判所に行き、調停を申し立てて
手続きをやる。
暴力をする人に 離婚というのは危険だから
実家でパックアップしないといけない。

養育費とれないということはない
請求はできるし、払えという命令ももらえる
これは夫の収入と妻の収入を勘案して
そういうことで最終的に計算した額
1人3万でるかどうか分からない
そのくらいのつもりでいてほしい

別れる時に結婚後の財産を分け合う
うちはお金なくて長くいる
結婚後にプラスの財産なさそう
夫の暴力で慰謝料。
それが何年もたってるが、年数は関係ない
医者にいってカルテ残ってないとダメ。
相談者:過去にもずっとこういう事あった
志賀:数年たったから殴った蹴ったは無しにはならない
暴力ふるい続けていたからそれに慰謝料請求するが
支払い能力ないと払えないので

高額もらえないであろう養育費と
もしかして養育費もとれなくなるかもしれない
そういう状況の中で自分ひとりで育てる
という覚悟をもって、それでもこの人とは一緒にいられない
そういう腹をくくる
そういうものがないと離婚は難しい
ご両親含めて今後を相談なさってください


相談者:でもこれは、親が出るのはまずいですか?
志賀:当人同士話あって続けていく話ができるなら それがいい
ただ両家がでていって お互いの言い分をいったとしても
解決にはならないでしょう

相談者:親としてこういうご時世だし娘と子供が
4人がはいってきてやっていけるか心配。
志賀:離婚して子供を育てるというのは覚悟が必要
実家を当てにできない、そういう覚悟がいる
離婚はとても大変なことだとアドバイスされてください

集まって話すること意味ないですよ
ご主人がいったことと 実行することは違いますから
お嬢さんの覚悟の問題
覚悟があれば貫くということでしょう



まとめ
意識の上では人と親しくなりたいけど、無意識では親しくなるのが嫌だという人がいます
[PR]



by telejin | 2010-09-06 11:25 | DV

2010年9月2日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者、64歳女性既婚
主人67歳
長女33歳、次女31歳
4人暮らし

長女の買い物依存症
着ない服でもかいこんで、タンスの中がいっぱいになる
買ったものは使っていない


加藤:いつごろからですか
相談者:4年前に一度バックくつ、400万ほど買い込んでしまった
これはもう大変なことしてるよ、とアドバイス
もう絶対しないから、と娘
月々いくら払います、ということで収拾。

また気になって、2,3ヶ月前から買い物が始まった
仕事はしている
働いてはらっていくといってる。
とても払いきれないという金額

これは本当に治るものなのかしら
親はどういう風にやっていったらいいか

加藤:大変心配なのは分かります
お嬢さんの側にたっていえば
買ってはいけない、と

相談者:後悔してるみたいでもやめられない
でも買わずにはいられない

毎日がストレスで耐えられない

加藤:仕事の問題じゃなくて、彼女のこころの問題ですから
どういうお嬢さんですか?

相談者:本当に優しくて思いやりがあって
私たちのいうことに反抗はなかった
何か頼んでもすぐに立ち上がってやってくれる
だから私たち両親も何か頼んでしまった

加藤:あなたの側からするといいお嬢さん
でもお嬢さんの側からするとどういう気持ちだったか想像できる?
つらかったでしょう
恐怖ですよ 怯えて生きてきてるんですよ
だからストレスがどうにもならなくなってきてる。
優しくて思いやりってその通りですけど
自分より相手のことを先をする
自分の必要性を否定してまず他人の必要性を先にする
小さいころの怖くてそうしないと自分が受け入れられない、
だから相手のことを優先するんですよ
それがあなたからみると思いやりのある子
お嬢さんからすれば怯えて生きていたし
愛情飢餓感で限界
ストレスでどうにもできない

相談者:本当に後悔はしてます。

加藤:こういう事態になったことをあなたは後悔してるけど
もともとあなたの家庭がそういう問題かかえていた
お嬢さんの買い物依存症で理解してるけど
あなたの家が抱えていた問題が買い物依存症という形で
あらわれた。

加藤:あなたがいろんな状態で接している時、
あなたのご主人、父親はどうしていた?

相談者:特に・・・
ご主人の存在感が薄いんじゃないの?

加藤:優しい父親と表現するか存在感のない父親というのか
本当に優しい父親なら買い物依存症にならない。
これからいろんな事態を正確に把握していくと
家族の絆も深まる
私が悪いということよりもどうしよう、ということを考えてほしい

回答者 マドモアゼル・愛

マドモアゼル・愛:お嬢さんは恋愛結婚?
相談者:長年おつきあいしていた方がいたが
その人に相当モラルハラスメントうけていた

マドモアゼル・愛:結局別れたのは?親がいったから?
相談者:本人がどうしても嫌だと
マドモアゼル・愛:いちいち話してくれたんだ。

マドモアゼル・愛:加藤先生が「親と子の気持ちが違った」といったが
どういう風に違ったか 想像してみる必要ある
皆が疲れて帰ってきた。誰もが疲れています
だれがお茶いれます?

相談者:上の子がいれますね
マドモアゼル・愛:私がやるよっていったときに
「おまえ、娘つかれてるから楽させてやれよ」って
トラブルありました?
相談者:ないです気遣いなかった
お父さんが娘をかばって奥さんと喧嘩したことないでしょ
相談者:夫は私をかばって娘を怒りました。

マドモアゼル・愛:じゃ、疲れてる時に私がコーヒーいれる。
お嬢さんの気持ちどういう気持ちか分かる?
この人たちから私本当に愛されてるとは思えないお嬢さんは

人生のこころから来る不幸は 味方と敵を間違えること
お嬢さんにとって今大事なことは家を離れること。


相談者:こないだ、仕事を辞めたらどう?といったら
仕事を辞めるのもいや、家から離れるのも嫌といっていた
マドモアゼル・愛:お嬢さんは33にもなって敵と味方を間違ってる
こんなに苦しまないよ

マドモアゼル・愛:やっぱりあなたの接し方、そつのなさ、には
絶対自分が問題ないように見せる力がある
あくまで娘の問題で それに悩む母の立場を崩そうとはしないよね


お母さんに責任があるなら、
相談者:私が全部責任があると思います。

マドモアゼル・愛:娘さんが奥底で感じていて、それでもお母さんが問題じゃないと
言わせる立場にたっていて、お父さんは分かっていても助ける力ないなら
お嬢さんは誰からも守られてないよ。

相談者:妹が言うには私は結局、うるさくお姉ちゃんのことを言い過ぎる。
何から何まで思い通りにしようとしている
だからああいう風になったんだ。と下の子がいった

マドモアゼル・愛:お嬢さんからみた立場は全然違って
何かいい子でいるときに恐怖を感じて生きてきたんだな、と

加藤先生のいうとおりに

その分お母さんがいい想いをしている
お母さんが未熟なところがありそれを隠すためにこういう問題になっている
お母さんも一緒に病理を解決しないと
自分の人生に本当の意味で満足してない
そうじゃないとここまで酷くならない

加藤先生にもう一回。

加藤:お嬢さんに対して依存心が強い。
お嬢さんが思うようにならないことが気に入らない

相談者:そうなんです着るものから何まで

加藤:それがお嬢さんに対する依存心
それを認めて 私の愛情飢餓感、依存心の問題と理解してくれれば
解決していくと思いますよね

お嬢さんの辛い気持ちの理解もできてる
あなたはこれからひとりで生きていける人間になろうと。
ご主人もあなたを恐れていますからね
ご主人は一家の主人になってない。
これを機会にこれを解決すればきっと家族の絆は強くなります

相談者:分かりましたまたやっていきます

まとめ
人を悩ますのは味方の仮面をかぶった敵です
[PR]



by telejin | 2010-09-02 11:16 | 依存症

2010年8月30日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者、48歳女性既婚
夫、49歳
子供16歳、14歳2人とも男

去年夏に自分が仕事をやめて家にいる
主人は自営をやっていて、家にいることが多い。

現場監督。

最近主人の仕事が無く、家にいることが多く
話をしていてもちょっとしたことで喧嘩。
お互い煩わしくなっている
同じ空気にいるだけでうんざり


はっきりいってもう嫌い。
嫌いな人と仲良くしなければならないのはストレス。

加藤:いつ頃からですか嫌いな人と一緒にならなければならなくなったのは
相談者:今年になってから。

主人が仕事があって、家にいないと問題はない。
いつも一緒にいることがいらいらする

あとは金銭面ですね
夫の仕事がないから収入がない。
私の両親から生活苦しいから内緒でお金貸して

毎月5-10万くらい貰っている。
父79歳、母76歳

加藤:ご両親にしても月々これだけ渡すのは苦しい
相談者:勘弁してくれといわれている
加藤:そうでしょうねえ。

加藤:女性がここまで嫌いになるとどうしようもない。
相談者:そうですね。
本当は仕事がサラリーマンのように収入が安定していて出勤していればいい
前はサラリーマンやっていた

相談者:収入が少なくても毎月入ってくればいい
加藤:そういう安定した生活を望んでいる?
相談者:今の生活形態に不満がある。

加藤:これ恋愛結婚でしょ結婚当初はうまくいっていたんでしょ
相談者:そうです

加藤:いつごろからこういう状態?
相談者:仕事がなくなってから

相談者:普通のサラリーマンに戻ってくれたほうがいい
そういうと何をやればいいんだ、と怒る

加藤:あなた女性の友達は?
相談者:とりあえずは数人います。

加藤:あなた自身がご主人の関係を除いても今の生活に不満がありませんか?
相談者:そうですかねえ

加藤:子育ての時は夢中だったわけでしょう?
相談者:いまも、高校生中学生ですから

加藤:今子育てで一番大変なことは?
相談者:最近は子供と父親の対立も多々ある。
間に入っても自分は子供の味方をする
子供にも大人になれという。お父さんに細かいこと言うな、といってる

加藤:別れたいという気持ちは?
相談者:今は無い。
いずれ子供が家をでることになったら考える

加藤:今日の相談は、嫌いな人と仲良くするにはどうしたらいい?
相談者:私の話し方もあるとおもうので
主人も前向きになってくれれば。

加藤:あなたが嫌いだと無理だと思う。
あなたが好きなら家族のためにと前向きになる
今のあなたの状態だと家族のためにという気持ちになれない
ご主人は居場所もない。
子育てでもあなたも子供側につく
家の中に居場所がない

相談者:居間でテレビをみて、でーんとしてる
加藤:あなたとしては気に入らないわけ。

相談者:夜にバイトでもしてくれればいいのにな
加藤:うーん、分かりました。

加藤:今日は法律相談ではありませんが、スタジオには
大迫恵美子先生がいらしてますので相談してみてください。

弁護士 大迫恵美子

大迫:もしもし こんにちは
うーんこまりましたね。
まあ、ひとつはあなた自身が注目しなくてもいいのに
ご主人に注目してる

注目すればするほどあらが見えてきて、
ますますなんだ、という気持ちになって
ご主人の悪いところを探してることになってる

大迫:あなた自身が働かない?
相談者:体調が悪くて 外に出て行く気持ちにはなれない。
安定剤やら、ホルモン剤やら投与してもらってる更年期。

大迫:それはねえ、ひとそれぞれ。
ちょっと年齢的に不具合が出てくるところなので
そちらも家庭の悩みだとおもっていたら病気だったということもある

あと2人きりでしかも大好きになって結婚したわけでないので
あらが見えてくる。
男の人は仕事してないときに くだらないことをいったりする。
何をいってるんだろうと。
それで嫌いになったりするのはよくあること。

働いている時に言葉をきくとしっかりしてると思う。
しかし日常生活でくだらないと思うことはある
環境が悪いのは事実

責める目でみてるとますます嫌いになる
ご主人ばっかりみてないで
あなたの気をそらすことを見つけた方がいい

相談者:仕事してもらわないとしょうがない。

大迫:おそらくねお金、仕事のことはご主人ものすごく焦ってるはず
外見はのんびり見えて本当は一番ご主人が居ても立ってもいられないはず
それをあなたがやいのやいのいうと 腹が立ってしまう
だから仕事ないのは ご主人のせいだけではない
責めないで。


普通、妻は割と演技が必要だと思う。それは嘘ついてるなと分かっていても
優しい声で話しかけると
向こうも反応が変わるそうすると関係がよくなる。

そうやってだんだんよくなっていくと
あなたも優しい声を苦もなくだせる
関係の改善をがんばってみては


加藤:よろしいですか
やっぱりあなたご主人嫌いというけど頼ってる
頼っているから頼るほど、ご主人にこうなって欲しいという
気持ちが強くなる
しかし現実は違う。

そうすると現実とのギャップに腹が立ってきて。
あなたのご主人に対する依存心が 嫌いになった原因。
自分の中に 頼ってる自分がある。
ご主人無しに生きていけない。

大迫先生がいったように
自分も反省してみて、
気持ちを変えると体調も治る。
こころの姿勢と体調に関する研究がアメリカには膨大にあって
受け身、悲観の人のほうが体調悪くなる。
悩みは人を殺す
悩んでいると体調どんどん悪くなる

友達がいるでしょ、友達と話してみて気晴らしを
お父さんの良い面を見て。

いやな気持ちを紙に書いてはき出してごらん
誰もみないから本当のことを書けばいい
感情をすっきりさせてお父さんを新しく見ればいい
やってみてください。

まとめ
嫌いな人と仲良くすることを長く続けると、こころは壊れます。
[PR]



by telejin | 2010-08-30 10:59 | 家族関係

2010年8月23日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者、72歳女性既婚
夫、79歳
子供、47歳女、36歳女ともに既婚者
子供は独立して2人暮らし

夫がガンになった。何がおこってもおかしくない時期
延命処置をするか署名をしなくてはならない
子供は延命をしないことに反対している。

夫婦で以前から延命処置はしないという話し合いになっていた
しかし47歳の娘が延命するといっている
36歳の娘は、かわいそうだと言ってるが母が選んでいいといっている

47歳の娘は絶対延命といっている夫婦でそういう話をしていたと説明しても
どこに証拠があるのか、と反対している。
医師がいるところでもそんな話の証拠は無い、と反対していた
家に帰ってその件について話をしようとしても
話し合いにならない聞く耳をもたない。

加藤:今までもどこの家族でもそういう重大な話し合いはあるはず
相談者:夫と娘については話し合いをしたりしない。
自分を介して娘と夫はやりとりをしていた。
親族に対しても、そうだった

娘のすることに夫は反対だった。

加藤:お嬢さんの側からするといろんな想いがあるわけね
相談者:どういう想いがあるかわからない
そんなに父親が大切というわりには見舞いに来ない。
娘の子供は大きいから見舞いに来られるはずだが。

加藤:お嬢さんが小さい頃から娘とご主人の間にあなたが入っていた。
相談者:そうですそうです
主人も昭和の男で忙しく、忙しい時でも電話一本よこさない

加藤:ご主人は典型的な日本の男性
相談者:がむしゃらに仕事して下から上り詰めてトップに上り詰めた
腫れ物をさわるように主人をみつめていた。
この人の顔色を見ながら暮らしているのはたまらないので
6年前から別居したいと言い出した。

そうしたら 変わった。
鬱陶しいくらいに優しく、私が行くところ行くところ、送ってやると。
あまりにも変わりようが大きいので暮らしたくないと言えなくなり、
主人がいい人になってしまった

加藤:変わった時にご主人と娘さんの関係はどうなりましたか
相談者:孫ができてからは孫を介して表面はおだやかになった

加藤:お嬢さんもご主人に対して変わったか
相談者:それはどうかわからない。
まだ怖い人だったと思う。
同じことを私が言ったら大変だと思う。
どうしてなのかしらと。

加藤:なんであなたにそこまで攻撃的なんだと思う?
相談者:娘は、私はお母さんのこと愛してると言う。
愛してる愛してる、という。でっかい声で叫ぶ。

加藤:いろんな感情がお嬢さんにあります
ひとくちにどうこういえない。
具体的には延命措置をどうするか

回答者 森田浩一郎

森田:奥様ずいぶん苦労なさっちゃったね。
ご主人79歳、奥様72歳
計算すると
ご主人昭和6年あなたが13年生まれ
ここまで長生きをしたのは幸せだったと思うよ
ご主人は昔のワンマン亭主。
あなたの話をきいているとボクの過去を言われているように思う。
ボクも女房には随分我が儘言った。
女房の兄弟が来るとうるさくってね。

相談者:おんなじ!
森田:おんなじですよ。

父権主義といってね。大正の生まれでね。
同級生でワンマンじゃない人もいたけど数すくなかった。
過去のこといってもしょうがないよ。

子供が2人3人いれば 同じ夫婦の子供でも違うんだよ
過去のこと盛んにいうけど、いってもしょうがないからね。

今相談なさってる問題に絞ってお答えします

ご夫婦で病気になり危険になったときに
延命処置をするかしないか、という問題でしょ
ボクも医者の端くれだし、こういう場に年中立ち会って知ってるけど。

いつかは命は、いただいた命ですからね。
どんなに医者が延命処置をしても必ず人間は死ぬんですよ。
私もガンをあちこち3回やってますからね
いまのところ元気ですけど
私も女房にいってることは、絶対に延命処置はしないようにしようと
お互い言って約束してあります。
娘にも約束してる。
息子は医者だけれど、病気は治してくれと
人工呼吸器をつけるのはいやだと。

今はね、ご家族に説明と同意(=インフォームド・コンセント)をとる。

どうしましょうか。と同意を得ておかないと後であのときに
なんで人工呼吸をつけたり、血圧あげたり、栄養補給したり
どうして生かさなかったの、と訴訟になる。
配偶者に判断を求めることが多い。

ボクが医者なら奥様の言うことを守りますね。

相談者:だから担当医もそういってる。
配偶者の意見が通る。署名しなくてはならないのは妻。

森田:はっきり言うけれども奥様の意見を通されたほうがいい
ご主人も延命はしないよ、とそのことをよく担当医にいって、
選択していただきなさい

先の心配はなさらないほうが
そういう風に担当医にいわれたほうが。あなたの意志で
あなたはご夫婦。一番親しいんですから。

下のお嬢さんとあなたと2人で 上のお嬢さんに
私もこうなったときは延命しないでほしいと一応は説明と同意を
求めたほうがいい
同意を得られない場合は、当事者のあなたの意見に従えと命令すべきです。

いろいろきわどいこと申し上げてごめんなさい
職業柄、こういうお話きいても医者としてつらいのです
どうにもならないのはつらいです
ご家族はもっと辛いですね。

一日も長く自然に生きることを祈ってます。

加藤:はいどうも失礼します

まとめ
「人は不安な時に攻撃的になります。怯えているだけです。」
[PR]



by telejin | 2010-08-23 11:55 | 家族関係

2010年8月19日 テレフォン人生相談

パーソナリティ 加藤諦三

相談者、50歳、女性
夫52歳
長女25歳
次女23歳
長男21歳
三女19歳

長女が結婚したい。
相手は25歳同い年
相手が借金をかかえている


加藤:どのくらい?
相談者:最初何十万かパチンコですった
それを返すためにやみ金かりて350万にふくれあがった
会社から天引き。
結局500万、10年かけてかえす
あと7年かかる

相談者:娘が言うには結婚したら社宅に住める今より生活がよくなる
親としては借金返済おえてからでないと話にならない
娘はそのとき32歳になるので 歳をとってしまうので、待てない

近々挨拶にきたいといってる
こちらとしてはちょっと待ってほしいが、
もう来ることになった

どう接したらいいかすごく心配

加藤:あなたたちは借金とは無縁で生活してきたんでしょうね
相談者:そうなんです

加藤:だから自分たちの借金があれば驚かないでしょうけど
あなたたちからすれば驚きでしょう

相談者:5万円でも驚く

加藤:25歳同い年
500万もすごいが、パチンコ、ギャンブルをしないではいられないという人?

相談者:全く行かないわけではないらしい。
その程度。今は

時々行ってる程度。
職場でも大変な時期にパチンコで負けて返すの繰り返し

加藤:真面目に働けば返せない金額ではない
問題はこれからさきもギャンブルやるかどうか

たまたま500万になったのか
現実に苦しいことがあるとギャンブル、酒、買い物に逃げるとなると金額よりも現実逃避する人かどうかが評価する際に大切。

相談者:今は借りないでやってるとは話にきいてる。

加藤:お嬢さんは恋愛経験は何回か?
相談者:何回かしてるはず

加藤:初めての恋愛で熱くなってるということはない?
相談者:4年くらいはつきあってる

加藤:はじめての人は熱くなって何言ってもきかない場合がある
相談者:初対面のときに私と長男はよいとは思わなかったが夫はいい感じだと思った。
借金の話は後で出て、夫も頭をかかえた。娘が離れる気持ちがなければ、仕方がないと夫は思ってるのか、あまり難しい話を夫はしないので。

加藤:長女の相手が借金抱えてその最初がパチンコだったと。そうなると次にまたこのことで借金が続く可能性があるということで心配だということですよね。

今日はスタジオに医学博士の森田浩一郎先生がいらっしゃるので伺ってみます



回答者 森田浩一郎

森田:もしもし いまのところはちゃんと勤めてる?
3年間は返してるんでしょ
客観的にみれば割合真面目にやってるんじゃないかしら。

なんともいえないけれども
3年間の実績をみて将来をうらなうか。
後2,3年もうちょっときちっとやれるんなら一緒にさせてやるという許可を出すとか
そういう選択肢がある。

森田:おそらく、もう仲がいいんでしょう。
相談者:結婚式場を見に行ったといっている。

森田:僕だったら娘さんに幸せつかませてあげて
2人で借金かえしていくとい考えでいいと思うけどなあ。

お母さんとしては心配だよな。
分かるよ。俺。皆人生なんてそうなんだよ
だれだってうまくいくように願ってる。

あなたもこのお嬢さんがいい子だから
この男の人と幸せになると思ったほうがいいのでは
4年もつきあって、3年借金かえしてる。
お嬢さんも勤めにでて、共稼ぎしないと無理でしょ。
この若い25歳に500万は大きい、大変だよね

でも逆にいえば借金返すために 真面目にやるという
借金が原因で2人が結束を固めてやるという可能性もある
という考え方に変えたらどうでしょうか


恋愛で結びつき、一緒になったら借金があった。
事前に分かってるだけまだ安心だよ。

相談者:気持ちが軽くなりました。
森田:世の中思ってるとおりにはいかないよ。

森田:毎年50万でしょ
25歳で月給いくらか知らないけどかなり大変だよな
でも3年間がんばってる実績を買いたい。

その間にパチンコやってるようじゃだめだよ
娘さんにいいなさい「お母さんにいわれたけど、私と結婚するならパチンコやめなさい」と

きっと一度儲かったことがあるんだろう、
そういうのめり込む傾向のある男性だとおもう
ギャンブルは怖いと思うよ。
人生の落とし穴だと思う。

3年お金を返してきた実績をみてあげたい

娘を信じてごらんよ
男にいってもだめなんだから

嫁にやる以上はパチンコやめなさい、でないと結婚式でないよと
くらいにいってもいい。

もし、奥様が結婚予定で、相手の男が500万の借金があるんだろうけど、どうだろうか
と逆に自分が訊かれたら
2,3年まちなさいといいたいけど、
この場合は3年の実績をかって、この男の子に賭けてみたい気持ちがいたします。

加藤:ご主人は?
相談者:反対したところで娘と険悪になるだけ。といってる

私も娘とは険悪になりたくない
どうせ結婚するなら長い人生うまくやっていきたい。

加藤:まるく収まればってことね。
でもまるく収まることはない場合もある

森田先生の2,3年様子みろというご提案はあなたからみるとどうですか
相談者:それもありかな、と思ったところです

加藤:パチンコをすこしやってるらしいが
相談者:アルコールは全然できないらしいが小遣いの範囲でパチンコなら、と思ってるらしい

加藤:多くのひとがパチンコやってるが依存症とそうでない人がいる
依存症となる人は初めて勝ったときの印象が強い=日々の生活がむなしさがある
そこに強烈な印象をもった、そこから逃れられない
そして借金をして借金がふくらむ。今のギャンブル依存症についての考え方。


加藤:借金の心配よりも、どういう人なのか、
ご主人と2人で会って話をする
どういう気持ちでなんでこうなったんだ、と話をする。

相談者:今度正式に話にくる、といってる
その辺のこともしっかり訊いてみてから。
加藤:少しはパチンコやってるらしいがどういうことなのかと問いただす
それをしないと。
相談者:そうですね。


森田:最後にひとこと申し上げますけれども
今度ご主人とあなたとお嬢さんとで会うわけでしょ。
一切、二度とパチンコ屋の前を通っても、パチンコの音を聞いても入らないと
それを約束できるなら、娘をやってもいい
それくらいのことをきちっときめてからやったらいいんですよ



まとめ
「無一文になることを英語でシャツを失うといいます。ギャンブルをやることです。」
[PR]



by telejin | 2010-08-19 11:21 | 家族関係

2010年8月16日 テレフォン人生相談


パーソナリティ 加藤諦三

相談者、42歳、既婚女性
夫42歳、
子供17歳女、15歳男

15歳の息子について、反抗期でいうことをきかないどう接したらいいか。

加藤:男の子の反抗期は日本中のお母さんが苦労してるから

相談者:たばこがみつかったりしていた、家で吸ったりしてなかったが、高校に入り周りの友達が吸うようになった。4つも5つも出てくるようになった。

高校に入学してから、学校の近くで吸ってるところを先生にみつかり一週間の停学。
加藤:そのとき一人で?
相談者:数人で吸っていた。6人で。

加藤:6人全員停学?
相談者:はい。全員吸っていた。

加藤:その高校は割とそういう子は多い?
すぐに停学がでた。
学校からするとまたか。という感じ

加藤:それであなたは呼び出されていますよね。
相談者:呼び出されまして子供も反省文かいて、親のコメント書いて提出。その文章みたらすごくいい文章かいていた。友達に流されていってしまったこれからは友達に流されないように自分の意志をもって行動したい。

加藤:6人の今の関係は
相談者:仲良しではいると思います。休みの時に泊まりにいったりする子もいる。

加藤:学校に呼び出されて先生はなんていわれました?
相談者:たばこの事は早い段階でわかってよかったと思う。
あとは学習態度、服装。本人自覚しているが最初は地味だったがだんだん悪くなってきている

加藤:ご主人はなんていってる?
相談者:親ですから息子には頭ごなしにいうと反発するので冷静に穏やかに伝えてるつもりではある。

加藤:お母さんのいうことに反発?
相談者:ピアス外さないで学校いこうとすることに注意したら反発
でも普段は普通の会話できる。


加藤:普通の会話あるんですよね。くそ婆とかそういうことはいわない?
相談者:いいますいいます。

自分に対してきつい言葉をいわれると刃向かわれる。
そういう事に触れなければごく普通に会話はあって
笑ったりテレビみたりいろんな会話はできる。


加藤:あなたからみると、やりたい放題やらせておけば何もいざこざはない?
相談者:そうですね

加藤:だけどタバコ、ピアスがでてきて、親としてどうしていいかわからないということですよね

今日はスタジオに幼児教育研究の大原先生がいらっしゃいます

回答者 大原敬子


大原:あのね、近所のおばさんが話してる情報と同じ
お子さんとの距離が常に均等
親子のかかわりは30cmもあれば1mもある
1mが放任の感覚。
30cmは危険信号。
そのとき親は徹底的についていく。そういう態度があなたにはみられない

ピアスするのは男女ともとても繊細なんだけど、感情激しくて親が隙をあたえたり見逃すと、認めたりことになり怠惰な世界を広げていくそういう特徴がある。

あくまで特徴で一般論だがそういうピアスをする子の家庭には家族団らんない
朝食、お風呂、結構いい加減
母親の特徴は注意するけど根気よく続けたいというのがない
子供は親に、やったことにだけ批判されている 
友達つきあいがいい。夜中でも電話きたら出て行くタイプ
お母さんが許しているでしょ。



家にいたあなたが何をすべきか。
これは息子さんじゃなくてお母さんの問題、お母さんが面倒くさい?

相談者:おびえている
大原:何故おびえたの?

相談者:反発してものを投げられる。
大原:ピアスをした時点で怒ったんじゃないでしょ?

子供が反発するのは、最初は見逃しておきながら、今になって世間体で おこるのがいや
ピアスをした時点で大騒ぎを普通ならする。
でもあなたはしなかった。
あなたの許したじゃない今になっていけないというの?

人間は覚悟が大事。
お母さんは面倒おこさなきゃ黙ってる
自分のところにしわ寄せがきたらダメよと怒る
それは世間一般の評価と同じ。
子供からみたら、なに、お母さんていったい。

おかあさんの都合良い評価でみてる
お子さん暴れるのが当然



大原:ピアスの時点で茶髪だし服装乱れている。何かがある。
相談者:今はなおした
大原:でも茶髪を許したでしょ。
どんなことをしてもさせない
だめなものはさせない
親子関係で一番大事なのは健康と、
お母さんがこれは嫌ということを相手(息子)が飲まないということは親子関係きれてる。

大原:息子さんはお風呂も入りますか?
相談者:朝、学校行く前に。
大原:好きなようにさせておいて、あなた楽だったんでしょ
今、どのようにもさせておいているので、今、反抗期じゃない。

彼が寂しかったことをあなたが受け入れるべき。
それがあなたの覚悟。
子供と向かい合った時にそれがわかる。

朝ご飯どうしてます?
相談者:朝ご飯は子供は食べない。

大原:お茶しか飲まない子、必ず茶髪。そこにこころの寂しさがある。
シジミのお味噌汁、ほんの少しです。
毎朝つくってお願いだからこれだけは飲んでいってとやる。
これほとんどのお母さんが成功してる。

これやめてしまった場合はお母さんが直す気がない

もうひとつお風呂

15歳で、夜10時過ぎ家から出さない。
当面は全部攻めたら大変だから、待ってます。
外で待つ。

中学生は門限は7時。
私なら8時から待ってます。8-10時まで外で待ってます
こんな気持ちでまっていたんだな、と息子が帰宅したときに感じる。

息子になぜ待ってるのと質問されたら
「いやあ、お母さん、あなたのこころ知りたいから待ってたの。寂しかったんだよね、きっと。でも10時過ぎはいやよ」という

それでも子供は間違いなく10時には帰ってこない
何ヶ月やればいいか、とは思わないでほしい。とことんやるべき。
こころはとことんしか救えない。いい加減には救えない。
だから徹底的に向き合うべき。

このお子さん、普段は優しいんでしょう?
普段はあなたが許していて、都合悪い時だけ怒る。
むちゃくちゃな子育てしてたの

是非がんばってみてください

加藤:あなたの中に核になる自信がない、むきえあないですよね
相談者:もし言葉で反抗されても向き合ってがんばったほうがいいですよね

加藤:できます?
相談者:できます
加藤:ではがんばってみてください


まとめ
「親子の間で穏やかな解決なんてありません。」
大原:うん
[PR]



by telejin | 2010-08-16 11:29 | 成長・発育に関する問題

2010年8月14日 テレフォン人生相談

放送HBC またはIBC(IBCのほうが音が良いです)

パーソナリティ 加藤諦三


相談者69歳、女性
夫76歳
子供2人 50歳と48歳、それぞれ独立している。

夫の不倫、束縛、暴力のことで離婚考え中、まだ切り出してない

加藤:束縛とは?

相談者:自分が通ってる教室に、行こうとすると辞めろとかならずいう。それが束縛
主人は友達いない。さびしい。
加藤:あなたがでかけるのがいや。

加藤:夫にとっては妻が自分と関係の無い世界ができるのがいや?
相談者:そうです

加藤:76歳だから 隠居ね?
相談者:そうです

加藤:そういう束縛は現役のころから?
相談者:仕事やめてから

加藤:あなたのご主人は家でなにをしてるの?趣味ないの?
相談者:趣味ない。
ゴルフの練習場には一日中いってる
3ヶ月に一回ゴルフ場いってる

加藤:不倫と暴力は?暴力はどの程度
相談者:怒って、殴ってあざできた。
加藤:医者にいっていない?どのぐらいの頻度?
相談者:一ヶ月に一回

加藤:暴力を振るうときは?
相談者:違う価値観をいうと価値観の相違

加藤:具体的には
相談者:主人がお前はちがうといってふるう。こんな本を読むのか。あんなところいくな。旅は何がおもしろいだ?

自分は旅行大好きで友達と。
旅に行くまでが大変
だめだ、やめなきゃ出て行け、お前と離婚するお前を入院させる、と主人があばれる。

相談者:わたしうつです通院してる。医者がうつと診断
相談者:夫の不倫は 夢中
10年前に 不倫相手の彼女から私に暴露したことがあった。彼女がうちに電話かけてきた。
主人が逃げて別れようとしたので、女性が怒って電話してきた

平成元年の不倫。
最近またこの不倫相手の元に戻ったような感じ 寄りが戻った。
主人とこの女性との間に子供居て
まだつづいている
不倫相手は人妻

不倫相手の女性は年上。80近い人。

加藤:会いにいくの?
相談者:いってるみたい。

加藤:それなら、外出て行くときにゴルフにいくか女性かわからないでしょ?
相談者:そうなんです

加藤:夫婦の間のコミュ抜けーションある?
相談者:それがある、会話はある。
加藤:つまり活発な会話はあり、時には暴力あって、あなたが世界をもつことを禁じているそういうことですね。


加藤:夫婦関係のつながりよく分からない
相談者:私もいま迷っている、離婚を 歳だから

加藤:そういう状態で離婚考えてるけど
そういうことの中で離婚できますか、いうのが今日のご質問ですね。

弁護士 高中正彦

はいこんにちは
えー、あなたいま69歳
上の子50歳ということは 19歳で結婚
高校出てすぐに。
相談者:向こう=旦那は7つ年上 お見合いで知り合った
高中:あなたは専業主婦
相談者:だから決断できない、決断力が無い。

高中:女の人いるっていいましたね。親戚?
相談者:親戚なんです。主人の兄弟のおよめさん

高中:その件でとっちめたことない?
相談者:夫は反論します。そういうことした覚えない、関係したおぼえない、と

高中:子供いるでしょ、認知してる?
相談者:してない。その不倫してる人にも家族いますから

高中:その不倫相手の旦那は自分の子供と信じ込んでるの?ほんと?
じゃずーっと不倫相手は 旦那だましつづけてる
相談者:そうです


高中:不倫相手の旦那さんはまだいきてる。どうしてご主人の子とわかる?
相談者:写真おくってきたから

高中:まるで不倫相手の旦那は 他人の子供と知らずにやってきた
10年もだましつづけて、不倫相手は酷い女です

相談者:平成元年に不倫ばれた
高中:そのとき離婚決意しなかった?

相談者:私、倒れてしまった。病院で入院した。
一年後に離婚を思っていたけど
高中:21年もたって、殴る束縛の様相はあるけど
ここにきて何故離婚?

相談者:経済的に別れたほうがいいのか迷っている。主人に離婚の話は一切してないです

高中:あのね、お尋ねしますが 離婚したら 生活はどうする?
相談者:経済的に不利。自信がない

高中:いまご主人は年金生活?
相談者:家は自宅マンション
名義は最近、自分の名義にかえた
そういうところは良心ある。そうみえる

預貯金はまったく知らない
退職金もなにも知らない

高中:なるほどねえ。
熟年離婚するひとは 見限る
将来にたいしてビジョン持ってる
あなたにある?

高中:別れてなにするの?
相談者:私しか、介護することができないんじゃないか おじいちゃん(=夫)を

高中:私も弁護士なんで、
離婚事件やる。
女の人はその人と部屋にいるだけでいや
相手なんか勝手にしなさいよ。私の人生だもの。
だいたい男のほうが女々しい
多分離婚いわれたら 旦那卒倒する
かわいそうなんでしょ?

相談者:旦那は洗濯料理をいやじゃないの
当たり前みたい

高中:よくお考えになったら?
離婚というパターンじゃないよ。

加藤先生からひとことアドバイスを。マイク持たせますので

加藤:うつと病院でいわれた
その診断はいつ?
相談者:10年前。
今も診断はうつ。
そうなってます

加藤:それにしてはちょと元気ですねえ
相談者:ええ、

加藤:うつといっても軽症ですよね
それであなたは ご主人にたいして憎しみをもちながら
ご主人との関係は 大切なですよね
相談者:そうですね今はは

加藤:これは、別れるという方向でもないんじゃないかな
相談者:そうでしょうか。主人も私を大切にしてくれ支えてくれる分もある
束縛しながら

加藤:束縛は愛情のうらがえしみたいなもん
あのね、うつのひとは最愛の人にたいする敵意がある
最愛の人なんだけど、そのひとに敵意ある
離婚を考えてるのは分かるけれども
この段階では離婚しないで現状維持がいい
あなたは あんたのものの見方が悲観的
悪いことはつづくと思う 
うつのひとのその見方になんの根拠もない

希望をもちにくいんですが
そのうち希望を持てるようになる

相談者:それを願ってがんばります
加藤:はい、どうも失礼します。

まとめ「自分にとって最も意味のある人に対して、最も激しい憎しみをもつそれが人間にはあります」
[PR]



by telejin | 2010-08-14 11:46 | 離婚

2010年8月12日 テレフォン人生相談



パーソナリティ 加藤諦三

70歳 女性既婚
66歳 主人
子供3人 夫の連れ子
夫、自分、両方再婚
結婚して12年
今2人で住んでいる。

再婚したとき両方に子供いた。高校生の女の子
今は2人

夫と別れたい。

夫とはお見合いで知り合った。
当時、離婚後は働いていて、娘とくらしていた。
娘は今35歳、自立、働いてる

結婚したら だいぶ違った
生活態度が全てだらしない
お金の面。
お金すべて主人が自分でもっていたい。
給料は振り込みだったが、お金預けると全部つかう。生活できないし。

自分は結婚当初働いていた。
夫の給料はもらったけど、金を持たせることはできなかった。
ある程度自分が管理をしていた。こづかいを夫にあげていた。

お金あれば全部つかってしまう人。
お小遣いあげていたのに、無理矢理もっていかれたときもある。

加藤:でもあなたが銀行通帳もってれば大丈夫でしょ
相談者:でもうちの中を探して金もっていく。

暴力をうけて、肩をひっぱられて脱臼。
期間としてはしょっちゅう。
毎日がつらくてつらくて。
倒れて救急車のったこともある
ここ2,3年そういうことはないが
私が強くなって、負けないときもある。
殴りあうときもある。

結局お金は渡してしまう。

加藤:お金は相談者が管理していて、お小遣いたりないということはない?
相談者:いくらいっても分からないひと
とにかく自分で自由に使いたい人。
生活にいくらかかるとか家庭のことはわかってない

加藤:主人の給料は?
相談者:年金
2人とも年金生活。
同じ屋根の下で顔つきあわせてる
夫は2F,自分は1F

食事は一緒にしない顔はあわせない。
食事の時間も朝昼晩きまっているのに時間外にたべるので
喧嘩になる

全てがだらしなくて。

もう一緒にいるのがいやで別れたい。
何がいやじゃなくて 何もかもいや。


弁護士 大迫恵美子

大迫:うーん。
たとえばね、あなたが離婚したいと思っているんですが
相手はわかってるかしら?
そういう話し合いしたことありますか?
相談者:2回ほど
そのつど破られた

大迫:いつごろ?
相談者:5,6年まえ

大迫:このごろはない?
相談者:我慢してる

大迫:向こうはね、うちはうまくいってると思ってるかも。

たとえば離婚後の生活はこころづもりありますか?
あなたが出て行く予定?
財産をどうしようとか。何か予定はありますか 

相談者:ない
財産はない。

大迫:着のみ着のままででていく?
相談者:そうです。もってきたものはもっていく

大迫:預貯金は?
相談者:まったくない

いまこつこつためてる。

大迫:あなたの話を前提にすると、いますぐ一方的に100%あなたが正しくて
離婚できるという判断をもらうのは 不安な気がする。
離婚は一方的にできない。
裁判のときは調停になる。一回は話し合いになる

相談者:何回もした。裁判所もいったし、民生委員もいった。

大迫:そのときは?
相談者:とりあえず別れなさい、調停いきなさいといわれた

大迫:それで?
相談者:それだけだったですね

大迫:そのあとなにもされてないの?
相談者:お金がなくてなにも動かなかった

大迫:調停は お金いらないでしょ
相談者:家をでてから調停にしろといわれた
お金がなくてでることできなかった。

大迫:今ためてるでしょ、
相談者:でもたまらない。

大迫:そうするとね、どうしたいつもりで?
相談者:とにかく離婚したい、この家をでたい。

大迫:さっきから伺ってると、出るつもりでいる、財産ももってないと
極端な話、スーツケース1つで家をでて、元気あるなら何か住み込みの働き口探すとか
娘に転がり込むとか
長くいられないにしても転々とするとか
現実的に動けば 離婚はあとからついてくる、そういう考えは?


相談者:それ、何か事故があったら困る
娘に迷惑かかったらこまる。
家賃をためてからと思ってる

大迫:お金がないと、嫌いだったとしても何もできないでしょ
お金が手にはいるには どうしたらいい?って相談になるでしょ?
相談者:わかりました

大迫:わかりましたっていわれても困る

大迫:本当に離婚したい?
相談者:思ってます。

大迫:あなたが望んでることは、相手が承諾して、出て行く金もつけてくれる
相談者:そんなひとじゃない

大迫:そうならいつまでたっても離婚できない
相談者:そうですか

大迫:そうですかとおっしゃるけれども当然の結果としてお分かりになりません?
相談者:いままでいろいろ苦しかった悩んで倒れたりした。どうしたらいいのかな

大迫:ちょっと加藤先生とお話してみましょうか

加藤:さっき大迫先生と家庭裁判所について
調停やって離婚という具体的行動でたら
相談者:家から家庭裁判所まで一時間かかるんです、だから大変なときもある

加藤:でも離婚という目的をもったら一時間くらい
相談者:なかなか行動できない、体調もある

加藤:いまも体調悪い?
相談者:悪いときもある2年前まで病院いってた。

加藤:いや、だけど離婚しようとおもったら体調よくなったんじゃない?
相談者:そうなんでしょうか

加藤:はっきりしてるんだから
相談者:がんばろうと思います。

加藤:1時間で裁判所いけるんだから
相談者:やってみます

加藤:明日といわず今日のうちに行動する
相談者:やってみます

まとめ
「行動すれば人生は開けます。」
[PR]



by telejin | 2010-08-12 15:55 | 離婚

テレフォン人生相談速記サイト 5分で読める人生相談 色文字部分だけなら30秒
by telejin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ブログ移転しました
at 2011-06-29 11:17
2011年6月27日 テレフ..
at 2011-06-27 11:16
2011年6月25日 テレフ..
at 2011-06-25 11:22
2011年6月24日 テレフ..
at 2011-06-24 11:16
2011年6月23日 テレフ..
at 2011-06-23 11:16
2011年6月21日 テレフ..
at 2011-06-21 11:15
2011年6月17日 テレフ..
at 2011-06-17 11:16
2011年6月16日 テレフ..
at 2011-06-16 11:16
2011年6月15日 テレフ..
at 2011-06-15 11:16
2011年6月14日 テレフ..
at 2011-06-14 11:15

最新のトラックバック

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧